広島・榎川が氾濫 周辺住民に避難指示

Source: asahi

 

広島県府中町は10日午前11時すぎ、町内を流れる榎川が氾濫(はんらん)したとして、周辺住民に避難指示を出した。橋脚付近に土砂や流木がたまって川の水の流れを妨げ、あふれ出したとみられる。当時現場近くは晴れており、雨は降っていなかった。県警によるとけが人はいないという。

県によると、同町の住宅地を流れる榎川は全長2・2キロで県が管理している。午前11時すぎ、県の職員が濁流が流れてくるのを確認した。上流で土石流が発生した可能性もあるとみて、原因を調べている。

榎川上流をヘリコプターで調査した国土技術政策総合研究所の桜井亘・深層崩壊対策研究官は、先日までの豪雨で土石流が発生し、山中で流木などがせき止められた状態だった、と分析。その上で「背後にたまった水が決壊し、再度大量の水を流出させたと考えられる」と指摘した。

Source :

asahi

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


four + seven =