2018年に日本に居住する記録2.73ミルの外国人住民

記録的な2,731,093人の外国人が2018年末に日本で登録され、前年同期比で6.6%増加し、学生数と技術研修生の数の増加に支えられて、法務省は言う。 政府は、国内の深刻な労働力不足の中でより多くの外国人労働者を引き付けることを目的に、来月実施される新しいビザ制度の下で、外国人住民のさらなる増加を期待しています。 登録された居住者の中で、技術研修生は328,360または前年同期比19.7%増となり、留学生は8.2%増の337,000人でした。 国籍に基づき、中国人が764,720人で最大のグループを構成し、韓国人が449,634人で続いた。最も技術的な研修生を日本に派遣するベトナムは、26.1%増の330,835人の住民で3位にランクされました。 同省によると、1月1日現在、同国に不法滞在する外国人の数は11.5%増えて74,167人となった。 そのうち最大のグループは韓国人で、12,766人で、前年同期比0.9%の減少となった。 ベトナムは11,131で、64.7パーセントのジャンプで2番目に来ました、そして10,119で中国人が続きます。 特別永住権を持つ登録韓国人の数は321,416人に2.5%減少したが、永住権を持つ人は3%増の771,568人で登録住民の中で最大のグループを構成していた。

Read more
日本のアルミニウムメーカー、関税控えの市場で米国の生産を拡大

アルミニウムの輸入に対する追加関税が中国製品をアメリカ市場から追いやらないようにするため、日本の金属製造業者は供給条件の厳しさに起因する価格の上昇を利用するためにアメリカの生産を強化している。 神戸製鋼は、自動車のバンパーやその他の自動車用途に使用されるアルミニウム部品を生産するケンタッキー工場で、月産能力を1,000トンに倍増するために約50億円(4530万ドル)を費やす予定です。自動車用アルミシートの製造工場も新設することを検討中。もしそうなら、その総投資は1000億円に達する可能性があります。 アルミニウムのスペシャリストUACJは昨年、ヨーロッパのパートナーとの米国での苦戦しているアルミニウム部品の合弁事業を解消することを決定しました、しかしそれは今強い市場の裏に単独の進出を検討しています。 Kentuckyの工場に180億円を投資して中間部品の生産を拡大しており、合弁会社と同様に自動車部品への加工を検討している。 2018年3月にドナルド・トランプ大統領の政権が25%の鉄鋼関税と共に金属に10%の義務を課した後、これらの動きはアメリカのアルミニウム価格の上昇の中で起こります。特に中国とロシアからのアルミニウムの輸入が急増し、供給が厳しくなった。 米国のバイヤーがアルミニウムの代金を国際価格と比較して支払ったプレミアムは、2月に前年比で90%急増した。自動車産業で需要が高い日本製アルミニウム製品の価格も上昇した。そして、アルミニウムが軽量化と燃費向上のために自動車部品とシャシーで広く使われるようになってきていることを考えると、需要はさらに伸びると思われます。 米国政府が日本のアルミニウム製品に対する約80%の免除要求を認めている一方で、神戸製鋼とUACJは輸送コストなどの他の要因を考慮して現地生産を拡大している。 UACJは、米国の自動車用アルミシートの生産量が2020年には100万トンを超え、2017年の水準から約50%増加すると予測しています。 製鋼業者の見通しはより複雑です。日本の鉄鋼業は当初関税について比較的驚異的でした。米国は日本の鉄鋼の比較的小さな市場で、国の総生産量のわずか2%しか購入していません。これらの輸出品は、主にアメリカで調達できない鉄道トラックや自動車部品などの高性能製品で構成されているため、関税免除申請の対象になる可能性があります。 しかし、任務が発効してからの1年間で、免除申請の60%が却下されたか、まだ処理されていません。 新日鉄の幹部は、要求は「徐々に」承認されていると述べた。しかし、申込書が依然として制限されている限り、買い手は依然として料金を支払う必要があります。 SteelBenchmarkerの価格体系によると、この賦課金は鋼材製品価格の上昇を牽引し、米国の熱延コイル価格は昨年7月にトン当たり1,000ドルを突破した。アメリカの製鋼業者はかなりの利益を上げており、追加生産への投資需要を加速させています。 典型的には、日本の製鋼業者は、高級材料をアメリカに輸出し、それらを自動車または部品製造業者に販売するためにアメリカの仲間との合弁事業を通して加工している。関税がアメリカで高性能鋼材を生産する方向へシフトすると、日本企業は競争力を失う可能性があります。

