2歳の誕生日の前に元気いっぱいのXiang Xiang

  東京の上野動物園は、人気の巨大パンダの水曜日の2回目の誕生日に先立って、月曜日に彼女の屋外の庭で遊んでいる翔翔の様子をメディアに見せました。 Xiang Xiangは月曜日の朝、大雨が降り、泥の中を走り、木の幹の後ろから顔を見せていたので活発だった。 Xiang Xiangは1歳になったとき、母親のShin Shinと同居していましたが、昨年末から台東区の動物園で一人暮らしをしています。 パンダは先週の水曜日の時点で61.6キロの重さで、米とトウモロコシの粉から作られた竹と蒸しパンを食べます、大人のパンダと同じ食事。 東京都は、中国が正式にパンダを所有しているため、生まれてから24か月後に翔翔を中国に帰国させることに同意した。 しかし、中国政府との会談後、双方は2020年12月末までに1年半の期間で彼女の帰国を延期することに合意した。

Read more
阿部、ヤン、西氏の訪日予定について話し合う

  5月16日、日本の最北端北海道北東部の羅臼沖根室海峡で、希少なシャチが撮影されました。 北海道オルカ研究プロジェクト連合(Uni-HORP)によると、日本の近くの海でシロシャチを発見することは非常にまれであり、日本の研究者がそのような写真を撮ったのは初めてでした。シャチは通常、頭の寺院の白い斑点と白い腹部を持つ黒い背中を持っていますが、このクジラの体はほとんどすべて白です。 根室海峡は、ユネスコの世界自然遺産に指定されている知床半島の羅臼町と、ロシアによって効果的に管理されている北方領土を構成する4つの紛争島のうちの1つとの間に位置しています。 午後1時30分ごろ5月16日、研究グループは、ロシアで効果的に支配されている、町の市街地から10km以上離れた海の中で、このような生き物約10匹の鞘の中から白いオスシャチを発見しました。海洋哺乳類を専門とする東海大学の大泉洋教授は、グループがチャーターした船から5キロ以上離れた希少動物の写真を撮影しました。 この研究に参加した北海道大学北方生物圏フィールド科学センターの准教授である三谷洋子氏によると、ロシアの研究者がカムチャッカの東部、コマンダー諸島近くの12匹の動物のさやの中で白いオスシャチを撮影しました。シャチは「アイスバーグ」と愛称で呼ばれていました。 また、2014年には、カムチャッカ半島と北海道の間のクリル諸島沖のポッドの中でシロシャチも撮影されました。

Read more

  日本の捕鯨船は土曜日に来月の商業捕獲のための国際捕鯨委員会からの国の撤退の国の太平洋岸沖の日本の科学的研究と呼ばれるものの最後のラウンドを打ち上げた。 来月末にIWCからの撤退が実施された後、日本はおそらく国の200マイルの排他的経済地帯の水から商業捕鯨を再開する。 彼らは今月末まで営業する予定です。 土曜日の朝、福岡を拠点とする地域密着型WHing協会が主催する4隻の船が八戸港を出発し、8匹のミンククジラを捕まえました。 彼らはすでに4月に捕獲されたものを含む80鯨まで捕獲することを計画しています。 それは将来の商業捕鯨にとって極めて重要な場所になるでしょう。 「調査捕鯨を率いる鯨類研究所の上級科学者、等田達達也氏。

