安室奈美恵の恩師が明かす無口な少女時代「学校に行かず、怒られても…」

Photo: dot.asahi

 

沖縄出身のスーパースター・安室奈美恵が予告どおり、9月16日に引退する。その前日には、沖縄県宜野湾市でファイナルライブが開かれ、一目でも見たいと地元は大フィーバーとなっている。本誌は沖縄で安室を育てた恩師らを取材。秘蔵写真を追いながら、伝説が生まれた原点を探った。

31年前の1987年秋──。

安室奈美恵が小学5年生のとき、発掘したのは、沖縄アクターズスクール校長のマキノ正幸氏(77)だ。アクターズスクールからは安室をはじめ、MAX、SPEED、DA PUMP、三浦大知、知念里奈らのスターが輩出した。

マキノ氏の沖縄市内の自宅兼事務所を訪ねると、こう話した。

「私は奈美恵でぜんぜん儲けてないんですよ。他のスターたちも、うちから巣立っていっただけ。私は学校をつくって約6億円の借金ができ、それを返済して1億円ぐらい残ったので、今の事務所を細々と続けているだけですよ」

安室との出会いの日は今も忘れられないという。

「うちの主催で生徒を募集するオーディションの第1回を開催したとき、奈美恵は自分が出場するのではなく、友達の付き添いでやってきました。私のそばを通って、事務所の1階から3階まで、何回も上り下りしていたので目につきました」

マキノ氏は安室の姿が見当たらないのに気づき、もう帰ってしまったのかと、慌てて外へ出てみると、30メートルほど先のバス停に彼女がいるのを見つけた。

「うちの学校へ入りたいの?」と聞くと、安室がうなずいた。「じゃ、明日、お母さんといらっしゃい」と伝えた。

このとき、マキノ氏が声をかけなければ、日本中が安室奈美恵伝説に熱中することもなかった。

当時、安室は10歳。マキノ氏はまだ彼女の歌声や踊りを見たわけではなかったが、直感的にこれはめったにいない逸材だと直感したという。

「顔が小さく、首が長く、階段を上り下りする体の動きがとてもしなやかだった。彼女はクオーターで、体のバランスがよかったんですね。あと本人と話したら、小学校のときに空手をやっていて、初段級の腕前だというのです」

マキノ氏が安室に声をかけた翌日、安室は母親と一緒に沖縄アクターズスクールにやってきた。

「奈美恵は当時から体が細かったですが、お母さんはがっしりして、骨太でした。入会金と月謝でいくらか費用がかかったんですが、お母さんはそんなお金は払えないとおっしゃる。私はどうしてもこの子を育てたかったので、『特待生として無料にします。彼女を必ずスターにしてみせます』とお母さんに言い、承諾してもらいました」

安室一家は決して裕福な家庭ではなかったという。

「奈美恵には兄と姉がいて、母親が3人の子供を育てていました。奈美恵はアクターズスクールまでのバス代も持っていなくて、毎日1時間30分歩いて練習にやってきていたんです」

マキノ氏は記者にアクターズスクール出身の歌手たちの2冊のアルバムを見せてくれた。

その中にはまだデビュー前の少女らしい安室の練習風景や屈託のない笑顔が納められていた。

安室はインタビューで、スクール内で見たジャネット・ジャクソンの楽曲「Rhythm Nation」のミュージックビデオに衝撃を受けて以来、歌とダンスの練習に没頭するようになったと語っている。

「ダンスやボイストレーニングには熱心でした。もう、声がしゃがれるからやめなさいと止めるまで練習をしてました」

歌とダンスに没頭するあまり、学校にあまり行かなくなり、マキノ氏と母親が呼び出されて、注意を受けたこともあったという。

「奈美恵が中学2年生のころだったかな。教育委員会に奈美恵とお母さんと私の3人が呼ばれ、『学校に全然来ていません』と注意を受けたんです。奈美恵はアクターズスクールには毎日、来てたんですけど……。注意されている間、奈美恵は何も言わず、下を向いているだけでした。お母さんと私は『すみません』と謝ったのを覚えています」

マキノ氏は安室の性格についてはこう語る。

「いつも物静かで、無口でした。私がと自己主張もほとんどしない。例えば、ケーキをみんなで食べるとき、その場を仕切ってケーキを切るような子ではなく、ケーキを自分からもらいに行くようなタイプでもない。ただ、事務所にいる誰かが彼女にケーキを持っていってあげたくなる魅力のある存在でしたね」

沖縄アクターズスクールではミュージカルの定期公演を行っているが、92年5月は安室が主役を務めた。沖縄・玉泉洞で開催されたミュージカル「ピーターパン」を演じたのだ。

「彼女のピーターパンはこれまで演じた誰よりも輝いてました」

安室に転機が訪れたのはその前年。スクールから選抜されたグループ「SUPER MONKEY’S」の結成メンバーに選ばれ、東京の芸能事務所のライジングプロダクションの平哲夫社長(当時)の目にとまったこと。

92年9月、メジャーデビューが決まり、安室を東京で預かってもらうことになった。

「スーパーモンキーズとしてデビューしたが、売れなかった。奈美恵が売れるようになったのは、平さんがレコード会社としてエイベックスと契約し、小室哲哉さんがプロデュースするようになってからです」

現在、同スクールに所属しているのはガールズグループの「Precious J」の4人だけで、メンバーの年齢は17~18歳だという。

「彼女たちを自宅に住まわせてトレーニングしています。メインボーカルは、マライア・キャリーのようなきれいな高音・ホイッスルの声が出るんです。いつか奈美恵のように世界から認められる日が来ると信じています」

安室の今回の引退劇を率直にどう思うのか。

「奈美恵が東京でデビューを飾ってから26年あまり、人に言えない苦労をいろいろとしたのだと思います。よく頑張った。これからは生の奈美恵の歌が聴けなくなりますが、いろんな形で彼女の映像や曲は流れ続けると思います」

マキノ氏の言葉どおり、テレビ各局は安室伝説を仕上げるため、秘蔵映像をかき集めて特番を組んだりと、ますますヒートアップ。

その過熱ぶりに、安室側は取材自粛を呼びかけるなど困惑しているようだ。沖縄入りした東京キー局の報道局スタッフはこう話す。

「安室さんの親族などへの取材も極力、控えるようにとお達しが出てます。同じテレビ局内でもライブ取材を誰がするかで揉めています。歌番組をつくる文化担当は会場に入れますが、私たち報道局は会場に入れず、外でお客さんの声を集めるだけです。ライブを見たかったな……」

引退の日から新たな伝説が生まれるのだろう。

Source :

dot.asahi

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


20 − seven =