Read more
日本は台湾国民のワーキングホリデービザの割当を2倍に

台湾と日本は木曜日に、台湾の若い成人が日本のワーキングホリデービザを申請できるようにすることに合意しましたが、日本の若者の年間割り当ては変わりません。 外交関係がないため、台湾 - 日本関係協会の会長であるChiou I-jen大統領と彼の日本側の代表である日台交換協会会長の沼田幹雄は、台北の日本の事実上の大使館で合意に署名しました。 来月から、台湾のワーキングホリデービザのクォータは、台湾の志願者数の増加により、年間5,000から10,000に増加する予定です。プログラムの申請者は18歳から30歳までの年齢でなければなりません。 沼田氏は、このプログラムが最初に導入されたとき、2009年に、年間割り当て量は2,000であると述べました。 2014年には年間5,000人に増えましたが、台湾人の志願者数は増え続けています。昨年だけで、8,400人以上の台湾の若い成人がワーキングホリデービザを申請した、と彼は言った。 数回の協議を経て、沼田氏は日本がプログラム実施10周年を迎えるために年間割当量を倍増することを決定したと述べた。 「日本と台湾の青少年がこのプログラムを通じてお互いをもっとよく理解できれば、日中関係が二国間関係の発展という点で世界のロールモデルになるのに役立つと私は信じています」と彼は語った。 Chiouは、若者を指す「国の柱」が外国で暮らして働き、その国の生活様式や労働環境を直接経験することが重要であると述べました。 彼は、台湾の若い成人が日本のワーキングホリデービザを申請している一方で、日本の若い成人はそうすることに興味を持っているようには思われないと指摘しました。 台湾のワーキングホリデービザの申請者数が少ないため、年間5,000人のままです。 2015年に茨城県の二平和平さんが中国語を学ぶために台湾に来て、2016年からワーキングホリデービザを開催しました。 日中に中国語を学び、夜にレストランで仕事をするニヘイ氏は、台湾とその人々を理解し始めたと述べ、「楽観的」で「冒険的」と表現した。 「彼らはいつも私に言っています、「あまり考えないで、試して見てください」とニヘイは言った、30。 約4年間滞在した後、Niheiは、彼が台湾の「魅力」を徐々に発見して、そして去るのを嫌うと言いました。

Read more
日本3月フラッシュ製造PMI変更なし

3月の日本の製造業活動は2月と同じペースで縮小し、中国の景気減速が需要の低迷に寄与したため、生産は3年近くで最も縮小した、と民間企業の調査は金曜日に示した。 Flash Markit /日経平均製造購買担当者指数(PMI)は、季節調整済みの48.9で、2月の最後の読書と同じです。 この指数は、2ヵ月連続で収縮と拡大を区別する50のしきい値を下回りました。 IHS Markitのエコノミスト、ジョーヘイズ氏は、調査をまとめた「国内外の市場からの需要が緩やかなため、3年近くで生産量が大幅に削減されました」と述べています。 「中国の低成長と長期にわたる世界的な貿易摩擦の懸念から、3月の景況感は過去の平均を大きく下回っています。」 PMI指数のアウトプット要素は3月の暫定的な46.9で、2月の最後の47.4から2016年5月以降の最低レベルに達した。 調査によると、2016年6月以降、新規受注の国内外のフラッシュ指数は最速のペースで低下した。 輸出注文についてのみ、フラッシュ指数は1月以来の最も速い下落を示した。 来週、米国と中国が対面交渉を再開することになっているが、両者がその違いを狭め、世界の二大経済間の貿易戦争を終わらせることができるかどうかは不明である。 ワシントンと北京は、紛争中の数千億ドル規模の互いの製品に対する輸入関税を怠ったため、世界貿易を傷つけ、中国の巨大製造業を減速させた。 米国向けの完成品の製造に使用される大量の電子機器や重機を中国に出荷するため、日本はこの論争にさらされています。

