日本は長距離空対空巡航ミサイルを開発する

政府筋によると、日本は、戦闘機で運搬することができ、敵の武器の範囲を超えて軍艦を攻撃することができる、長距離の空対空巡航ミサイルを初めて開発することを決定した。 情報筋によると、計画は中国がその海軍能力を向上させているため、利用可能なミサイルの射程を400キロメートル以上に拡大することによって抑止力を高めることを目的としている。 彼らは、計画された開発作業は日本の既存の超音速XASM-3空対空ミサイルに基づいているであろう、そしてそれは200キロ以下の範囲を持っていると言われる。 国防省は、新しいプロジェクトの費用を予算案に含める予定です。 1月の国会で、安倍晋三首相は、長距離巡航ミサイルは憲法の下で禁止されていないと考えていると述べた。 最高法第9条は、戦争を国家の主権として放棄し、軍事力の保有およびその他の「戦争の可能性」を禁止している。

Read more
日本の輸出は弱い外需を背景に再び低迷

ヶ月連続で減少した。中央銀行は、外需と貿易摩擦の減速の影響を和らげるために、最終的により多くの刺激策を迫られる可能性がある。 世界的な成長の鈍化、中米貿易戦争および英国のEU離脱をめぐる合併症により、すでに数ヵ月にわたって多くの政策立案者たちは緩和の姿勢に移行することを余儀なくされています。 日本は、世界の他の国々と同様の状況にあります。そこでは、工場がブレーキに打撃を与え、世界的な経済の不確実性の高まりを受けて景況感が急落しています。 財務省のデータによると、月曜日の輸出は2月の対前年比で1.2%減、ロイターの世論調査でエコノミストが予想している0.9%以上の減を示した。 1月の前年比は8.4%と急激に減少し、自動車、鉄鋼、半導体製造装置の出荷が減少したため、3ヶ月連続で減少しました。 Norinchukin Research Instituteのチーフエコノミスト、南武氏は、「米国やヨーロッパなどの先進国への輸出は依然として堅調に推移しているが、中国向けおよびアジア向けの出荷は明らかに伸び悩んでいる」と述べた。 「輸出は当面減少傾向にあり、設備投資や賃金を抑える可能性がある。国内経済は10月の消費税増税前の厳しい状況に直面するだろう」と述べた。 貿易データは、生産高や設備投資の重要な指標など、最近の一連の弱い指標の上に来ており、日本の戦後成長率が過去最高を記録するのではないかという懸念を引き起こしています。 アナリストの中には、不況は排除できないと言う人もいます。 日本銀行は先週、政策を変えずに輸出と生産についての見方を打ち切った。しかし、特にインフレ率が2%の目標を大きく下回っており、企業や消費者への圧力が高まっているため、輸出の低迷が拡大しているため、より緩やかな緩和が求められています。 先週の政策後の記者会見で、日銀総裁の黒田治彦は経済が直面した課題を認めたが、それ以上の刺激があるであろうという示唆を与えなかった。 しかし黒田は、一連の弱い経済指標に直面してタックを変えなければならないかもしれません。 日銀の多くは、中国の景気刺激策が需要を回復させる可能性があると仮定して、今年下半期に日本経済が現在のソフトパッチから脱却すると予想している。 日銀の政策決定者の最大の懸念は、輸出や生産の弱体化が企業のセンチメントを悪化させ、企業が設備投資や賃金上昇を遅らせるようになることだ。 壊れやすい物 米国と中国 - 日本最大の輸出市場 - の間の貿易戦争はすでに世界貿易を抑制しました。 月曜日の貿易データによると、日本の最大の貿易相手国である中国への輸出は、半導体製造装置と自動車の出荷で前年比5.5%増となり、1月の17.4%減から回復した。 しかし、旧正月の休日の影響を平均した後でさえ、1月から2月の期間の中国行きの出荷台数は前年同期比で6.3%減少したため、アジアの巨人との全体的な貿易は低調に推移しました。 季節調整済みの全体的な貿易額は2月に前月比6.7%上昇し、2年間で最大の上昇となった。 2月までの1年間の輸出数量は、前月の9.0%減の後、0.6%減少しました。 キャピタルエコノミクスのシニアジャパンエコノミスト、マルセルティエリアンは、次のように述べている。「中国の新年の時期のずれは、年初の貿易量の急激な変動を部分的に説明している。 「我々は、純貿易が依然として第1四半期と2019年中の両方でGDP成長率の引きずりとなると考えている。」...

