ガマンが日本を定義した忍耐の芸術

東京での就業日は、通常、世界で最も忙しい地下鉄システムを利用することから始まります。毎日約2000万人が日本の首都で電車に乗ります。 忙しい通勤者があらゆる方向に急いでいるので、それはストレスの多いプロセスです。プラットホームでは、誰もが列車の扉のそばに密集して降りる乗客を邪魔しないようにし、群衆が強いるスローモーションにもかかわらず急いで突入する。 船上で絞る人は動きがほとんど不可能だと感じます。足が地面に触れないことがあります。それでも、これらの満員電車でも、辞任した沈黙の治世。 落ち着いた秩序ある行動は、日本最大の群衆でさえも特徴的な傾向があります。海外からの訪問者は、先週8年前に発生した壊滅的な福島の地震と津波の後、人々の交通機関、ブランドの立ち上げ、そして援助と援助を辛抱強く待つ意欲に驚いています。 しかし、この外向きの秩序を維持するためにかなりの努力が払われています。日本では、この努力は「ガマン」として知られています。 厳しい時期に頑張る 簡単に言えば、予想外または困難な状況に直面したときに個人が忍耐と忍耐力を示すべきであり、そうすることによって調和のとれた社会的関係を維持するという考えです。概念はある程度の自制心を意味します:あなたは対立を避けるためにあなたの気持ちにブレーキをかけます。それは予想される義務であり、成熟のしるしと見なされています。 東京の上智大学比較文化研究所の所長である人類学の教授であるDavid Slaterは、ガマンを私たちの管理外の出来事に対処するための一連の戦略として説明しています。 「個人は、自分自身の中で、予想外または悪いこと、やりとりすることが困難なことを忍耐強く許容する能力を身に付けます」と彼は言います。 それは予想される義務であり、成熟のしるしと見なされています その根底にあるのは、東京国際大学の臨床心理学の教授である小田切紀子さんが、日本人はあまり言いすぎず、他人への否定的な感情を抑えることを重視しているということです。 トレーニングは早く始まります。子供は親の例で学ぶ。忍耐力と忍耐力も、小学校から始まる教育の一部です。 「特に女性にとって、私たちはできる限りガマンするように教育されています」とオダギリは言います。 Gamanは、不快な仕事にとどまることや、迷惑な同僚を容認することのように長期にわたって現れたり、騒々しい乗客や年配のジャンパーを無視することのように短期的に現れることがあります。 高林義恵さん(33歳)は、結婚する前に東京で銀細工をしていました。金沢に引っ越して、子供がいました。彼女はいつガマンを使っているのかと尋ねられ、彼女は自分の出産後の生活と自分が今まで楽しんでいたことのいくつかができなくなったという事実にフラグを立てました。彼女はまた、活力ある訓練を受け、問題を回避し、仕事を続けるためにお世辞を述べなければならなかった職場でのいじめっ子を思い出します。 「その時を振り返ると、上司は何もすることさえしませんでした。私は辞めたはずです。しかし、私の両親、そして仕事を始めたばかりの私の周りの人たち全員が、私が成功するように励まし続けました。私は私がどれだけの量のガマンを入れるべきかを認識していませんでした」と彼女は言います。 「ガマンを美しく」 Gamanは、社会集団のメンバーシップをナビゲートする個人のための忍耐力のメカニズムに徐々に形作られる前に自分自身をより良くすることについての仏教の教えから始まりました。それは日本の戦後の経済ブームの間に仕事が国造りの地位を取ったときに磨かれました - それはオフィスで長い時間の間家族と共に時間を犠牲にすることを意味しました。 ガマンスタイルの忍耐力を日本の決定的な特徴と見なす人もいます。東京の立正大学の犯罪学者、コミヤノブオ氏は、「日本の代表的な特徴だが、良い点と悪い点がある」と述べている。 コミヤ氏は、ガマンに関連する相互監視、自己監視、国民の期待が日本の犯罪率の低さの一因であると考えています。人々が互いに気を配り、対立を避けているところでは、誰もが彼らの行動にもっと注意を払っています。 特に女性のために、私たちはできる限りガマンするように教育されています - 小田切紀子 しかし、それはグループダイナミクスだけではありません。 「ガマンが個人に利益をもたらすことを覚えておくことが重要です」とコミヤは言います。...

