19歳の女性が、ナタを持って元恋人の家に侵入。セックスを強要

Source: huffingtonpost

 

アメリカ・モンタナ州で6月22日、19歳の女性が元交際相手の家にナタを持って侵入し、彼を脅してセックスを強要するという事件が起きた。ワシントンポストなどが報じた。

女性は、男性の外出中に何らかの形で侵入。何も知らない男性が帰宅したところに現れ、彼の首にナタを突きつけた。

女性は、彼に洋服を脱いでベッドに行くように指示すると、自分も、ナタを持っていない方の手を使って洋服を脱いだ。

PEOPLEによれば、男性は警察に対して、当時の様子について以下のように語ったという。

「怖くて逃げることはできなかったので、自分自身に『命の危険を犯さず、彼女の言うことを聞くんだ』と語りかけていた」

男性は当時の状況を以下のように証言している。

男性がセックスを嫌がる素ぶりを見せると、女性は腕に噛み付くなどの暴行を加えた。

セックスが終わった後、2人の口論がはじまった。女性は、男性宅の壁紙を破ったり、男性のベッドの上に排尿した。

この状況を打破するためにダグという名前の友人に電話をかけるふりをして、警察に通報した。警察によれば、彼らが到着する頃に女性は逃走したが、男性が噛まれた腕の写真と、ナタと一緒にベッドに腰掛ける彼女の写真を証拠として提出した。

警察の調べに対して女性は、「自分は何も悪いことをしていないし、セックスは同意の上だった」と供述したという。事件から3日後の25日、彼女は5万ドルの保釈金を払い拘置所から解放された。

Great Falls Tribuneによれば、地元警察は、女性にある種の精神疾患があると見ていると話した。警察によれば、女性は男性が彼女を誘拐した上で、彼女が自分の身を守れるようにナタを渡したと供述した。

彼女は4月にも、この男性宅で口論になり男性の首を絞めたとして罪に問われた。

裁判所の記録によれば、2人は約7年交際している。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


20 − 13 =