Read more
補償と謝罪を受けるための日本における強制的な滅菌の犠牲

牲者は、今や消滅した優生学の法の下で、ついに彼らの苦しみに対する賠償を申し出られるでしょう。 1948年から1996年の間に、「劣っている」と記載された子供の出産を阻止することを目的とした約16,500人の人々、主に障害のある女性が標的とされた。 生き残った犠牲者は、与党と野党議員の間で合意された法案の下で、すぐに「深い謝罪」と320万円の一括支払い(28,700米ドルまたは21,600ポンド)を受け取り、次の議会に提出される月。 この動きは何年にもわたる怠慢の後の一歩前進として歓迎されていると見られているが、被害者とその支持者たちは救済策は不適切であると述べた。 補償金を求めている数人の被害者を代表する弁護士、新里耕治氏は、次のように述べています。 法案の起草の背後にあるクロスパーティーグループの議長は、被害者は緊急の救済を必要としていると主張した。 「彼らは年を取っているので、私たちは何かより具体的なことを成し遂げることを何よりも望んでいました」と、大辻秀久元大臣は記者団に語った。 毎日新聞によると、彼は、「完璧な解決策が見つかるまで待っていたら、何もしないだろう」と付け加えた。 昨年、被害者がいわゆる「優生保護法」の下で行われた業務に対する補償を求めて日本政府に対する訴訟を提起し始めたことで、訴訟の呼びかけが拡大しました。 1948年から1996年の間に、約2万5千人が法の下で殺菌されました。そのうち16,500人はこの手続きに同意しませんでした。最年少の患者は9歳か10歳でした。症例の約70%が女性または女児に関係していた。 昨年、ガーディアンは、佐藤由美*を含む2人の女性犠牲者の窮状を強調しました。彼女は1972年に滅菌されたとき15歳でした。 佐藤は20代で結婚するように設定されていた、と彼女の義理の姉妹はガーディアンに言った、「しかし、彼女が子供を持つことができないと言ったとき、彼女に提案した人。 公式の記録によると、佐藤は「遺伝的弱気」のために不妊化されていますが、多くの場合、この診断は家族によって論じられています。 当時の16歳の子供が精神障害を持っていると疑われたために1963年に卵管が結ばれた飯塚純子*は、この手技を逆転させることを試みたが不可能だと言われた。 「彼らは私の人生を失いました」と飯塚は昨年の仙台でのイベントで言いました。 まだ裁判所を通って彼らのやり方で働いている補償請求は一般に提案されたパッケージより高い支払いを求めます。 法案の前文には、「私たちは、それぞれの立場から、真剣に私たちの魂を捜し出し、私たちの心から謝罪します」と書かれています。 論説では、日本の朝日新聞は、「被害者に満足のいく救済を提供するという目的には程遠い」として、パッケージを改善するようMPに求めた。紙は優生学の法則は「非常に多くの人々の人権を踏みにじった」と述べ、「悲惨な過去の政策ミス」であると述べた。