Read more
日本は愛情をプラスチックで終わらせることができるか?

弁当箱から個々に包まれたバナナまで、プラスチックは日本で最高の治世です。しかし、使い捨て廃棄物についての世界的な懸念の中で、新しい法律はプラスチックの国の愛情を終わらせるのを助けるかもしれません。 このプッシュは、日本が6月に大阪で開催するG20サミットに先んじて行われます。安倍晋三首相の政府は、海洋プラスチック廃棄物の削減に関する合意を推進するためにこの会議を利用したいと考えています。 しかし、使い捨てのプラスチックに関する自国の記録はほとんど模範的なものではありません。国連によると、日本は一人当たりのプラスチック包装廃棄物をアメリカ以外のどの国よりも多く生成しています。 環境省のプラスチック廃棄物戦略ディレクターの土井健太郎氏は、次のように述べている。 2018年、日本政府は、2030年までに年間940万トンのプラスチック廃棄物を25%削減することを目標に、この問題への取り組みを開始するという提案を発表しました。 提案の重要な部分はビニール袋の代金を請求することを企業に要求することです - これはすでに世界中で広く採用されている措置です。 「私たちがやろうとしているのは、それに価値を置くことです。それを使用することが本当に必要であるかどうかについて、人々に考えてもらいたい」とDoiはAFPに語った。 しかし、政府高官は日本が最近問題になっていることを認めます - すでに何十もの国がビニール袋の代金を請求することを企業に要求し、そして多くは彼らの使用を完全に禁止しました。 「他の国々が私たちに先んじていた」と土井氏は認め、「日本の政策は早ければ2020年に導入されるだろう」と付け加えた。 「小さなビットを払う」 これまでのところ、この提案には、ストローやカップなどの他のタイプの使い捨てプラスチック廃棄物を制限するための具体的な措置も欠けています。 中央政府がゆっくり動いているので、日本の地方自治体と企業はマントルを取り上げることがありました。 京都近郊の上勝町では2020年までにプラスチック廃棄物ゼロを目標としていましたが、京都市では長い間、大手小売業者にビニール袋の請求を義務付けてきました。 東京東部の幕張にあるスーパーでは、食料品や再利用可能な買い物袋が並んでいます。 この店舗は、イオングループに属しており、2013年11月以来、1,631のすべての大型スーパーマーケットでビニール袋を顧客に請求しています。 イオンの企業の社会的責任部門の部長、金丸春子は、次のように述べています。 バッグを要求する顧客は、生分解性のバイオマスバッグを受け取るために5円(US $ 0.05)を支払うことができます。 カナマル氏によると、同社はこのポリシーにより、2017年には2億7000万個のビニール袋を節約できたが、顧客は果物や野菜用の小型のビニール袋や冷たい商品を無料で使用できる。 「現在、顧客の約80%が自分のカバンを持ってくるか、荷物を伏せています」とAFPに語った。 高橋由美さんはそうした消費者の一人で、外出するときはいつでも再利用可能なバッグを持っていくようにしています。 「ビニール袋やビニール製品を使用しないことはほんの少しの努力で済みます」と彼女は言った、海でそのようなゴミの影響を受けている海洋生物の画像を見ることに対する彼女のショックを説明しました。 しかし金丸は、誰もが同じことを感じたわけではないと述べた。...

