北朝鮮が拘束邦人を解放 北京到着、政府が経緯調査

Photo: nikkei

 

【北京】北朝鮮に拘束されて国外追放処分を受けた日本人の男性が28日午前、北朝鮮を高麗航空機で出国し、経由地の中国の北京空港に到着した。同日午後にも帰国するとみられる。日本政府関係者によると、北京の日本大使館員が接触しており、拘束された経緯などを聞き取っている。

北朝鮮の朝鮮中央通信によると、男性は観光客として訪朝した杉本倫孝氏。違法行為をしたため、調査したうえで人道主義に基づいて追放を決めたとしている。違法行為の具体的な内容は明らかにしていない。杉本氏は外国の旅行会社が企画したツアーに参加して北朝鮮に入国したもようだ。日本政府は北京の大使館ルートなどを通じて確認を急いでいた。

日本外務省の幹部は28日、北朝鮮に拘束された日本人男性が北京に到着したことを認めた。「健康状態は悪くない」と明らかにしたうえで、拘束に至った経緯などについて男性から事情を聴取する考えを示した。日本人に北朝鮮への渡航自粛を引き続き求めていく意向も表明した。

Source :

nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


15 + ten =