Read more
日本のマコ王女のボーイフレンドがロイヤルウェディングへの道を開こうとしている

未払いの融資の報告が2人の大学の恋人同士のおとぎ話の結婚式への延期を余儀なくさせた後、日本のマコ王女のボーイフレンドは火曜日、彼の家族は彼らの上にぶら下がって経済的困難はないと主張した。 小室圭と昭子天皇の長女である真子は、2018年後半に予定されていた王室の結婚式の前に、去年の日本の伝統的な法廷儀式に正式に従事する予定でした。 しかし、昨年2月、小室の家族が元婚約者からの400万円(36,000ドル)のローン返済に失敗したため、結婚が劇的に中断されたとの報告があった。 火曜日に発表された声明の中で、小室氏は次のように述べています:「私の母と私は両方とも私の母の支払いからの(財政的)支援は解決されたことを理解しています」 小室氏は、2012年に母親と彼女の婚約者が解散したとき、婚約中に彼が提供したお金は返済する必要がないと言っていた。 しかし、小室氏によると、2013年8月に手紙で返金を要求し、翌年には曲を変更したという。 小室の母親は前のパートナーに会い、お金を返済することはできず、それ以上の要請はないと語った。 小室氏は、王室の関与が発表されてからわずか2か月後に、2017年12月に報奨金がまだ現金を返金することを望んでいるとの報告があったとき、母親と母親は「当惑した」と述べた。 「私の母も私も二人が前の婚約者から受けた支援に感謝しています、そして私たちは彼から理解を得るための努力をします」と小室の声明は締めくくった。 しかし、前の婚約者は火曜日に、主張は解決されなかったと言いました。   「お金の問題は解決されておらず、小室氏の側からの連絡もなかった」と彼は、大衆読売新聞に語った。 「問題を解決する」 - 2018年2月、ペアは2020年まで結婚式を延期し、準備にもっと時間が必要だと言ったが、日本のゴシップ雑誌では単純なお金の問題よりも遅れがあるとの噂が流れた。 「秋に予定されている結婚式の前に、儀式と私たちの新しい生活に備えるための十分な時間がないことを私たちは認識するようになりました」と、マコは当時の皇室世帯を通して発表された声明で言いました。 彼女は、彼らの計画されたエンゲージメントの発表はニュースが漏洩した後に「あまりにも急いで」行われたと言いました。 「私たちは、ペースが実際に私たちに合っているかどうかを慎重に考えなければなりませんでした…今、私たちはより良い方法で結婚、主要な人生の出来事を持ちたいです。」 彼女は王室の結婚式を計画している人たちに謝罪し、夫婦の「未熟」を非難した。彼らは両方とも27です。 マコの父である秋篠皇子は、11月に彼らがまだ結婚したいのであれば、「適切な措置をとるべきだ」と記者団に語った。 彼らが「問題を解決する」のでない限り、我々は正式な関与のための儀式を保持することはできない、と彼は言った。 85歳のアキヒトアキヒトは4月30日に亡くなりました。日本の皇帝が辞任したのは2世紀以上も前のことです。 長男のナルヒトは1日後には菊の王座を登ることになっています。 真子は、鳴仁の兄弟である秋篠皇太子と妃姫の長女です。