Read more
英国とEU、離脱合意草案で合意 英議会の強硬派は反発

  英国と欧州連合(EU)の交渉官が、英EU離脱合意の草案で合意した。EU高官が13日、ロイターの取材で明かした。メイ首相は14日に閣議を招集して案を示す。 草案合意が伝わると、英議会内のEU懐疑派は反発した。合意に議会の承認は得られるかは依然不透明だ。 EU高官は「文面で共通理解が得られた」と語った。英政府筋も、EU離脱合意の文面で合意に達したと明らかにした。 英首相官邸によると、メイ首相が14日の1400GMT(日本時間午後11時)に閣議を招集、合意素案を検討し、次の方策を決める。閣僚らは閣議前に、文面を読むよう求められたという。 複数の外交筋は、メイ内閣が14日の閣議で合意案を了承した場合、EU側も承認に向け今月25日に特別首脳会議を開く可能性があるとの見方を示した。 合意案は数百ページに及ぶとみられるが、具体的な文言について英政府は一切詳細を明かしていない。焦点となる北アイルランド国境問題についてEU関係筋3人は、問題を解決できない場合のバックストップ(安全策)として、関税制度は原則的に英国がある程度規則を決められるものの、北アイルランドは特例としてEU規則に従う案が浮上していると指摘。また英国とEUの主張の差を埋めるための見直し制度も盛り込まれているとした。 英ポンドは当初、対ドルで1.3036ドルに急伸した。 草案合意を受け、英国内政党はさまざまな反応を示した。 メイ政権を支える北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)のドッズ副党首は、実際に詳細を見極める意向を示した。 野党・労働党は、明るみに出た合意が自国にふさわしい内容となる公算は小さいとの見方を明らかにした。 保守党議員のリースモグ氏や、ジョンソン前外相ら強硬離脱派は、メイ氏が自国を売り渡したと非難し、反対する考えを示した。

Read more
マクロン仏大統領、国家主義を批判 第1次大戦終戦100年式典で

  パリで11日、第1次世界大戦終戦100周年の記念式典が開かれ、エマニュエル・マクロン仏大統領は各国首脳に国家主義(ナショナリズム)を拒否するよう呼びかけた。 ドナルド・トランプ米大統領やロシアのウラジーミル・プーチン大統領などが参列する中、マクロン氏は国家主義は「愛国心の裏切りだ」と訴えた。 「『自国利益が最優先で他国のことなど気にしない』と言うことで、その国で最も大切なもの、つまり倫理的価値観を踏みにじることになる」 記念式典は世界各地で行われた。 1914~18年の第1次世界大戦では970万人の兵士と1000万人の市民が犠牲となった。 記念式典に併せ、2カ国首脳会談を持った国もあった。プーチン氏は記者団に対し、トランプ氏と短い会話を交わし、結果は好ましいものだったと話した。 一方でロシアのメディアは、仏政府主催の午餐会では、トランプ氏とプーチン氏が隣に座らないよう直前に席順が変えられたと報じた。 パリの記念式典 マクロン氏をはじめとする各国首脳や高官は、パリの凱旋門の地下にある無名戦士の墓まで歩いて参拝した。この日は雨で、パリ中の教会の鐘が鳴らされる中、マクロン氏らは黒い傘を差して行進した。 その後、20分近い演説で、マクロン大統領は各国首脳に「平和のために戦う」よう訴えた。 パリでの式典にはトランプ米大統領夫妻など70カ国の首脳が出席した 「国際社会から身を引き、暴力や一極支配などに魅了されてこの希望を踏みにじるのは、間違いだ。そのようなことになれば、それは我々の責任だと、次世代は当然指摘するだろう」 式典は、1918年11月11日午前11時に終戦を知らせたラッパの演奏で締めくくられた。 この日の午後には「パリ平和フォーラム」と題された平和会議が開かれ、マクロン氏やアンゲラ・メルケル独首相に加え、プーチン氏やトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領も参加した。 メルケル氏は、欧州やあらゆる場所で「視野の狭い」国家主義が力をつけていると警告した。 10日にマクロン氏とメルケル氏はパリ北部のコンピエーニュを訪問し、1918年に休戦協定が調印された列車の中で、戦没者リストに署名した。 トランプ氏の訪問で物議 トランプ大統領は平和会議には参加せず、開始時間には帰途についていた。 11日の式典のほかには、大戦で命を落とした「勇敢なアメリカ国民を追悼する」ためにパリ西部シュレンヌの墓地を訪れた。 その一方でトランプ氏は10日、米兵など戦没者が眠る別の墓地訪問を、悪天候を理由に中止。他の首脳が雨の中でも参列しただけに、トランプ氏の欠席は物議を醸した。 [caption id="attachment_11548" align="alignnone"...

