4選手、1年間出場権剥奪 男子バスケ買春行為で

Photo: nikkei

 

日本バスケットボール協会は29日、ジャカルタ・アジア大会の期間中に買春行為があったとして事実上の日本選手団追放となったいずれもBリーグ所属の永吉佑也(27)=京都、橋本拓哉(23)=大阪、今村佳太(22)=新潟、佐藤卓磨(23)=滋賀=の4選手に1年間の公式試合出場権剥奪処分を科すと発表した。三屋裕子会長(60)は報酬10%減額3カ月の処分とする。

4人は日本代表の公式ウエアを着て市内の歓楽街を訪れ、女性を伴ってホテルに入り不適切な行為に及んだ。この不祥事が発覚後、4選手は選手村を退去し、20日に帰国していた。

処分は弁護士による裁定委員会で4選手から事情を聴いた上で、協会が臨時理事会を開いて決定した。

Source :

nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


3 × 4 =