韓国との軍事情報共有協定が破棄されたら,どんな問題が起きるのか

  日本政府が韓国をホワイト国(輸出優遇国)から除外した件への報復として、韓国が日本との「軍事情報包括保護協定(GSOMIA、読みはジーソミア)」の破棄をチラつかせていた問題で、アメリカが両国の仲介に動いている。 8月9日には、訪韓中のエスパー国防長官が文在寅大統領と会談し、GSOMIAの延長を働きかけたようだ。しかし、その前の鄭景斗・国防部長官との会談では韓国側が難色を示し、延長に否定的な姿勢を見せたとされる。 GSOMIAの自動延長の期限は8月24日だが、破棄のような事態は本当に起こりうるのか、その行方はまだ不透明だ。 では、仮に韓国の拒否でGSOMIAが破棄された場合、どういった問題が起こるのか。 そもそも「GSOMIA」とは何か 世界の国々はいずれも、自国の安全保障にとって脅威となる国やテロ組織などに関する軍事的な情報を集めている。 しかし例えば、同じ脅威にさらされている国同士であれば、互いの持つ情報を教え合うことで、それぞれの安全保障を強化することができる。あるいは、共同で脅威に対処できれば、さらに有利になるだろう。 しかし、相手国に渡した情報を 外部に漏らされる ようなこと があっ ては困る。そのため、秘密指 定の軍 事情報については しっかり と秘匿し、外部に漏 らさない 措置を とる ことを、互いに約 束す る必要 がある。そこで結ば れるのがGSOMIAだ。 GSOMIA自体は、共有する情報の レベルを決めるも ので...

Read more
英首相 「合意なし離脱へ準備は順調」  自由な移動は制限へ

  イギリスが 合意 なしブレ  グジット(EUからの離脱)となっ た場合、イギリ スが食 料や医 薬品不 足に 陥り、流通が数 カ月間混 乱すると の政府予 測が 明ら かに なる中、ボリス・ジョンソン英首相は19日、合意な しの離脱準 備を着々と進 めてい ると述 べた。 ジョンソ ン政権 はまた、合意なしブ レグジッ トと...

Read more
【解説】 香港デモ:中国本土ではどう報じられている?

  犯罪容疑者の中国本土引渡しを可能にする「逃亡犯条例」改定案への抗議が開始して以降、香港は国際社会からの注目を集めている。一方で、中国本土では、抗議デモに関するニュースが取り上げられるまでにはしばらく時間がかかった。さらに、国民に伝えられる内容は厳選されており、時には誤解を招くものとなっている。 中国国営メディアは、デモ参加者について、国外の政権によって企てられたもので、地元の人々から嫌われている、分離主義者による小規模で暴力的な集団にすぎないとはねつけている。 ここ数日の間、国営メディアは、香港の空港で参加者に殴られた本土のジャーナリストを英雄に仕立て上げるなど、最も暴力的な衝突の瞬間の映像を集中的に報じている。 中国本土で、どのような報道が展開されているかを、以下にまとめた。 規制された報道 中国語で「香港」をググると、最初の検索結果には、BBCやニューヨーク・タイムズなどの西側メディアや、国営の中国中央テレビ(CCTV)による報道に関連した、「香港デモ」が表示される。 しかし、中国国内でのグーグルへのアクセスはブロックされている。 当局によるフィルターがかけられた、国内で最も利用されている検索エンジン「百度(バイドゥ)」で検索してみると、「香港発着便が通常運行を再開」や「香港で最近何が起きているのか」といった結果が表示される。 こうした検索結果が、国外勢力が内政干渉すべきではないとの駐英中国大使の発言や、デモ参加者の座り込みによる空港の麻痺で生じた損失へとつながった。 「百度(バイドゥ)」で「香港」を検索すると、「香港発着便が通常運行を再開」や「香港で最近何が起きているのか」といった結果が表示される 6月9日に初めて抗議行動が勃発した際には、中国政府によって厳しく規制されている国営メディアは、政府支持者らによる集会や、「国外政権による干渉」を非難する報道を除き、沈黙を続けた。 国家主義的な中国紙・環球時報(グローバル・タイムス)のある見出しは、「香港の保護者らが、米国の干渉に抗議する行進を行なった」となっていた。 7月1日夜に、デモ参加者が立法会(議会)の庁舎内に突入し、占拠すると、国営メディアがデモについて初めて報じた。 国営・新華社通信は、香港にある中国政府の出先機関「香港連絡弁公室」の発言を引用し、「衝撃的で、悲惨で腹立たしい大量破壊をもたらした、不法行為」を批判した。 7月29日に、香港連絡弁公室がデモ参加者によって包囲されたことを受け、国営メディアは再びデモについて報じた。 中国政府は表向きには、衝突や暴徒、暴動といった言葉を用いて、暴力行為を強調し、本土の人々の怒りをあおっている。 この1週間では、デモ参加者が火炎瓶を投げつけ、警察官にけがを負わせたことばかりが報じられている。 香港メディアが大いに注目しているのは、今月11日の警察との衝突で、目から出血した女性抗議者のことだ。 11日の衝突で目にけがを負った女性にならい、参加者は抗議の象徴として目に包帯を巻いた...