Read more
LGBTI問題の授業義務化、世界初 スコットランド

  英国のスコットランド自治政府は10日までに、地域内の学校の教科課程に性的少数者(LGBTI)の問題に関する授業を義務付ける方針を明らかにした。この種の措置は世界の国・地域で初の事例としている。 自治政府のジョン・スウィーニー副首席大臣によると、授業ではLGBTIの歴史、用語、自己同一性や同性愛への嫌悪や偏見の対策などを教える。 スウィーニー氏は地元議会で、授業開始の時期はまだ正式決定されていないとしながらも、出来るだけ早急に実施させると強調した。 今回の措置はLGBTI問題の教科課程への追加を目指してきた組織の提言を全て容認する中で打ち出された。他の提言内容はこの問題に関する教材や教師への無料の訓練供与などが含まれる。提言は学校内における性的少数者へのいじめなどに取り組むため33項目から成っていた。 同組織の責任者は今回の自治政府の決定を重要な勝利とたたえた。 スウィーニー副主席大臣は、「受け入れた提言内容はLGBTIの当事者の学習経験を向上させるだけでなく、学習を受ける全ての者に自分たちの違いをたたえ、理解促進や受容を促すことを支援するものになる」と強調した。 自治政府のニコラ・スタージョン首席大臣もより開放的な教育システムの誕生につながると歓迎した。 スコットランド内の学校ではLGBTIの生徒10人のうち9人がいじめなどの被害を受けているとの調査結果もある。スコットランドで性的少数者の権利擁護運動を進める団体の昨年の報告書によると、域内の若年層の63%が同性愛嫌悪に関する中傷を常時もしくはしばしば被っているとした。この比率は他の英国内では50%となっている。

Read more
英ハロッズで24億円散財、不正の疑いで女を逮捕

  英当局は8日までに、高級百貨店「ハロッズ」で10年間に1600万ポンド(約24億円)相当の買い物をしたアゼルバイジャン国籍の女を逮捕した。汚職撲滅を目的とした新たな権限に基づく措置で、本国へ身柄を引き渡す見通しだという。 英PA通信が先月報じたところによると、ザミラ・ハジイェバ容疑者(55)に対しては英国家犯罪対策庁(NCA)が「不明財産に関する命令」(UWO)を初めて適用。ロンドンの高級住宅街ナイツブリッジの豪邸など2200万ポンド相当の資産をどうやって購入したのか説明するよう求めている。 説明できない場合、同容疑者はこれらの資産を失う可能性がある。 ロンドン警視庁はCNNに対し、ハジイェバ容疑者が詐欺の疑いをかけられて本国で指名手配されていると明らかにした。また先月30日にはロンドンの治安判事裁判所に出廷していたとした。 UWOの対象となるのは「重大な犯罪への関与がかなりの程度疑われる、もしく重大な犯罪に関与した人物とつながりのある」人物。当該の人物が、本人の合法的な収入に見合わないと思われる資産を所有している場合、その購入の経緯を説明することが義務付けられる。 PA通信によればハジイェバ容疑者の夫は、アゼルバイジャン国際銀行の元会長。2001年から15年まで会長職を務めていたが、その後詐欺と横領の罪で有罪となり、15年の禁錮刑を受けた。

Read more
米中間選ねじれ「ハッカーの仕業か」ロシア報道官が皮肉

  上院と下院がねじれる結果になった米国の中間選挙について、ロシア外務省のザハロワ報道官が7日、自身のフェイスブックで「ロシアのハッカーの仕業か」と皮肉った。 ザハロワ氏は「国民の意思表示の結果を米国の政治家はどう説明するのだろうか?」と問題提起。想定される答えとして、「全てはロシアのハッカーの仕業」「選挙にロシアのハッカーは介入しなかった」の2種類が考えられるとした。 前者は、両党が「結果を敗北だ」ととらえる場合。ロシアのせいで上下両院の過半を取れなかったと言い訳をするため、両党とも「(ハッカーが介入しなければ)我が党が上下両院で多数を占めていた」と言うはずだ、とした。 後者は、両党が結果を肯定的にとらえる場合。共和党は「介入しないよう我々がロシアに要求した」ため上院で過半数を維持できたと言える。一方の民主党も「我々が共和党に圧力を加え」て介入させないようにしたため下院で過半数が取れたと言える、とした。 米国は、ロシアがSNSを通じた偽ニュースの拡散やハッカーによる選挙システムへの侵入などを通じ、2016年の大統領選に介入したと非難してきた。今回の中間選挙で、ロシアのハッカーが暗躍したとの報道などは、いまのところ見当たらない。 それでも上下両院がねじれたことで、ザハロワ氏は「まさか、巧妙なロシアのハッカーの仕業?」と結び、米国を当てこすった。

