国際セキュリティー

安倍首相は、地域の緊張を和らげるよう、ルーアニに強く訴える

  日本の首相はテヘランに調停任務を行っています。安倍晋三は、イランが世界の大国との間で打った2015年の核取引から米国が撤退したことによって引き起こされた地域間の緊張を解消することを望んでいる。 安倍首相はイラン大統領にこの合意に固執するよう求めた。 ハッサン・ルーアニは、テヘランに対する制裁を解除するようワシントンに要求した。 「イランと日本はこの地域の平和について共通の見解と関心を共有していることを私たちは理解しています。アメリカや他の国との戦争をしたくないのです。しかしそのような意図はありません。この地域での摩擦の主な原因は、イランの人々に対するアメリカの経済戦争であり、アメリカはイランの人々に対して深刻な制裁を課している。やめて、この地域だけでなく世界にもポジティブな何かが起こるでしょう。」 Rouhaniは、彼が日本の核取引に対する支援を高く評価すると言います。彼は、彼が安倍イランが合意を維持しても構わないと思っていると言ったと言います。 日本の首相は、紛争が偶然に起こる危険性を指摘した。 安倍首相は「中東では緊張が高まっている。一部の専門家は、偶然の紛争が起こる可能性があると言っている。しかし、いかなる場合でも軍事的衝突は避けなければならない。日本は緊張を和らげるために全力を尽くします。 最近の緊張が高まっている中、この地域のさらなる不安定化を防ぎ、偶然の衝突を防ぐためには、イランが中東の平和と安全を強化する上で建設的な役割を果たすことが不可欠です。我々は、イランと国際原子力機関との継続的な協力を高く評価する。我々は、イランが核兵器取引を遵守し続けることを願っています。」 安倍首相は、40年以上に渡ってイランを訪問した最初の日本の首相である。彼は木曜日に最高指導者Ayatollah Ali Khameneiと会うでしょう。 昨年、ワシントンはイランの核合意から撤退し、同国に対する制裁を強化した。 テヘランは、それがアナウンスの順守を縮小していると発表して反論した。 ワシントンが中東に空母ストライキグループを派遣したとき、緊張が高まった。 米大統領ドナルド・トランプ氏は先月の東京訪問中に安倍首相がイランを訪問する計画を支持した。 トランプ氏は、イランは話をしたいと考えており、彼はその考えにオープンであると語った。

Read more
麻生、金融庁の年金報告書を殺す

  麻生太郎財務相は6月11日、高齢者のカップルが生き残るためには相当の命を救う必要があるという主張をめぐる国民の大きな不安を引き起こした年金に関する報告を撤回することを金融庁に指示すると述べた。 野党は、国会での議論で、典型的な高齢の日本のカップルが、退職後の生活を終わらせるためにさらに2,000万円(184,175米ドル)の貯蓄を必要とするという認定に焦点を当てた。 麻生氏は、来月末に予定されている参議院選挙でFSAの報告が大きな問題になるのを避けたいと考えていたようです。 報告書はまた、与党自民党内の批判を生み出した。 FSAを監督している麻生は6月11日の記者会見で次のように述べた。「(この報告は)国民の間で非常に大きな不安を引き起こしたし、政府の方針とも異なるものである。 " 麻生はFSA報告書の文言を「非常に不適切」と呼んだ。 この報告書の目的の1つは、政府がさらに100年間持続可能であると政府が保証しているにもかかわらず、より高い平均寿命が年金支払いに圧力をかけているため、公衆に資産の使用を拡大することを促すことでした。 レポートに含まれている1つの計算は、働いておらず年金に頼っていた仮想のカップルを中心としていた。 レポートによると、65歳以上の夫と60歳以上の妻は、生活費で毎月約5万円の「赤字」を被るだろう。夫婦が20年から30年生き残った場合、赤字を補うために必要な総額は1300万円から2000万円になるでしょう。

