アーモンドアイ優勝 ジャパンカップ、レコードで制す

Image : Getty

 

第38回ジャパンカップ(25日・東京11R2400メートル芝14頭、GI)今年の牝馬3冠で、圧倒的な1番人気のアーモンドアイ(クリストフ・ルメール騎乗)が2分20秒6の日本レコードで勝ち、GI・4勝目を挙げるとともに、1着賞金3億円を獲得した。3歳牝馬による制覇は2012年のジェンティルドンナ以来で史上2頭目。ルメール騎手はこのレース2勝目、国枝栄調教師は初勝利。

第38回ジャパンカップを制したアーモンドアイ=左(25日、東京競馬場)=共同
第38回ジャパンカップを制したアーモンドアイ=左(25日、東京競馬場)=共同

好スタートを切ったアーモンドアイは2番手で最後の直線に入ると、マイペースで逃げた4番人気のキセキを残り200メートルでかわして快勝した。2着にはキセキが1馬身3/4差で粘り、さらに3馬身半差の3着には2番人気のスワーヴリチャードが入った。2頭が出走した外国馬では、サンダリングブルー(英国)の10着が最高だった。

払戻金は単勝が140円、枠連は(1)―(5)で600円、馬連は(1)―(8)で590円、馬単は(1)―(8)で700円、3連複は(1)―(8)―(11)で960円、3連単は(1)―(8)―(11)で2690円、ワイドは(1)―(8)が230円、(1)―(11)が240円、(8)―(11)が470円。〔共同〕

Source :

Nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


seven + 20 =