Read more
「安いものより、興奮できる商品を」イギリスの化粧品メーカーLUSHが、企業の成長より大切にしていること

  原材料は、なるべく安く仕入れる。 海外で生産し、人件費をカットする。 業務を改善して、生産コストを削減する。 これらは、日本では当たり前になっているビジネスの"常識"だろう。でも、もしかしたら"常識"がいま多くの大企業が行き詰まっている原因なのかもしれない。 イギリス発のコスメメーカー「LUSH」は、"常識"とは真逆のアプローチで成長を続けている。22日には、世界初となるバスボム(入浴料)のコンセプトショップ「LUSH 原宿」を、東京・渋谷にオープンした。 https://twitter.com/lushharajuku/status/1055001042914549760 LUSHは、なるべく地球に優しい材料を使い、地元で工場を作り、ハンドメイドで化粧品を作っている。同社にとって原材料の調達は、環境問題などの社会問題を解決する手段でもある。 どうすれば経営と理念は両立するのか? 会社の成長が、環境の再生につながる仕組みとは? 創立者のマーク・コンスタンティンさんの長男で、グローバルの原材料調達を統括するサイモン・コンスタンティンさんに話を聞いた。 「サスティナビリティ」という言葉の罠 ――環境保護の視点では、「持続可能」という言葉がありますが、LUSHの大切にしている「リジェネレーション(再生可能)」は「サスティナビリティ」(持続可能性)とどう違うのでしょうか。 リジェネレーションのコンセプトはちょっと複雑で、まず自分自身がこの考え方を理解するのに7~8年かかっています。 一番簡単な例として挙げると、最近インドネシアのスマトラにある「OICインフォメーションセンター」の土地を購入しました。キャンペーンを実施して資金を集めて買ったんです。 その土地は、以前は熱帯雨林帯で、野生のサイやゾウなど熱帯雨林に生息するあらゆる種がいたんですが、業者がやってきて木々を伐採してパームオイルの生産地にしてしまったんですね。 サスティナビリティという視点では、アブラヤシに肥料にして、パームオイルを育て続ければ、ある意味、持続可能な状態を続けることはできるんです。"サスティナブルなパームオイル"といわれる生産物になります。 今まではそれで良かったのかもしれませんが、それ以上のことをやらねばいけないときが来ています。 本来のサステナブルは、同じレベルをキープすることではありません。生命に繁栄する機会を与えるということ。自然がやっていることを模倣しなければいけない。(生命が)繁栄して、その環境に適応して生きていくチャンスを与えなきゃいけないんです。 私たちにとって現実的な未来は何かというと、「リジェネレイティブ」(再生可能な)という考え方だったんです。常に変わっていって成長する。そこに価値があるという考え方です。この言葉は、たくさんの機会や伸びしろに気づくきっかけになりました。 ――「サスティナビリティという言葉の罠」についても過去にお話されていました。ずっと変わらない状態が持続できるだけでは発展とはいえない、ということでしょうか? サスティナビリティという言葉が、安易にいろんなプロジェクトやCSR、マーケティングに使われるようになって、だんだんと本来の意味を失っているんだと思います。 これまで30〜40年の間、「地球のために、サスティナビリティを」と世界中で唱えられていますけど、良い結果をもたらしているとはいえません。 原材料の調達で、社会的なインパクトを出す ...

Read more
Page 1 of 8 1 2 8

Translate

Popular Post

スガは北朝鮮のミサイルを明確にすることを辞退

  須賀首席官房長官は、月曜日に北朝鮮が最近行った短距離弾道ミサイル発射は非常に遺憾であるという見解を共有したかどうかを明らかにすることをやめた。 「会議で、我々は分析と対応を含むあらゆるレベルでの日米協力を確認し、(平壌に対する)安保理の制裁決議を完全に実行することへのコミットメントを新たにした」とスガは記者会見で語った。 それから彼は言った、「私はそれ以上の詳細を明らかにすることは控えます」。 金曜日にスガペンスがワシントンで会談した後、日本の政府高官は木曜日の北朝鮮ミサイル発射に対する後悔を共有したと説明した。 スガはミサイル発射に関するドナルド・トランプ米大統領の最新の発言を今のところ問題にしないというスタンスを示唆していることを考慮に入れたようだ、とオブザーバーは述べた。

Read more