安田純平さん解放か 内戦シリアで拘束3年超

Photo: fnn.jp

 

菅義偉官房長官は23日深夜、緊急記者会見を開き、内戦が続くシリアで2015年に行方不明になったジャーナリスト安田純平さん(44=埼玉県入間市出身)とみられる男性が解放され、トルコに出国したと述べた。これまでシリアの武装勢力が身代金獲得を求め、身柄を拘束していたとされる。

行方不明から約3年4カ月で、事件は解決に向けて転換点を迎えた。日本政府は男性が滞在しているトルコ南部アンタキヤに日本大使館員を派遣し、本人確認を急いだ。菅官房長官は24日の記者会見で「(確認は)日本時間午後3時以降になる見込みだ」と述べた。

安倍晋三首相は同日、「解放の報に接して安堵(あんど)している。一刻も早く本人であるかどうかを確認したい」と官邸で記者団に述べた。

菅官房長官によると、23日午後7時40分ごろ、早ければ同日中に安田さんが解放されるという情報がカタールからもたらされた。カタールからは同午後9時ごろ、安田さんとみられる男性が解放され、トルコのアンタキヤの入管施設にいると連絡があったという。

菅官房長官は24日の会見で、「官邸を司令塔とする『国際テロ情報収集ユニット』を中心にトルコやカタールなど関係国に働き掛けた結果だ」と説明した。また「身代金を払った事実はない」と述べた。

安田さんの妻で歌手のMyuさんは「情報が本当なら『よく頑張ったね。みんなで待っていたよ』と伝えたい」と語った。

安田さんは取材のため15年6月、トルコ南部ハタイ県からシリア北西部イドリブ県に越境後、消息を絶った。16年3月に安田さんとみられる男性が英語でメッセージを読み上げる映像が公開。同年5月には「助けて」と日本語で書いた紙を示す画像も公開された。今年7月にも安田さんとみられる複数の映像が出た。

国際テロ組織アルカイダ系の過激派「ヌスラ戦線」(「シリア解放機構」を設立)が拘束していたとみられてきたが、分派した別組織に身柄が移ったとの情報も出ていた。

Source :

nikkansports

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


10 + one =