吉田マヤ:日本はアジアカップ最後の失望から学ばなければならない

日本のキャプテン吉田マヤは、金曜日のアジアカップ決勝の敗北から教訓を得なければならないと語った。 4回の大陸チャンピオンはアブダビでカタールに3-1で殴られたとき記録的に伸びる5番目の王冠を逃しました。 サザンプトンとイングランドプレミアリーグでの取引を計画している吉田は、ザイードスポーツシティスタジアムで特におしゃべりな夜を過ごしました。センターバック、30分は、カタールが3-1まで上がって効果的にトロフィーを封印することを可能にするために時間から9分のペナルティを認めた。 「決勝を失うことは常に難しい敗北であり、本当に苦痛ですが、我々はこれから学ばなければなりません」と吉田は言った。「まず第一に、カタールは素晴らしいチームで、正直言って今日チャンピオンになるに値します。私は受け入れなければなりません。3-1は申し訳ありません。 「彼らは上手にプレーした。彼らはもっと積極的だった。前半はパッシブだったので、前半に2つのゴールを認めた場合、それを取り戻すのは本当に難しいだろう。 "私たちはしようとしましたが、それでも時間は十分ではありませんでした。特に第三の目標:私個人的に、それを受け入れるのは本当に難しいです。ハンドボールを持っているのは本当に不運です。しかし、これが結果です。」 ハーフタイムで2つのゴールダウン、日本はブレークの後に回復し、タクミミナミノが赤字を半分にするためにきちんとした動きを終えた69分にライフラインを発表されました。 しかしながら、Abdelkarim Hassanのヘッダが吉田の手を奪い、2人がカタールコーナーを争った、そしてVideo Assistant審判員との協議に続いてペナルティが与えられた。 彼はそれがペナルティであるべきだと思ったかどうか尋ねたところ、吉田は言った。教えてください。私はおそらく手を使わずにジャンプしなければならないでしょう。 「しかし、鍵はそれ以前でした。OK、これはゲームの最大の鍵の1つでしたが、同時に、ゲームの最初に2つの目標を認めました。単純です - 私たちは十分に行いませんでした。」 日本は今年の夏にブラジルで開催されたコパアメリカで成功を収め、失望から脱却することを目指します。アジアのヘビー級選手たちは、カタールがデビューを果たして、彼らの歴史の中で2回目と1999年以来初めて南アメリカのトーナメントに参加しています。イベントは10チームから12チームに拡大されました。 「今日は非常にがっかりしています」と吉田は語った。私たちはこの敗北から学ばなければなりません。我々はコパアメリカを持っています、そして夏の後に我々はワールドカップの資格を始めます。 「それで我々はこの敗北から学ばなければならず、そして我々はこの経験を次のコパアメリカとワールドカップの資格のために使うことを試みる。」 2010年に国際デビューを果たした吉田は、去年の夏のワールドカップの直後に船長の腕章を授与され、トーナメントを通して移行中のチームを導く手助けをすることでUAEに任命されました。 しかし、金曜日遅くにBBCに話をして、吉田は彼と日本の他のヨーロッパを拠点とするプレーヤーがエミレーツに来ることに取ったリスクが彼らの代表チームがタイトルをとらなければ何にもならないだろうというコメントで今週初めに倍増した。 「これが日本の考え方です」と吉田氏。「常にアジアでチャンピオンにならなければなりません。そしてそれを受け入れるのは難しいです。しかし、カタールはうまくいった、彼らはそれに値する。そして特に私にとって、私はトーナメントを通して新しい責任を負っています、そして私が十分だったかどうかはわかりません。私も多くのことを学ばなければならないような気がします、そしてそれでも私は改善することができます。」