Read more
日本のトップビジネスロビーは多様な方法で給料を調達

火曜日の日本で最も強力なビジネスロビーは、より多くの企業が労働危機に直面しているため、年次管理労働賃金協議に先立って労働条件を「包括的に」改善することを検討するよう加盟企業に求めた。  不適切な賃金格差を抑制するための活動 安倍晋三首相の要請に応えて、近年、年金交渉における月給の引き上げに注力してきましたが、今回のロビーでは、このような引き上げが労働条件の引き上げなど、労働条件の充実を図る選択肢の一つとされています。メリットとボーナス 「毎月の基本給の引き上げは重要だが、深刻な労働力不足の中で、育児や介護の責任を持ち、やる気と生産性を向上させるための企業の取り組みは、成長に欠かせない」と述べた。経団連は記者会見で語った。 急速な高齢化と出生率の低さが残る日本は、深刻な労働力不足に直面しており、政府は4月から建設や介護などの分野でより多くの外国人労働者を雇用する新しい法律を早急に作成するよう促している。 経団連の経営・労働政策委員会の報告書にまとめられた最新の交渉方針は、4月から始まる事業年度における各会員企業の春季賃金協議の指針となるものです。 経団連は2014年以来、日本の慢性的なデフレを克服するために賃金を引き上げるという安倍首相の要求を受け入れている。 昨年の賃金交渉で、経団連は加盟企業に3%の昇給を実施するよう求め、その増加は「社会的需要」であると述べた。 安倍首相はまた、12月には、消費税増税の影響が10月の8%から10%になることを懸念して、企業に賃金の引き上げを依頼した。彼は数値目標を出しませんでした。 今後の賃金協議では、レンゴーとして知られる国内最大の労働組織である日本労働組合連合も、基本給の引き上げのみに焦点を当てるのではなく、代わりに会社の規模と雇用スタイルに応じてより高い全体賃金水準を求めている。

Read more
カリフォルニア州火災 トランプ氏が現地視察、気候変動への考え方変えず

  トランプ米大統領は17日、カリフォルニア州で起きた大規模火災の現場を視察した。被災地で気候変動についての意見が変わったかと問われると、「そんなことはない」と答えた。 トランプ氏は大統領専用機で州都サクラメント北郊のビール空軍基地に到着。最大の被害を受けたビュート郡パラダイスの街に入った。 沿道で車列を迎える住民らの中には煙を吸い込まないよう、マスクを着けている人もいた。 視察には同市のジョーンズ市長や、カリフォルニア州のブラウン知事、連邦緊急事態管理庁(FEMA)のロング長官、同州選出の下院議員らが同行した。 トランプ氏は焼失した民家の跡などを見て回り、記者団に「こんなことが起きるとはだれも予想しなかった」「もう二度と起きないことを願う」と語った。 同郡の中心都市チコの対策本部で説明を受けた際、気候変動についての意見が変わったかと問われると、「そんなことはない」と答えた。気候変動が今回の火災原因になったかどうかについては、「たくさんの要因があると思う。管理という要因もある」と語った。 トランプ氏はロサンゼルス近郊の高級住宅地、マリブの火災現場も視察した。 州北部と南部の火災で合計約9.7万ヘクタールが焼失し、少なくとも74人が死亡、1000人以上が行方不明になっている。

Read more
トランプ氏、20日までに包括報告 サウジ記者殺害で

  トランプ米大統領は17日、サウジアラビア人記者カショギ氏の殺害にサウジ政府が関与した事件について、実行犯などに関する「包括的な報告」を20日までに受けると明らかにした。現時点では、サウジの事実上の最高権力者のムハンマド皇太子の関与があったと断定するのは「早計だ」と説明しつつ「その可能性もある」と語った。 訪問先のカリフォルニア州で記者団に語った。殺害事件について「おそらく来週月曜日(19日)か火曜日(20日)には包括的な報告を受ける」と説明。報告には「事件を起こした人物が盛り込まれる」との見通しを示した。トランプ氏は17日、米中央情報局(CIA)のハスペル長官やポンペオ米国務長官と電話し、事件について協議していた。 複数の米メディアは16日、CIAがカショギ氏殺害はムハンマド皇太子の命令だったと断定したと報じた。だが米国務省のナウアート報道官は17日の声明で、報道は「不正確だ」と否定。「殺害事件には解き明かされていない多くの疑問がある」と指摘し、今後も情報収集を進める考えを示した。その上で「米政府は殺害事件に関わった犯人に責任をとらせると決心している」と強調。一方で「米国とサウジの戦略的に重要な関係を維持していく」とも説明した。 複数の米メディアによると、ムハンマド皇太子の弟のハリル王子がカショギ氏に電話し、殺害現場になったイスタンブールのサウジ総領事館を訪問するように促していた。CIAが傍受した通話記録によると、ハリル王子にカショギ氏に電話するよう指示したのがムハンマド皇太子で同氏の関与を裏付ける証拠の一つになっている。