Read more
徴用工問題で日本政府、国際司法裁に提訴へ 大使召還は行わず

  政府は5日、韓国の元徴用工をめぐる訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じる確定判決を出した問題で、韓国政府が賠償金の肩代わりを行う立法措置などを取らない限り、国際司法裁判所(ICJ)に提訴する方針を固めた。また、裁判手続きに関する韓国側との交渉、折衝などが必要なため、長嶺安政駐韓大使の召還は行わない。 ICJで裁判を開くには原則として紛争当事国の同意が必要で、手続きには(1)相手国の同意を経て共同付託する(2)単独で提訴した上で相手国の同意を得る-という2つの方法がある。政府は韓国から事前に同意を得るのは難しいことから単独提訴に踏み切る。 その場合も韓国の同意は得られないとみられ、裁判自体は成立しない可能性が高い。だが、韓国に同意しない理由を説明する義務が発生するため、政府は「韓国の異常性を世界に知らしめることができる」と判断した。 河野太郎外相は既に、徴用工問題が1965(昭和40)年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決」としていることや、判決が国際法に照らしていかに不当かを英文にまとめ、在外公館を通じて各国政府やマスコミに周知させるよう指示している。 政府は今回の判決だけでなく、2015(平成27)年の慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓合意に対する韓国側の不履行など、度重なる韓国の不誠実な対応についてもアピールする機会とする考えだ。 政府は今回の判決は日韓基本条約の基盤を崩壊させかねない問題だと重視しており、政府高官は「今回は徹底的にやる」と語る。韓国側が現在、「韓国政府内でいろいろと判決への対応を検討している」と釈明しているため当面は対応を見守るが、外務省幹部は「おそらく韓国は有効な措置は取れないだろう」とみている。 この問題をめぐり、安倍晋三首相は1日の衆院予算委員会で、「国際裁判も含めあらゆる選択肢を視野に入れて毅然(きぜん)として対応していく」と述べていた。

Read more
来週の日本株は上昇、イベント通過で景気を評価-米金融政策注視

6月2週(11ー15日)の日本株相場は、内外金融政策や政治交渉など重要イベントをこなしていくことで先行き不透明感が和らぎ、堅調な米国景気や企業業績への期待から徐々に買いが優勢となりそう。ただ、米金利が予想外に急上昇すれば株価が不安定となる可能性がある。 最大の注目点は米金融政策の行方。米国では12日に5月の消費者物価、13日に米連邦公開市場委員会(FOMC)の政策決定、14日に小売売上高が発表される予定。ブルームバーグによるエコノミスト予想では、消費者物価が食品・エネルギーを除くコアで前年比2.2%上昇(前回2.1%上昇)、小売売上高は前月比0.4%増(同0.3%増)と堅調な内容が見込まれている。FOMCでは利上げが確実視されており、焦点は声明文での景況感や物価の見解、今後の利上げペースに移っている。米景気が回復基調の中で緩やかな利上げペースが続くと受け取られる可能性が高く、米国株ひいては日本株の買い安心感につながる。 14日には欧州中央銀行(ECB)政策委員会が予定される。ECBチーフエコノミストであるプラート理事は6日、債券購入を停止する時期を巡る政策委での最初の公式協議が目前に迫っているとの認識を示唆した。これを受けてユーロは対ドルで強含んでおり、今回の会合後にさらにユーロ高が進展する格好でドル安・円高へと波及するようなら日本株の上値を抑える一因となる。ただ、買い入れ縮小は既定路線であるほか、14、15日に予定される日本銀行の金融政策決定会合では政策変更が見込まれていないため、円高圧力は限定的となりそう。 12日には米国と北朝鮮の首脳会談が予定されている。会談が予定通り実現するなど大きな波乱さえなければ、地政学リスクの後退で株価の下値を支える要因となりそう。このほか、中国では14日に5月の鉱工業生産や小売売上高などが発表される予定で、鉱工業生産は前年同月比7.0%上昇(同7.0%上昇)の見込み。国内では11日に4月の機械受注、12日に4-6月期法人企業景気予測調査などがある。第1週の日経平均株価は週間で2.4%高の2万2694円50銭と3週ぶりに反発。 ≪市場関係者の見方≫ 三菱UFJ国際投信・戦略運用部の向吉善秀シニアエコノミスト 「日経平均は2万3000円にトライするだろう。米国は景気の実態が良好で、新規失業保険申請件数などを見ても労働需給のひっ迫は続いている。19年以降の景気に関しては調整があるとの見方もあるが、FOMCでは前回までの中期的な見方は変わらないだろう。ECBでは何らかの正常化の道筋を示す変更が出てくるとみられるものの、ユーロ高で変更はある程度織り込まれた。最後に予定される日銀はしばらく政策変更はないと予想され、これら米欧日の金融政策を勘案すると金融政策の方向性の違いから為替は円安に振れやすく、日本株にとってはプラス。最大のリスク要因は米朝会談だが、新たな不透明感が広がらなければ、円安が進んで海外投資家の買いが期待できる」 アセットマネジメントOne運用本部調査グループの中野貴比呂ストラテジスト 「高値もみ合いを予想している。最大の注目点は米欧金融政策。FOMCは利上げ回数や金利到達水準がどうなるかを見極める必要。景気回復サイクルが長期化して利上げが行われてきた中で19年の景気がどうなるかは見方が分かれている。ECBは事前報道通り金融緩和の転換が強いメッセージとして出てくるかが焦点で、米利上げが進む中で金融引き締めが意識されれば、世界的な金利上昇につながり株式市場にとって良い材料ではない。一方、ECBがユーロ上昇要因となれば円安圧力がかかりやすく、米国株堅調や国内企業業績の底堅さも株価の下支えとなる」 三井住友トラスト・アセットマネジメントの小田誠志リサーチ運用部長 「軟調の見込み。米朝首脳会談は成功裏に終わるよう綿密な調整が進み、マーケットはFOMCやECB会合を注視している。米国は足元の経済指標が堅調で、景気の過熱感が意識されやすい。FOMCで年内の利上げ回数が4回が確実とのトーンに引き上がると、金利上昇加速が懸念される。金利上昇で債券が買われる一方、高値圏にある米国株は売られ、特別な材料がない日本株も連れて下落する可能性がある。ECBでは金融政策の正常化に向けた動きが確認されると、さらにグローバルに金利上昇ムードが高まるため、警戒が必要」