Read more
鹿島がACL初制覇&クラブ通算20冠達成!過密日程、逆境を乗り越えついに悲願成就

  鹿島アントラーズがACL初制覇! AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦が日本時間11日にイランのアザディスタジアムで行われ、鹿島アントラーズとペルセポリスの一戦は0-0のスコアレスドローで終了。この結果、2戦合計2-0とした鹿島が史上初のACL優勝、クラブ通算20冠目を達成した。 舞台はイランの首都テヘランにあるアザディスタジアム。イラン代表の国際試合でも使用される8万人収容のスタジアムには、赤いユニフォームを着たペルセポリスのサポーターで満杯に。ボールを持てば大ブーイングの完全アウェイの中で、鹿島が第2戦に臨んだ。先発メンバーは第1戦と同じイレブンでスタート。日本代表に初招集された鈴木優磨、ACLで5試合連続ゴール中のセルジーニョがスタメンに入った。 ペルセポリスのサポーターが大ブーイングする異様な雰囲気に包まれるなか、開始早々に両者に決定機が訪れる。鹿島は2分、左CKを獲得するとキッカーは好調のセルジーニョ。送ったボールはイラン代表GKベイランヴァンドがパンチングで防いだが、こぼれ球に土居聖真がシュートを放つが、これは惜しくもDFにブロックされてしまった。一方でペルセポリスはその流れからカウンターを発動。一気に駆け上がってきたアリプールにボールが渡ると、PA手前まで進入して右足シュート。しかし、枠の右に外れた。 鹿島は5分にも鈴木優磨がシュートチャンスを得たが、これもDFのブロックに遭ってしまった。14分には西大伍のサイドチェンジを受けた鈴木優磨が左からクロスを供給。ファーサイドでフリーだった土居がボレーで合わせたが、枠を外れた。 最低でも2点が必要なペルセポリスは、ピッチに倒れ込んだ選手がいるにも関わらず、プレーを続けた安部裕葵に対して激昂。両選手が激しくエキサイトする場面も見られた。ペルセポリスは39分にレサンがPA左の深い位置から左足を振り抜くも、GKクォン・スンテのが正面でセーブ。攻め急ぐペルセポリスの反撃をしっかりとストップ。結局、前半はスコアレスのまま終了した。 後半に入るとゴールが何としても欲しいペルセポリスが攻勢に出る。56分、ヌーロラヒの落としに走り込んでいたレサンがダイレクトシュート。しかし、これもGKクォン・スンテがセーブした。 64分にもハリルザデーの右クロスにアリプールがペナルティアーク付近から左足シュートでゴールを強襲するが、これは枠を外してしまった。 77分、鹿島は鈴木が足を痛めてしまい、ピッチに倒れ込んでしまう。結局鈴木は担架に乗せられ、ピッチを後に。永木亮太との交代を余儀なくされた。 80分からはペルセポリスがさらに猛攻を仕掛ける。86分、左CKから良いボールが放り込まれるが、ここも守護神、クォン・スンテが立ちはだかる。直後には今度は右からのCK。レサンが送ったボールのこぼれ球にヌーロラヒが思い切りよく左足を振り抜いたが、枠を外してしまった。 結局試合はそのまま終了。ペルセポリスの猛攻を耐えきった鹿島が2戦合計2-0とし、アジア初優勝。クラブ通算20冠目の偉業を達成した。また、鹿島はアジア王者として12月12日からUAEで開幕するFIFAクラブワールドカップへの出場権を獲得した。 ■試合結果 ペルセポリス 0-0 鹿島アントラーズ 2戦合計2-0で鹿島がACL優勝