Read more
文氏、対立激化避ける思惑 「光復節」演説 経済、安保に危機感

  韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領 が15日の「光復節」の式典で 行っ た演説で、安倍 晋三 政権との 対話や協力姿勢 を打ち出した 背景には、元徴用 工訴訟 問題の対 立が輸 出規制を 巡る経 済不安に 波及し、安全  保障面 でも米国 を含む 同盟関係 が揺るぎか ねな い状況 への 強い危機感 がう かが...

Read more
韓国の半導体産業、世界の供給網への影響も“空騒ぎ”

  「韓国に対する 輸出規 制発動」に関 する 問題で、新たな動 きがあった。かつて経済産業省貿易管理部長としてこれらの問題に対応してきた細川昌彦氏は、「韓国の半導体産業に大打撃」、「世界の供給網に影響を与える」といった見方は不安を煽り過ぎだと指摘する。8月12日、韓国が日本を輸出管理の優遇対象国から除外を決定した件についても実態上の影響はほとんどないと細川氏はみる。 8月8日、半導体材料3品目の個別許可後、最初の許可が下りたとの発表があった。 世耕 通産相は「この措置 が禁 輸 ではない ことを示す ために 公表 した」と言う。識者は「韓国 の半導体 産業への影 響は もう少 し見定 めない とわか らない」ともっともら しくコメ ント するが、実は見定...

Read more
米移民捜査当局、工場で一斉摘発の680人のうち300人を釈放

  ICEは7日にミシシッ ピ州各地 の食品 加工工場 を立入 捜査し、適切な 入国許可 を持た ないと して労働 者約680人を検 挙した。 メキシコとの国 境で多く の不法移 民が拘 束され、子供た ちが親と別 に収容され ている問題を 批判し ている野党・民主党は、今回の一斉摘 発でも同じ 問題が 繰り返 される と非...

Read more
イギリスで下院議員への脅迫や攻撃が急増、BBC独自調査

  イギリスで、下院議員に対する脅迫や攻撃的言動が問題となっている。BBCの取材では、首のない遺体の写真が送られてきた、盗撮された、玄関の扉に犬のふんを塗りたくられたなどの証言があった。 スコットランド国民党(SNP)のリサ・キャメロン議員は、子どもたちが庭で安心して遊べるようセキュリティー強化を余儀なくなされた。 保守党のスコット・マン議員は、事務所に釘爆弾を送りつけると脅迫されたという。 リンジー・ホイル下院副議長(労働党)は、安全への不安から次の選挙には出馬しないと、一部の議員から相談されたと明らかにした。 BBCは5~7月に全下院議員650人に書面および電話でアンケート調査を行い、172人から回答を得た。 このうち139人が、自分自身やスタッフが過去1年の間に何らかの攻撃を受けたと答えた。また、その60%(108人)が過去12カ月の間に脅迫を受け、警察に相談したと述べた。 一方、BBCニュースが英シェフィールド大学に依頼して行った別の調査では、ツイッター上での議員に対する攻撃の実態が明らかになった。 この調査で明らかになった点は以下の通り――。 攻撃的言動は、欧州連合(EU)離脱をめぐる出来事や、IS(イスラム国)に参加したイギリス人少女の赤ちゃんが死亡した際など、何らかの事件をきっかけに増える傾向にある 今年に入り最も多くの攻撃ツイートを受け取ったのは労働党のデイヴィッド・ラミー議員 平均すると、女性議員より男性議員の方がはるかに攻撃を受けやすい 保守党と労働党では、保守党所属議員の方が攻撃を受ける率が大幅に高かった 攻撃ツイートは性差別的な内容が最も多く、同性愛嫌悪や人種差別よりも多かった 家族が「危険にさらされた」 BBCの調査では、所属党やブレグジット(イギリスのEU離脱)の方針などが異なるさまざまな議員が、脅迫を受けた経験を語った。 キャメロン議員が2015 年に当 選すると、すぐに殺人予告 と首を 切られた死 体の写 真が送ら れてきた という。 警察に相談した 結果、キャメロン 議員は...

Read more
Page 1 of 59 1 2 59

Translate

Popular Post

韓国との軍事情報共有協定が破棄されたら,どんな問題が起きるのか

  日本政府が韓国をホワイト国(輸出優遇国)から除外した件への報復として、韓国が日本との「軍事情報包括保護協定(GSOMIA、読みはジーソミア)」の破棄をチラつかせていた問題で、アメリカが両国の仲介に動いている。 8月9日には、訪韓中のエスパー国防長官が文在寅大統領と会談し、GSOMIAの延長を働きかけたようだ。しかし、その前の鄭景斗・国防部長官との会談では韓国側が難色を示し、延長に否定的な姿勢を見せたとされる。 GSOMIAの自動延長の期限は8月24日だが、破棄のような事態は本当に起こりうるのか、その行方はまだ不透明だ。 では、仮に韓国の拒否でGSOMIAが破棄された場合、どういった問題が起こるのか。 そもそも「GSOMIA」とは何か 世界の国々はいずれも、自国の安全保障にとって脅威となる国やテロ組織などに関する軍事的な情報を集めている。 しかし例えば、同じ脅威にさらされている国同士であれば、互いの持つ情報を教え合うことで、それぞれの安全保障を強化することができる。あるいは、共同で脅威に対処できれば、さらに有利になるだろう。 しかし、相手国に渡した情報を 外部に漏らされる ようなこと があっ ては困る。そのため、秘密指 定の軍 事情報については しっかり と秘匿し、外部に漏 らさない 措置を とる...

Read more