Read more
米国株、ダウ平均4日続落 反発期待の買いで上昇も続かず

  14日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が4日続落し、前日比205ドル45セント安の2万5081ドル04セント(速報値)で終えた。下落が続いた反動から、目先の戻りを期待した買いが先行した。ただ中国景気の減速や原油先物相場の低迷で世界景気の先行き不透明感が強く、次第に売りが優勢になった。アップルや金融株の下げも重荷だった。 ダウ平均は寄り付き後に200ドルあまり上げた後、午後には350ドル安となる場面があった。荒い値動きとなり、投資家心理を測る指標である変動性指数(VIX)は再び、不安心理が高まった状態とされる20を上回った。 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反落し、同64.482ポイント安の7136.393(速報値)で終えた。アナリストの目標株価引き下げが相次いだアップルが5日続落した。アマゾン・ドット・コムやネットフリックスの下げも目立った。

Read more
米司法省、ウィテカー氏の長官代理就任は「合憲」

  米司法省が、トランプ大統領が指名したウィテカー氏の司法長官代理への就任は合憲との見解を示したことが14日、明らかになった。複数の米メディアが同日報じた。議会上院の承認を受けていない人物の就任は違憲だとして訴訟が起きているが司法省は代理の交代は必要ないと反論した格好だ。 米メディアによると、司法省が作成した文書には上院の承認手続きを経ていない場合でも、少なくても7カ月間にわたって長官代理に就けると明記されている。大統領が正式に長官に指名した人物の承認が滞れば在任期間をさらに延ばせるという。オバマ政権やブッシュ(子)政権でも承認を受けず一時的に高官職に就いたケースがあったと説明した。 2016年の米大統領選でのトランプ氏周辺とロシアの不透明な関係を巡る疑惑について、ウィテカー氏は「(司法当局の)捜査範囲が広すぎる」などと批判したことがあった。疑惑捜査を「魔女狩りだ」と主張するトランプ氏に近いとの見方が多く、野党・民主党や米メディアでは捜査を監督する長官代理には適切でないとの批判する声が目立つ。 メリーランド州の司法長官は13日、合衆国憲法は、最重要な政府高官は上院の承認が必要と定めているとして、ウィテカー氏の交代を求める訴えを同州の連邦地裁に起こしていた。

Read more
米国でヨガや瞑想の人気が拡大:ヨガをした人2240万人、瞑想した人は5年で3倍

  <米国でヨガや瞑想を行なっている人が、ここ5年に急増していることがわかった> 古代からの自己鍛錬法として世界的に知られるヨガや瞑想が、この5年間に、米国で老若男女問わず人気を集めていることがわかった。 米国では、毎年実施する「国民健康聞取り調査(NHIS)」に加え、国立補完統合衛生センター(NCCIH)と国立衛生統計センター(NCHS)が作成した補完的な健康調査を2002年から5年ごとに実施している。 過去12ヶ月にヨガを行った米国成人2240万人 2012年の第3回調査と2017年の第4回調査の結果を比較したところ、過去12ヶ月にヨガを行った米国成人の割合は、2012年時点の9.5%から2017年に14.3%まで増え、その規模は2240万人にのぼるとみられている。また、瞑想を行った米国成人は、2012年時点の4.1%から2017年には14.2%と、およそ3倍増えた。2017年の調査結果によると、男性よりも女性のほうがより多くヨガや瞑想を行っているという。 ヨガや瞑想を取り入れているのは、成人のみにとどまらない。米国の4歳から17歳までの子どものうち、過去12ヶ月にヨガを行った割合は、2012年時点の3.1%から2017年に8.4%に増え、瞑想を行った割合は、2012年時点の0.6%から2017年に5.4%に増えている。 国立補完統合衛生センターのデビッド・シュルトレフ博士は、2017年の調査結果について「かつてないほど多くの米国人が心と身体を重視するアプローチを取り入れていることを示すものだ」と述べている。 糖尿病患者、循環器系疾患、高血圧の管理...に効果的という研究も この調査では、ヨガや瞑想の活用が広がっている理由について明らかにされていないが、米ウィスコンシン大学マディソン校のリチャード・デビッドソン教授は、ニュースサイト「ヴォックス」の取材に対し、「現代の様々な社会的、文化的要因によって、人々が抱える不安やストレスは増幅しています。おそらく、このような現代の環境に順応する手段として、より多くの人々がヨガや瞑想に関心を寄せているのでしょう」と分析している。 ヨガや瞑想を学べる講座やジム、スタジオが各地で増えているほか、マインドフルネスの流行もあり、TV番組やオンライン動画、スマホアプリなど、自宅などでもヨガや瞑想や気軽に取り入れやすい環境が整ったことも、普及がすすんでいる要因のひとつとみられている。 ヨガの呼吸法が糖尿病患者のQOL(生活の質)の向上に役立つという研究結果があるほか、ヨガは、循環器系疾患のリスク要因を軽減したり7、高血圧の管理に役立つといわれている。ストレス解消や心身の健康増進にヨガや瞑想を取り入れると一定の効果が期待できそうだ。