Read more
選手とは違う監督業 あくまでも黒子 全体を俯瞰

  プロ選手になってから、数多くの監督の下でプレーしてきた。良い監督の条件とは当然、自分を試合に起用してくれる人だろう。しかし、たとえ使ってくれても「お前はそれをやっていればいい」という感じで選手の可能性、成長を信じない指揮官のもとでプレーするのは不幸だ。 選手を信頼し、可能性を伸ばしてくれる監督こそが選手には得難い存在になる。 僕が公式戦に初先発したのは2006年元日の天皇杯決勝戦だった。当時、清水の監督だった長谷川健太さん(現FC東京監督)は、公式戦4試合に途中出場していただけのルーキーを大舞台で抜てきしてくれた。 健太さんは、選手が伸びるタイミングを見極められる指導者なんだと思う。練習中から公平な目で選手を観察、「今なら何かやってくれるんじゃないか」と本能的につかめるのかもしれない。残念ながら天皇杯に勝てなかったが、あのとき感じた悔しさ、プロの厳しさは僕の選手生活のベースになった。そういう経験を健太さんの下で新人時代に積めたことは幸運だった。 ブンデスリーガのマインツ時代に仕事をしたトーマス・トゥヘル(現パリ・サンジェルマン)は戦術おたくで有名な監督だが、指示が細かいわけではなかった。彼の魅力はトレーニングにあった。 いくつもの制限を設けたメニューは、試合で起きるあらゆるシチュエーションが想定されていた。メニュー自体は特別ではないけれど、そこに仕掛けられたルールによって「考えよう」としなくとも、自然に考えられるようになる、試合に出られなくとも成長できるトレーニングだった。自分の進化を感じられる毎日は本当に楽しかった。 様々なタイプの監督と働いて、監督業の大変さと面白さを感じるようになった。今はまだ、選手として戦い続けることにしか興味がないというのが本音だし、現役引退後のことは考えていないけれど、いつの日か監督業に就いてみたいという思いも実はある。 監督になるのであれば、選手だったことを完全に忘れるための時間が数年間は必要だろう。選手としての経験や感覚は監督業でも大切だが、選手と監督はやはり違う。 監督はあくまでも黒子であり、全体を俯瞰(ふかん)して見なければいけない。戦い方を落とし込む上でも、「選手」という人間をマネジメントする上でも、自分のイメージや感覚だけで話しても伝わらない。選手同士で使う言葉は、監督対選手では通用しないと僕は考えている。 決して短くはない時間を選手として勝負の世界に生きてきた。だからこそ、その感覚を拭い去るには時間がかかるはずだ。監督業に取り組むのであれば、そういう準備期間をきちんと経た上で挑戦したい。

Read more
日本、U20W杯出場権を懸ける大一番の相手は開催国インドネシアに/AFC U-19選手権

  AFC U-19選手権インドネシア2018のグループA第3節が24日に行われ、開催国のU-19インドネシア代表がU-19UAE代表に1-0で勝利。グループAを2位で通過することが決定し、準々決勝でU-19日本代表と対戦することになった。 ホームの大歓声を受けるインドネシアは26分、敵陣でウィタン・スラエマンが相手DFからボールを奪取すると、そのままペナルティーエリア内までドリブル。右足のシュートでネットを揺らして先制する。53分にヌリヤダット・ハジ・ハリスが2度目の警告で退場となり、数的不利の状況となってしまったが、そのまま1-0で逃げきった。 グループAもう1試合はU-19カタール代表が、U-19チャイニーズ・タイペイ代表に4-0で勝利。この結果、カタール、インドネシア、UAEが勝ち点6で並んだ。順位は当該チーム間での勝ち点、得失点差、総得点の順で決定となるが、総得点の多かったカタールが1位、インドネシアが2位となった。 インドネシアはグループB首位通過をすでに決めている日本との対戦が決定。28日の準々決勝で激突し、勝利したチームが2019年にポーランドで開催されるU-20ワールドカップの出場権を手にする。日本は25日、グループBの残り1試合であるU-19イラク代表との対戦を経て、ジャカルタでのインドネシアとの大一番に向かう。

Read more
バイエルン、仏代表MFフェキルへの関心継続…移籍金は78億円以上か

  バイエルンが、リヨンに所属するフランス代表MFナビル・フェキルの獲得を狙っているようだ。ドイツ誌『kicker』日本語版が22日に報じている。 以前からフェキルへの関心を報じられていたバイエルンだが、獲得の意向に変化はないようだ。報道によると、バイエルンは今月2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)第2節のリヨンvsシャフタールにスカウトを派遣。フェキルの視察をした模様だ。 現在25歳のフェキルはリヨンで公式戦40試合に出場し、23得点8アシストを記録。トップ下でのプレーを最も好むが、右ウイングやトップでもプレーできる。高いテクニックを誇るレフティーで、フィジカルでの強さを活かしたキープ力も併せ持つ選手だ。2018 FIFAワールドカップ ロシアのフランス代表メンバーにも名を連ね、決勝のピッチにも立った。 なお、フェキルの市場価格は6000万(約77億7000万円)~7000万ユーロ(約90億7000万円)と推定されている。今夏にはリヴァプール移籍に迫り、5年契約で合意したとの報道もあったが、最終的にはリヨンが破談を発表。同クラブでのプレーを続けることとなった。 果たして、バイエルン加入は実現するだろうか。