Read more
安倍首相はイラン訪問に着手

  安倍晋三首相が水曜日からイランを訪問し、ハッサン・ルーハニ大統領と最高指導者のアヤトラ・アリ・ハメネイに会う。 イランと米国の間の亀裂によって引き起こされた中東の緊張が高まったときに、安倍首相はテヘランの2人のイラン指導者に会う予定だ。 彼はイスラム革命の直前に福田武雄が国を訪問した1978年以来、イランを訪問する最初の日本の首相になるでしょう。 今年は、両国間の外交関係の樹立90周年を迎えます。 安倍首相は、人と人との交流や技術協力を通じて、国の長年の友情をさらに発展させるという決意を強調する意向である。 彼はまた、イランの指導者たちに、中東における平和と安定がエネルギー資源を地域に大きく依存している日本にとって極めて重要であると語ることを期待されています。 安倍首相は、ワシントンとの対話など、米国との緊張を緩和するための建設的な対応を促すことを計画している。彼はまた、2015年の核協定を支持し、着実に実行するよう彼らに求めるでしょう。 しかし、イランは、米国による新たな制裁に抗議するために協定の遵守を部分的に撤回すると発表した。 イランとサウジアラビア、イスラエルとの関係も冷え込んでおり、行き詰まりを打破することはより困難になっています。

Read more
安倍は日本の年金制度を守る

  安倍晋三首相は、政府のパネルレポートが、退職後の生活には約2,000万円、つまり約19万ドルが必要だと述べた後、日本の公的年金制度の信頼性を擁護した。同氏は、報告書の文言は不正確であり、誤解を招いていると述べた。 安倍首相は月曜日の国会委員会で金融庁の委員会がまとめた報告について語っていた。 報告書によると、収入が主に年金の支払いである老夫婦の世帯は、30年間で合計金額を必要とし、そのお金は自分の貯蓄から来るに違いないと述べました。 野党陣営は、政府が年金制度を今後100年間安全にすると主張していることは嘘であると人々が発見したことを示した。 安倍首相は、今年度の年金額が0.1%増加したと回答し、これは現在の受給者と将来の世代の両方に利益をもたらした。彼は、公的年金制度がより信頼できるものになったと信じていると強調した。 副総理大臣と麻生太郎財務相は、彼がレポートの紹介を読んだが、その全体の内容ではないと述べた。同氏は、この報告書が高齢者の財政について、貯蓄や退職金を利用していることに言及せずに話したのは不適切であると述べた。彼はこれが大衆の間で誤解と不安を引き起こしたと付け加えました。

Read more
米軍は、公共政策において銃器を使用していない

  先月、公に武装した警備員をめぐる騒動の後、日本の米軍のすべての支部は、武器の持ち運びに関する日本の法律を厳守するよう、軍当局から指示されました。 この叙述は、陸軍、海軍、空軍および海兵隊の指揮センターに適用される。 長崎県の海軍施設である米艦隊活動佐世保の警備員が銃を持って基地外を歩いた後、5月に命令が発令されたことを政府は米軍から通知された。 日米軍の地位協定は、米軍基地の日本人労働者が軍施設内でのみ銃器を携行することを義務付けている。 基地の外でそうすることは日本の銃器と刀剣規制法の違反を構成します。 それが政府に連絡したとき、米軍は、日本の警備員が米国の軍事施設の外で銃器を運ぶことを固く禁じられると言いました、と外務省は言いました。 米国側はまた、この事件はその側の誤解が原因で発生したものであり、基地の状況は米軍の指示により修正されたと述べた。 5月2日から5月10日の間に、約10人の日本の武装警備隊が幅約10メートルの公道を横断して別の軍事施設に到着しました。 5月7日に日本の当局がこの問題について知ったので、そのようなことをし続け、すぐに米軍の日本軍に停止するよう要請した。 岩屋武国防相は、事件が発生したことを遺憾に表明した。 「(米軍基地外での銃器の持ち運びも)米軍の内部規則によっても禁止されている」と彼は述べた。 警備員の一人は、野外で武装したまま歩くと日本の法律だけでなくSOFAの侵害にもなりかねないとの懸念を表明していたが、上司は米国の隊員である。