Read more
シリア攻撃、英メイ首相「外交的努力、繰り返し挫折」

  米軍のシリア攻撃に参加した英仏両国の首脳は14日未明(日本時間同日午前)、相次いで声明を出した。 英国のメイ首相は今回の攻撃について、地域の緊張をこれ以上高めず、市民の犠牲を出さないための「限定的で標的を狙った攻撃」だと説明。「シリア政権を抑止するものだが、罰されずに化学兵器を使えると考えている者すべてに明らかな警告を送るものだ」とロシアを牽制(けんせい)した。 「シリア政権は、最も残酷で忌まわしい方法で自国の人々に対して化学兵器を使用した歴史がある。多くの情報が、この最新の攻撃に対してシリア政権に責任があることを示している」とアサド政権の責任を改めて強調。「化学兵器による恐ろしい死からシリアの無実の人々を守るだけでなく、これらの兵器の使用を防ぐ国際的規範の侵害を許さないため、この執拗(しつよう)な行動を止めねばならない」と軍事行動に出た理由を説明した。 国連安保理でロシアが調査に反対する拒否権を行使したことにも触れて、「全ての可能な外交的ルートを探ったが努力は繰り返し挫折した」とも指摘。「シリア政権による化学兵器の使用を抑止するための力の使用に代わる実行可能な代替手段は存在しない」とした。 フランスのマクロン大統領も「化学兵器で何十人もが虐殺され、国際法や国連安保理決議に違反」したと指摘。シリアのアサド政権に責任があることは「疑いがない」としたうえで、「化学兵器の使用の一般化は許容できない」ことを攻撃の理由にあげた。

