地震と津波に続き火山が噴火、生存者発見は時間との戦いに インドネシア

Photo: cnn

 

地震と津波で壊滅的な被害が出たインドネシア中部スラウェシ島で3日、被災地の北部にある火山が噴火した。噴火による被害は確認されていないものの、地震と津波による死者は同日までに1407人に増え、捜索救助活動は時間との戦いになっている。

災害対策当局によると、スラウェシ島北部にあるソプタン山は現地時間の3日午前8時ごろに噴火し、上空4キロの高さにまで噴煙が上がった。

ただ、現地の空港は今のところ営業を続けており、住民の避難が必要な事態にはなっていない。地震と津波の被災者の捜索救助活動にも現時点で支障は出ていないという。

噴火を受けて当局は警戒レベルを引き上げ、半径4キロ以内を危険区域に指定した。

同島では9月28日に起きた地震で津波が発生。生存者発見の限界とされる発生から7日目の期限まであと2日に迫る中、捜索救助隊はがれきをかき分けて生存者を探す活動を続けている。

被災者は推計240万人に上り、うち6万1000人が住む場所を失った。

被災地には航空機や船舶を使って食糧などの支援物資が届けられ、これまでに29カ国が援助を申し出ている。支援物資の略奪なども相次いでおり、国家警察は2日、49人を窃盗容疑で逮捕したことを明らかにした。

ジョコ大統領は3日に再び被災地を訪れ、復興に向けて経済活動を正常に戻すことが重要だとの認識を示した。

専門家は、今回の地震と噴火が関係している可能性を指摘している。

Source :

cnn

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


7 + 2 =