Read more
安倍首相、外交アメリカ合衆国に加盟

  安倍晋三首相は、今年の夏の参議院選挙に先立って、外交のポイントを獲得している。月曜日の日米首脳会談で、彼はテヘラン訪問と拉致問題に関する全面的な協力のためのドナルドトランプ大統領の理解を確保した。しかし、まだ取り組むべき課題があります。 トランプ首脳会談の冒頭でトランプ首相は、「首相がイランの指導者と緊密に連携していることを知っている」と述べた。 "私はイランが話をしたいと思います。" トランプが日本の指導者のイラン訪問を望んでいると表明したとき、安倍首相は満足しているように見え、ゆっくりとうなずいた。政府は6月12〜14日に訪問が行われることを目指しています。 政府は、イランのモハマド・ジャバド・ザリフ外相が訪日した5月16日以来、首相のイラン訪問を調整するために取り組んできました。しかし、政府はトランプが計画を支持するかどうかわからなかったので、安倍首相によるイラン訪問の可能性を議論することについてギャグ命令を出し、記者団に尋ねられた時に計画を繰り返し否定した。安倍首相がトランプ氏と直接話し合った前にメディアがこの訪問を報じた場合、政府はワシントンからの反発を恐れた。 安倍首相はゴルフと相撲を観戦中の日曜日にイランがトランプを訪問したことを説明した。首相が大統領と密接に連携していることが米国の支持を確保するのに役立ったと信じる人々もいたが、中には救済が政府内に広まった。 選挙について 安倍首相は、昨年11月の日露首脳会談以来、モスクワとの和平協議の進展に向けて努力しており、今夏の参議院選挙での外交的成果の一つとして迎えようとしている。しかし、日本とロシアは、交渉の主要議題である北方領土問題をめぐる対立を続けており、交渉の結論付けの見通しは不明のままです。 月曜日に東京の赤坂エリアにあるステートゲストハウスで首脳会談が始まると、安倍晋三首相とドナルドトランプ大統領が握手をした。 しかし、日本が世界の注目の焦点であるイランに関連する問題に対する緊張を和らげるのに役立つ結果を達成するならば、首相は20の主要首脳会談の前に国際社会に彼の外交的な影響力を示すことができる政府の情報筋は、安倍首相の意図について語った。 拉致問題についての視線 安倍首相はまた、朝鮮民主主義人民共和国による日本国民の拉致問題についてのトランプからの望ましい対応を確保した。 首脳会談後、大統領は拉致被害者の家族と面会した。 「拉致問題は私の頭の中にあることを私はあなたに言うことができます、そしてそれがあなたの首相の主な目標であることを確かにあなたに言うこともできます」とトランプは会議で言いました。 首脳会談では、トランプ氏は、安倍首相と朝鮮民主主義人民共和国の金正日議長との間の日朝首脳会談を実現したいという安倍首相の願いを全面的に支持した。 トランプ氏は、昨年6月と今年2月の米韓首脳会談で、拉致問題を3回提起した。 「安倍首相は、日韓首脳会談の道を切り開くために、第3回の日米首脳会談を実現したいのであれば、平壌が拉致問題を回避できなくなるような環境を作りたかった」外務省職員は言った。 月曜日の首脳会談で、安倍首相は東京とワシントンが拉致問題に協力していることを強く伝え、彼の計画は意図したとおりに進んでいることを示した。 安倍首相はまた、米国とイランとの間の対話を仲介することを支援することを申し出た。 しかし、安倍首相の外交戦略が実を結ぶかどうかは定かではない。 イランに関しては、トランプ政権は核取引を非難し、日本とは異なる立場をとります。 月曜日の記者会見で、トランプ氏は北朝鮮による5月9日の短距離弾道ミサイル発射が国連安保理の決議に違反したかどうか尋ねられた。彼は「私はそれを違った見方をしている」と答え、阿部との意見の相違を明らかにした。 貿易交渉のギャップ 日米両国はいまだに新たな二国間貿易交渉の大きな問題に直面している。 首脳会談の初めに、トランプ氏は8月に会談を終結させることができると示唆し、早い時期に合意に達する意欲を示したが、安倍首相選挙に影響を与える結果を回避したい安倍氏に夏。 しかし、両国は非常に異なる目的を持っており、3ヶ月の間にどれだけうまくいくかは不明です。 日本政府関係者によると、東京はトランプ氏の次のステップに警戒しており、次のように付け加えている。...