Read more
カンボジアPKOから25年…復興タケオで“遺跡化”する自衛隊宿舎

  【アツいアジアから旬ネタ直送「亜細亜スポーツ」】日本政府はさる16日に閣議決定した答弁書で、アフリカ・南スーダンのPKO(国連平和維持活動)に派遣された自衛官のうち、2人が帰国後に自殺、1人が傷病で死亡していたことを明らかにした。 自衛隊のPKO参加には紛争当事者間の停戦合意など一定の安全を考慮した5原則がある。果たしてそれは守られていたのか? 以前、派遣部隊作成の日報がほとんど黒塗りのまま公開された問題も結局ウヤムヤのままだ。森友問題だけでなく、この件も安倍内閣は説明責任を迫られている。 今でこそ定着しているPKOへの自衛隊派遣。その第1回は1992年のカンボジアだった。内戦が終結した同国の治安維持や選挙の監視などを行うためUNTAC(国連カンボジア暫定統治機構)が設立され、その一環として自衛隊が道路補修や物資輸送、医療などの業務に当たることになった。自衛隊のPKO初参加で、日本は賛否両論が渦巻いた。 この最初の任務が翌93年に終わり、今年で25年の節目。当時、自衛隊の宿営地だったのがカンボジア南部のタケオだ。今ではすっかり平和を取り戻し、タケオ州の州都としてにぎわっている。荒れ果てていた道路も整備され、首都プノンペンまでは快適なドライブで2時間。近郊にはアンコールワットの流れをくむ遺跡群があり、雨期に出現する巨大な湖で取れる手長エビが名産だ。観光開発も進みつつある。 自衛隊宿舎は四半世紀がたち遺跡化。タケオ市街から南に3キロほど、今はサッカー場の一角で野ざらしになっている。周囲には背の高いサトウヤシが生い茂り、放牧牛が草をはみ、のどかだ。 自衛隊員延べ600人の宿舎だった仮設住宅風のコンテナは2棟。中には入れないが、割れた窓から内部をうかがうと、ベッドの残骸や衣服、ペットボトルなどが散乱していた。隊員たちが片付けなかったのか、地元民がその後、入って荒らしたのか定かではないが、朽ち果てたタンスには日の丸が放置。付近には、生い茂るジャングルにのまれた車なども転がる。 自衛隊が去って以降、タケオを訪れる日本人はほとんどいないが、この跡地を見に来る日本人バックパッカーはたまにいるという。タケオにはローカルな飲み屋街もあり、女性がいるカラオケ店「KTV」などが並ぶ。その一軒で話を聞いてみたが、席についたのは戦争を知らない世代のギャル。日本の自衛隊のことは「聞いたこともない」という。 ☆室橋裕和(むろはし・ひろかず)=1974年生まれ。週刊文春記者を経てタイ・バンコクに10年居住。現地日本語情報誌でデスクを務め、4年前に東京へ拠点を移したアジア専門ライター。最新著書は「海外暮らし最強ナビ・アジア編」(辰巳出版)。

Read more

Translate

Popular Post

は世界最高のものですが、日本のクラフトビールはどうですか?

2014年、日本は、世界的に有名なジム・マレーが「ワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤー」を選んだとき、世界を驚かせました。 100 「信じられないほどの天才」と彼は書いた。 "現時点ではスコッチがどこにも近づくことができないシングルモルト。" それ以来、日本は独立したウイスキーシーンの最愛の人であるニッカ、サントリー、キリン、秩父のような住宅に賞賛を集めてウイスキーの世界を席巻しました。しかし、ウイスキーを持っているすべての才能のために、日本人はまだ別の西洋の飲み物を習得していません:クラフトビール。 ニセコを拠点とするBar Gyu +と夫の渡辺久の共同所有者であるIoanna Morelliは、次のように述べています。 「日本は夏の間は暑い国であり、朝日やキリンのような主要なプレーヤーは本当に人気がある「スーパーコールド」または「サブ0」ピルスナーを持っています。」 ここ数年で、一握りの日本の工芸品醸造所が全国各地にオープンし、成功の度合いはさまざまです。 「良いビール醸造所は本当に素晴らしい」とビールとワインバーのオーナー、オーストラリアのミックニッポン氏はニセコでも言った。 「悪い人はただひどいのです」 問題の一部は日本の自家製の醸造文化の欠如から生じています。アラバマ州とミシシッピ州は2013年まで合法化していませんでしたが、大多数の州では、自家醸造は1978年に合法化されました。免責 この法律は、さまざまな種類の酵母を専門とするホップファーム、モルトハウス、および実験室に対する需要を生み出し、また、いつの日かは活況を呈している産業を支える強力な知識基盤を生み出しました。それとは対照的に、日本では、1%を超える自家製ビールは違法です。地元の人々は、彼らが大声で宣伝しない限り誰も気にしないと言いますが、合法的な赤字は自家製の醸造コミュニティが小さいままでいることを保証します。 今日、日本の自家醸造業界は主に外国で技術を学び、自分たちの機器を日本に持ち込む外国人によって運営されています。彼らが去るとき、彼らはしばしば他の元パットまたは地元の人々に彼らの機器を売る。 クラフトビールバーMikkeller TokyoのオーナーであるHamilton Shieldsは、ニセコのMick's Placeで夏を過ごしました。...

Read more