Read more
「サッカー選手は半裸、女性の観戦は罪」イラン検事総長

  「半裸の男性がサッカーをする姿を、女性がスタジアムで観戦するのは罪だ」。イランで、イスラム教に厳格な保守強硬派が率いる司法府の検事総長の発言が、波紋を呼んでいる。保守強硬派内からも反対意見が出たほか、ネット上でも批判の意見が相次いでいる。 16日にテヘランで開かれたイラン代表とボリビア代表のサッカーの親善試合を観戦するイラン人の女性=AP イランメディアによると、発端は16日にあったイラン代表とボリビア代表のサッカーの親善試合。代表チーム関係者の女性ら約100人がテヘラン市内のスタジアムに招待され、試合を観戦した。これに対し、最高指導者ハメネイ師の影響下にある保守強硬派が猛反発。モンタゼリ検事総長が「女性の観戦が続くようなら、検察が介入する」と実力行使に出る構えを見せた。 イランでは1979年のイスラム革命を受けて、人気のある男性スポーツを女性が競技場で観戦することができなくなった。禁止する法律はないが、痴漢や暴力を受けるのを防ぐための措置とされている。 だが、政府は6月のワールドカップで、イラン代表の試合のパブリックビューイングのためにスタジアムへの女性の入場を容認。男子サッカーはイランで男女を問わず人気スポーツでもあり、女性の観戦解禁への機運が高まっていた。 検事総長の発言には、同じ保守強硬派からも反対意見が続出。地元メディアなどによると、ハメネイ師が指名する国営放送の前総裁も「サッカー選手は半裸などでない。適切な娯楽のない女性の邪魔をしてはならない」と批判。ネット上でも、「サッカー選手が半裸というなら、テレビで見ても罪になるのか」などといった意見が相次いでいる。

Read more
日本サッカーを変える存在!? J1に君臨する「有名外国籍スター5人衆」に海外注目

  J1得点ランクトップのジョー、イバルボ、ポドルスキとビッグネームがズラリ 元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)の加入で、Jリーグは例年以上に盛り上がりを見せている。衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は「J1リーグで有名な5人のスター」と題し、日本のトップリーグで活躍する外国籍選手を紹介している。 J1はアジアサッカー界で最も成功しているリーグの一つに挙げられるが、近年は外国籍のスーパースターが不在だった。しかし、その状況は改善されつつあると海外メディアにも認識されているようだ。記事では、5人の選手に言及している。 最初に登場したのは、名古屋グランパスの元ブラジル代表FWジョーだ。プレミアリーグの強豪マンチェスター・シティでのプレー経験もあるストライカーは、ブラジルやUAE、中国を渡り歩き、今季鳴り物入りでJリーグ入り。開幕直後は2017年のブラジルリーグ得点王(18ゴール)の実力を発揮できなかったが、8月1日のリーグ第19節ベガルタ仙台戦(2-1)から4試合連続を含む9試合14ゴールと荒稼ぎし、現在サンフレッチェ広島のFWパトリックと並んで得点ランキングトップ(20ゴール)に立っている。 元コロンビア代表でセリエAカリアリなどでプレーをした経験を持つサガン鳥栖のFWビクトル・イバルボ、バイエルンやアーセナル、インテルなど欧州の名門クラブを渡り歩いてきたヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキも触れられているが、やはり注目は元スペイン代表の二人だろう。 「最も偉大なミッドフィルダーの一人」であるイニエスタは最終盤も魔法を見せるか トーレスはチェルシー時代にUEFAチャンピオンズリーグ優勝を経験しており、国際舞台ではFIFAワールドカップ(W杯)と欧州選手権を制覇。スペイン代表通算110試合38ゴールで歴代9位の得点数を記録している。鳥栖ではまだリーグ戦1得点にとどまっているが、リーグ下位に沈むチームを救う活躍に期待したいところだ。 そして、最後に「最も偉大なミッドフィルダーの一人」と紹介されているのがイニエスタだ。バルセロナ一筋16年で公式戦通算674試合に出場。タイトルを30個も獲得するなど、欧州屈指の名プレーヤーとして世界に名を馳せる。FIFA(国際サッカー連盟)年間ベストイレブンの9年連続選出は、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)を凌ぐ。神戸では華麗なテクニックで会場を沸かせ、ここまで2ゴールも記録。シーズン最終盤もピッチで魔法を見せてくれるはずだ。 Jリーグは外国人スーパースターの来訪で多くの影響を受けており、来年はさらなるビッグネームが来ることにもつながるかもしれない。