Read more
阿部、日本の駆逐艦に乗るトランプ

  安倍晋三首相と米大統領ドナルド・トランプが、米国大統領の訪日の最終日である火曜日に日本の駆逐艦に搭乗する。 安倍首相は東京近郊の横須賀の基地を訪問し、海上自衛隊最大の駆逐艦加賀に搭乗する。 東京はF-35Bステルス戦闘機を運ぶことができる空母として効果的に機能することができるように船を改装することを計画しています。トランプはどうやら日本にF-35Bや他のハードウェアを購入させたいと思っています。 駆逐艦を見た後、トランプは米海軍の水陸両用強襲艦であるUSS Waspにヘリコプターを運びます。それは近くに固定されています。そこでは、彼は米国の兵士に演説をするでしょう。 スピーチの中で、トランプ氏はこの地域で紛争を回避することの重要性を強調することが期待されています。 トランプ氏は月曜日の記者会見で、日米同盟の強さを世界に示すために望んでいると述べた。 トランプは火曜日の午後日本を離れる予定です。

Read more
トランプは日本の新しい皇帝に会う最初の国家元首です

  アメリカのドナルド・トランプ大統領は月曜日に皇居で燃えるような暑い太陽の下で歴史を築き、日本の新しい皇帝と出会う最初の世界的リーダーとなった。 5月1日、成仁天皇は王座に昇り、麗和の時代、すなわち「美しい調和」を開いた。トランプの「ステートコール」は、Naruhitoと彼の妻、Empress Masakoからの握手と挨拶で始まりました。 大統領は、4日間の州訪問をしており、威厳と軽蔑に満ちた屋外の歓迎式典で注目を集めました。両国の国歌が演奏されたため、夫婦たちは盛り上がったプラットフォームの上に立った。 トランプはそれから一人でレッドカーペットの下を歩いて、軍のバンドを聞いている別のプラットホームの上に注意を向けました。 それから彼はナルヒトと男性の妻の両方を差し控えながら日本軍を見直すためにレッドカーペットを下り続けた。 トランプはほとんど感情を示さなかったが、熱心にアメリカと日本の旗を振っている学童の近くで手を振った。何人かの子供たちは暑さに苦しんでいて、後で自分の額の上に一杯の水と冷たい湿布を着て座っているのを見られた。 トランプとナルヒトは、みんなが宮殿の中に戻る前に、互いの代表団の役人たちに長い挨拶をしました。 一般の言葉は話されていません。 トランプの次の停留所は、日本の迎賓館である赤坂宮殿で、宮殿の儀式に参加した安倍晋三首相との会談、昼食会談、および共同記者会見です。大統領はまた皇帝が主催する宮殿での皇室の宴会で名誉の客となります。

Read more
トランプとアベはビジネスに取り掛かる

  ゴルフ、相撲、チーズバーガー、炭焼きの肉と野菜の楽しい週末を過ごした後、月曜日にドナルド・トランプ大統領と安倍晋三首相が、北朝鮮との貿易と緊張で議題を突破する予定だ。 トランプが夏のバショーやトーナメントの最終日に優勝した力士に優雅なプレジデントカップを提示するためにスリッパを着用する前に、2人の「ゴルフ仲間」は東京近くのコースでラウンドを楽しんだ。 しかし、月曜日は4日間の国家訪問のより正式なセクションの開始を見ています。トランプが彼の父の歴史的棄権の後、わずか3週間前に菊の王位を奪った日本の新皇帝ナルヒトを訪問したときです。 朝、阿部との会談の1時間前にトランプがナルヒトを訪れ、その日は皇帝との州の宴会で最高潮に達した。 2人の同盟国が直面している2つの主要問題、すなわち貿易と、2月の失敗したハノイ首脳会談と北朝鮮の指導者Kim Jong Unとの間の北朝鮮からの脅威の高まりについて、大統領は失速した。 トランプ氏は、東京での取引から1時間以内に、世界のトップ3と第3の経済大国との間の貿易の不均衡との見方に反し、取引後の関係は「もう少し公正」になると誓いました。 しかし、講座を辞任した直後に、彼は7月に安倍首相が衆議院選挙に直面するまで、その案件の「大部分」が待たれると述べた。