Read more
米カリフォルニア州火災、死者44人に 100人が行方不明に

  米カリフォルニア州のパラダイス市周辺で出火した火災「キャンプファイア」で12日、新たに13人分の遺体が見つかり、この火災による死者の数は42人となった。ビュート郡の保安官によれば、これは州の歴史でも最悪の水準の死者数だという。消火活動が続く中で、死者の数は増えており、州全体の死者数は44人に達した。 カリフォルニア州当局によれば、約100人の行方が分かっていない。このため、犠牲者の数が増加する恐れもある。 別の火災「ウールジーファイア」では強風のなか、消火作業が続いている。 一部の地域では、復旧作業が始まっているところも出ている。ただ、住民が戻るのは全焼した家屋で、周囲には車両や建物の残骸が散乱している。トランプ大統領は12日、「大規模災害」の宣言に対する要請を了承した。これにより、カリフォルニア州には連邦政府からの物資などが提供される。 CNNの気象の専門家によれば、カリフォルニア州南部では13日までに1300万人が火災による危機的な状況に陥っている。危険にさらされている地域は、ロサンゼルスやロングビーチ、サンタアナ、アナハイム、グレンデールなど。 キャンプファイアによって被害を受けた建物は6700軒超と、カリフォルニア州史上で最も多くの被害が出ている。 「キャンプ」「ウールジー」「ヒル」の3つの火災の消火活動にあたる消防隊員の数は8000人を超えている。

Read more
Page 1 of 20 1 2 20

Translate

Popular Post

宮迫さん「社長に『会見したら全員連帯でクビ』と」

   振り込め詐欺グループの宴会に出席して現金を受け取るなど一連の問題で、吉本興業から契約を解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんが20日、謹慎処分中のロンドンブーツ1号2号の田村亮さんと共に記者会見を行った。宮迫さんは、田村さんが6月に吉本興業に謝罪会見を開きたいと伝えた際、吉本興業の岡本昭彦社長から「やってもええけど、ほんなら全員連帯責任でクビにする」などと圧力があったと主張した。 【写真】「亮、ええよおまえ辞めてひとりで会見したらええわ」と言われたと… 会見は午後3時すぎ、東京都港区のビルの地下にあるイベントスペースで開かれた。会見は吉本興業が関わらない形で行われ、詰めかけた報道陣を前に、2人は黒のスーツ姿で登場。冒頭、深々と頭を下げた。 宮迫さんは、「何よりも詐欺の被害に遭われた被害者の方々、ご家族、親族の方々に、とんでもない不快なつらい思いをさせてしまっていることをおわびさせてください。本当に申し訳ありませんでした」と語り、再び頭を下げた。 さらに、「世間の皆様、我々のことを応援してくださっている方々、とんでもない取り返しの付かないことを、迷惑をかけてしまっている関係者の方々、そして、不快な気持ちにさせてしまっている全ての皆様に本当におわびさせてください」とも述べた。 田村さんは「自 分の 口か らもち ゃんと謝 罪を伝え たいと 思 います。詐欺被害に遭 われた方々そ してその親族の方々、本当 に不快な 気持ちにさ せてしまい、嫌な気持...

Read more