Read more
コスタリカ戦速報(5) 南野の代表初ゴールで追加点

  後半15分には、中島のパスを小林がワンタッチでゴール前に出し、抜け出した堂安がGKと1対1になったが、セーブされて代表初ゴールにはならなかった。 後半19分にも、堂安が自ら持ち込み南野とのワンツーで追加点を狙ったが、 攻撃の手を緩めず、後半21分にはゴール前で細かいパスをつなぎ、最後は南野が左足で代表初ゴール。追加点を奪った。

Read more
本田圭佑、豪最高年俸でメルボルンV決定

  日本代表MF本田圭佑(32)の新天地がオーストラリアリーグ1部のメルボルンV(ビクトリー)に決定した。6日、同クラブが発表した。2012年から2年間シドニーFCでプレーした元イタリア代表FWデルピエロを上回り、同リーグ過去最高額とみられる年俸290万豪ドル(約2億3780万円)で1年契約を締結。オーバーエージ(OA)での東京五輪出場を目指し、自身5か国目の海外リーグで鍛錬を積む。 本田は地元メディアの取材に英語で応じ「新しい挑戦が本当に好きだ。可能な限り早くプレーできることを楽しみにしている」と意欲を語った。オランダ、ロシア、イタリア、メキシコに続き、5か国目の海外リーグ挑戦となる。 W杯の約1週間後に獲得の打診を受け、交渉を続けてきたという。オーストラリアリーグは各クラブの戦力均衡をはかるため「サラリーキャップ制」を導入。チーム全員の年俸合計が210万豪ドル(約1億7200万円)以下に制限されているが、本田は各クラブ1人に認められている例外選手「マーキープレーヤー」として年俸290万豪ドル(約2億3780万円)で契約した。12~14年にシドニーFCでプレーした元イタリア代表FWデルピエロの200万豪ドル(当時約1億6000万円)をも上回る破格の待遇だ。 本田はクラブの公式ツイッターにビデオメッセージを公開。「僕の仕事はこのチームを勝たせること、自信はあります。チームに貢献できることは全てやります」と意気込みを語った。 10・20開幕戦「自信はある」 ロシアW杯限りでの日本代表引退の意向を示していた本田は、2日に出演したインターネットテレビ番組「Abema Prime」で「2年後の東京五輪を目指して現役を続けようと思う。あと2年、がっつり自分を鍛え直す」とオーバーエージとして34歳で迎える東京五輪出場を目指すことを公言した。今季のリーグ戦開幕は10月20日に本拠で行われるメルボルンCとのダービーマッチ。新たな目標に向かい、南半球の地を踏む。 ◆メルボルンV オーストラリア第2の都市メルボルンに本拠を置く。2004年創設。リーグ戦3度の優勝を誇る強豪クラブ。今季のACLでは1次リーグF組でJ1川崎に勝利。5万人以上収容のエティハド競技場などを使用。同都市のメルボルンCとはライバル関係。過去にはGKランゲラク、DFミリガン、MFキューウェル、FWクルーズら豪州代表勢が在籍。