Read more
トランプ氏の来日を警戒中の警察

  警察は土曜日に到着した米国大統領ドナルド・トランプ氏の訪問のために東京などの主要な場所で約25,000人の警官を動員し、警戒警戒を最高レベルに引き上げた。 玲和時代に最初の国賓を迎えるために、陸と海の両方に特別部隊が配置されました。 トランプは、東京の墨田区にある両国国技館のサマーグランド相撲大会の最終日である日曜日に相撲の試合を観戦する予定です。大統領の安全を確保するために警視庁警視官と米国秘密サービス代理人が配置されます。 過去には、元フランス大統領のジャック・シラクとイギリスのチャールズ皇太子が、王室の箱や上の席からの相撲の試合を見ました。 スライド1の1 読売新聞 トランプは、しかし、dohyoリングに近いますすきボックスシートからの行動を見ることを望んでいます。トランプがトーナメントの勝者にカスタムメイドのトロフィーをプレゼントするためにリングに足を踏み入れることも計画されています。 ますすき座席は円錐形の会場の最下部にあり、中央にはドーヨがあります。 「ドーヨーの指輪は四方を囲まれたスリバチ陶器の鉢のようなものなので、彼を守るのは容易ではないだろう」とMPDの高官は述べた。 もし横綱が低級のレスラーに殴られたり、別の動揺が起きた場合、ドヨーを囲む観客はザブトンクッションを指輪に向かって投げつけて興奮を表現する可能性があり、そのため有害な何かが投げられる恐れがあります大統領を攻撃する瞬間。 MPDはあらゆる可能性のある事件に備えており、観客の所持品のチェックを強化し、その他の措置を講じます。 大統領を守るために任命された米国のシークレットサービスのエージェントに加えて、MPDの治安警察官は彼の周囲に配置されます。 考えられるテロ攻撃に備えて、MPDはMPDの緊急対応チーム(ERT)とウォーターフロント対応チーム(WRT)を待機させます。短機関銃を持っているERT将校とジェットスキーとゴムボートを使っているWRT将校は緊急事態に対処する任務を負っています。 ドローンを心配しているMPD MPDは、武器として使用できる無人偵察機について特に心配しています。 例えば、2015年4月には、放射性物質を運んでいるドローンが首相官邸の屋根に着陸しました。そしてベネズエラでは、昨年8月にベネズエラのニコラスマドゥロ大統領が演説を行っている間に爆発物で武装した無人機が発砲し、何人かの兵士が負傷した。 2015年12月に、MPDはネットでドローンを使って空中にある疑わしいドローンを捕らえる新しいユニットを立ち上げました。 4月には、MPDは飛行中の無人偵察機を妨害するレーダー信号妨害装置の使用も開始しました。 スピーチ

Read more
Page 1 of 67 1 2 67

Translate

Popular Post

2018年に日本の山に座礁した記録3,129

  木登りやウォーキングなどの活動でブームが続いている中、記録的な3,129人の人々が昨年の日本の山々に取り残されたと、警察の報道は明らかにした。 事故件数は78件から2,661件に増加しましたが、1961年に比較可能なデータが入手可能になって以来、過去最高を記録しました。 これに対し、警察庁によると、死者や行方不明者の数は12人から342人に減少し、そのうち70%以上が60歳以上であるという。 全体では、50.5%の人が立ち往生し、71.9%の人が死亡したか、まだ行方不明になっていますが、60歳以上でした。 最大の苦痛を抱えているのは70歳以上の人で、698人(22.3%)で、60代の人は692人(22.1%)、50代の人は486人(15.5%)でした。 死者と行方不明者のうち、110、32.2%が70代、101、29.5%、60代、42、12.3%が50代でした。 活動別では、385(12.3%)が野生の野菜やキノコを選んでいました。 報道によると、ゲレンデ外スキーの間に合計111人の海外観光客が立ち往生していた。 都道府県別では、長野が297で最も多く、北海道が201、東京が147となっています。 78.4パーセントのケースで、立ち往生している人々は助けを求めるために携帯電話または他の通信機器を使用しました。 2013年以降、事故の数は毎年2,000件を超え、警察は人々に適切なルートの計画と必要な装備品の装着を促しています。

Read more