桂歌丸さん死去、81歳 「笑点」や古典落語の発掘にも尽力

Source: huffingtonpost

 

落語家の桂歌丸さんが7月2日に死去したと毎日新聞などが報じた。81歳だった。

桂歌丸(本名:椎名巌、しいな・いわお)さんは1936年8月、横浜市真金町の出身。51年に古今亭今輔に入門。前座名「今児」を名乗った。

54年に二ツ目昇進後、桂米丸に入門。「桂米坊」を名乗った後、64年「桂歌丸」に改名。68年3月に真打昇進を果たした。

日本テレビの演芸番組「笑点」では1966年の放送開始時から大喜利レギュラーとして出演。立川談志、三遊亭圓楽(5代目)などともに茶の間を賑わせた。

■歴史に埋もれた落語「後世に伝えるのも我々の使命」

埋もれた古典落語を発掘し、改良を加えて再び高座に復活させる取り組みでも知られた。「辻八卦(はっけ)」「小烏丸」「いが栗」「毛せん芝居」など数々の落語を掘り起こし、持ちネタにした。

忘れられた落語を、後世に伝えたい――。その理由を、歌丸さんは生前にこう語っていた。

「埋もれた話というのはどこかに欠陥がある。差別問題を扱ったり、放送禁止用語があったり……。でも埋もれさせとくには惜しい。そこを改作すれば、十分おもしろい話として残してゆける。これらを後世に伝えてゆくのも我々の使命ですよ」(1989年2月6日・朝日新聞夕刊より)

五代目圓楽の死去後、2009年「笑点」の司会者に就任。時に政治風刺を交えた鋭いコメントも光った。三遊亭楽太郎(現:6代目円楽)との掛け合いは、大喜利の鉄板ネタだった。

2016年5月、放送スタート50周年の節目に「笑点」を卒業。司会を春風亭昇太に引き継いだ。

近年は体調不良で入退院を繰り返し、鼻に酸素吸入のためのチューブをつけて高座にあがったこともしばしばだったが、最期まで高座にかける情熱は衰えることはなかった。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


13 − 1 =