Read more
植田移籍の鹿島、鳥栖DFチョン・スンヒョンを獲得…W杯出場の韓国代表

  サガン鳥栖に所属する韓国代表DFチョン・スンヒョンが、鹿島アントラーズへ完全移籍で加入することが決まった。24日に両クラブが発表している。 チョン・スンヒョンは1994年生まれの24歳。2015年から蔚山現代でプレーし、2017年8月に鳥栖へ完全移籍で加入した。昨季は明治安田生命J1リーグで16試合出場1得点を記録。今季は第17節終了時点で11試合に出場し、1得点を挙げている。2016年のリオデジャネイロ・オリンピックに出場し、昨年9月には韓国代表に初招集。2018 FIFAワールドカップ ロシアのメンバーにも名を連ねた。 移籍にあたり、チョン・スンヒョンは鳥栖に対して以下のようにコメントしている。 「サガン鳥栖ファン、サポーターの皆さんこんにちは。この度、鹿島アントラーズへ移籍する事になりました。昨年夏にサガン鳥栖に来て、竹原社長はじめクラブスタッフの皆さん、監督、コーチングスタッフの皆さん、チームメイトのみんなに助けられ、苦しい時もありましたが、本当に充実した1年を過ごすことができました。サガン鳥栖に来て初めて韓国A代表に選ばれ、W杯メンバーにまで選ばれることもできました。本当に自分を成長させてくれたサガン鳥栖に感謝しています。ここでの経験を糧に、さらに大きな選手になれるよう頑張ってきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。サガン鳥栖ファイティン!サランハンミダ!」 また移籍先の鹿島に対しては、以下のようにメッセージを寄せている。 「鹿島アントラーズに加入することになったチョン スンヒョンです。アントラーズは、Jリーグで一番の名門クラブだと思いますし、最高のチームに来られたことに感謝しています。チームの名を汚さないよう、優勝するため最善を尽くしたいと思いますので、応援よろしくお願いします」 鹿島は今月12日、日本代表DF植田直通がベルギー1部のセルクル・ブルージュKSVへ完全移籍で加入することが決定。センターバック陣の補強として、チョン・スンヒョンの獲得に成功した。

Read more
Page 1 of 10 1 2 10

Translate

Popular Post

は世界最高のものですが、日本のクラフトビールはどうですか?

2014年、日本は、世界的に有名なジム・マレーが「ワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤー」を選んだとき、世界を驚かせました。 100 「信じられないほどの天才」と彼は書いた。 "現時点ではスコッチがどこにも近づくことができないシングルモルト。" それ以来、日本は独立したウイスキーシーンの最愛の人であるニッカ、サントリー、キリン、秩父のような住宅に賞賛を集めてウイスキーの世界を席巻しました。しかし、ウイスキーを持っているすべての才能のために、日本人はまだ別の西洋の飲み物を習得していません:クラフトビール。 ニセコを拠点とするBar Gyu +と夫の渡辺久の共同所有者であるIoanna Morelliは、次のように述べています。 「日本は夏の間は暑い国であり、朝日やキリンのような主要なプレーヤーは本当に人気がある「スーパーコールド」または「サブ0」ピルスナーを持っています。」 ここ数年で、一握りの日本の工芸品醸造所が全国各地にオープンし、成功の度合いはさまざまです。 「良いビール醸造所は本当に素晴らしい」とビールとワインバーのオーナー、オーストラリアのミックニッポン氏はニセコでも言った。 「悪い人はただひどいのです」 問題の一部は日本の自家製の醸造文化の欠如から生じています。アラバマ州とミシシッピ州は2013年まで合法化していませんでしたが、大多数の州では、自家醸造は1978年に合法化されました。免責 この法律は、さまざまな種類の酵母を専門とするホップファーム、モルトハウス、および実験室に対する需要を生み出し、また、いつの日かは活況を呈している産業を支える強力な知識基盤を生み出しました。それとは対照的に、日本では、1%を超える自家製ビールは違法です。地元の人々は、彼らが大声で宣伝しない限り誰も気にしないと言いますが、合法的な赤字は自家製の醸造コミュニティが小さいままでいることを保証します。 今日、日本の自家醸造業界は主に外国で技術を学び、自分たちの機器を日本に持ち込む外国人によって運営されています。彼らが去るとき、彼らはしばしば他の元パットまたは地元の人々に彼らの機器を売る。 クラフトビールバーMikkeller TokyoのオーナーであるHamilton Shieldsは、ニセコのMick's Placeで夏を過ごしました。...

Read more