Read more
日本は商業捕鯨を再開するためにIWCを辞任することを確認

  日本は30年以上ぶりに商業捕鯨を再開することを確認した後、国際的な非難に直面しています。 政府の最高スポークスマン、スガヨシヒデ氏は、2019年7月に同国の艦隊が商業活動を再開すると発表した。 スガ氏は記者団に対し、同国の艦隊は日本の領海と排他的経済地帯への狩猟を制限し、東京とキャンベラの外交摩擦の主な原因である南洋への物議を醸す年次探検は終了するだろうと語った。 彼は、日本が年末までに正式にその決定をIWCに通知するであろうと言いました、それは撤退が6月30日までに有効になることを意味するでしょう。 その決定は、環境保護論者やイギリスやオーストラリアを含む他の国々からの批判を促しました グリーンピースは、クジラの資源が回復したという日本の見解に異議を唱え、海洋生物は汚染や乱獲によって脅かされていることにも注目した。 グリーンピース・ジャパンのエグゼクティブディレクター、サム・アンズレー氏は声明の中で、「今日の宣言は、私たちの海とこれらの雄大な生き物の未来を守るために必要な保護はもちろんのこと、国際社会とは一線を画している」 「日本政府は商業捕鯨を再開するのではなく、海洋生態系を保護するために緊急に行動しなければならない」 また、批判を避けるために発表の時期を決めたと日本を非難した。 「政府が年末の発表で国際メディアの注目を浴びずにこっそり侵入しようとしているのは明らかだが、世界はこれを現状のままにしている」とAnnesleyは述べた。 「シロナガスクジラ、ナガスクジラ、ナガスクジラなどのより大型のクジラを含む、ほとんどのクジラ個体群はまだ回復していません。」 バックベンチ保守派のMPと元外相秘書のボリス・ジョンソンは、日本の決定は「ぞっとするような」ものだと言い、それをもう一度考えるよう促した。 「我々はそれが先例を作るかもしれないし、他の国々が日本の指導に従って委員会を去るかもしれない…特に韓国でクジラの肉を消費することに興味がある韓国」と彼女は言った。 「IWCが日本の捕鯨を監視していたという見落としは、今や失われるでしょう。捕獲されているクジラの数がわからないし、報告する方法もわからない。それはいくつかの人口のための運命を綴るかもしれません。絶滅の危機に瀕しているミンククジラの集団が日本の沖にあり、すでに脅威にさらされています。」 今年初めまで国連環境計画の責任者であったノルウェーの外交官、エリック・ソルハイム氏は、国際捕鯨委員会を辞任するという日本の決定は「危険」であると述べた。 つぶやきの中で、彼は日本が再考するよう促す世界的キャンペーンを求めた。 ケンブリッジ大学動物学博物館のマネージャー、Jack Ashley氏は、世界中の政府がこの決定を非難するべきだと述べた。 水曜日の合同声明で、オーストラリアの外相のMarise Payneと環境大臣のMelissa Priceは、オーストラリア政府は日本が委員会から撤退し商業捕鯨を再開したことに「非常に失望している」と述べた。 「国際捕鯨委員会は、鯨の保護に関する国際協力において重要な役割を果たしている」と彼らは述べた。 「この委員会は、クジラの保護と管理を担当する世界有数の機関であり、捕獲、船舶の衝突、絡み合い、騒音、捕鯨など、世界中のクジラに対するさまざまな脅威に取り組むための国際的な取り組みを先導しています。 「撤退するという彼らの決定は遺憾であり、オーストラリアは日本が優先事項として条約と委員会に戻るよう強く要請します。」 オーストラリア海洋保護協会は、南極の狩猟を中止するという決定は「歓迎され、長い間遅れる」と語った。その最高経営責任者であるDarren Kindleysidesは、オーストラリア政府に対し、2月または3月の通常の狩猟シーズンの終わりではなく、直ちに日本軍の艦隊の退去を要求するよう求めた。 「オーストラリア人は捕鯨者を南極から抜け出すために何十年もの間戦ってきました」とKindleysidesは言いました。...

Read more
雌ライオンがパートナーの雄殺す、子供3頭の父親 米動物園

  米中西部インディアナ州の動物園で15日、雌ライオンが同じ囲いで生活していた雄ライオンを殺した。インディアナポリス動物園が発表した。 12歳の雌ライオン、ズーリは15日、10歳の雄ライオン、ナイヤックを襲った。動物園の職員が2頭を引き離そうとしたが、うまくいかなかったという。ナイヤックは窒息死した。 ズーリとナイヤックは同じ囲いの中で8年間生活しており、2015年には2頭の間に子供3頭が生まれていた。 同動物園は19日、フェイスブックの投稿で、何が起こったのか明らかにするため「徹底的に調査する」と述べた。 動物園はさらに、「ナイヤックは堂々たるライオンで、大勢が寂しがるはずです」と書いている。動物園の投稿全文は以下の通り――。 私たち動物園の家族一同は、10歳の雄アフリカライオン、ナイヤックが死んだことを発表します。とても残念です。今週初め、雌ライオンのズーリとの接触でナイヤックはけがをしました。どうしてこうなったのか理解するため、徹底的に調査します。ズーリと子ライオン3頭は全頭とも無事。 ズーリとナイヤックは3年前、3頭の子供をもうけました。ナイヤックは堂々たるライオンで、大勢が寂しがるはずです。ナイヤックを失ったことを受け入れる間、地域の皆さんの支援に感謝します。 職員によると、ライオンの囲いから「尋常ではないほどのうなり声」によって、異状に気づいたという。 ズーリはナイヤックの首元を押さえつけていた。職員は2頭を引き離そうとしたものの、ズーリはナイヤックが動かなくなるまで押さえ続けた。 動物園の声明によると、2頭の間に目立った敵対行動は一度もなかったという。 インディアナポリス動物園のデイビッド・ヘイガン園長はロイター通信に対し、「(職員は)動物と強い絆を築いており、どんな喪失でも我々全員に大きな影響を及ぼす。我々の多くにとって、家族の一員を失うのと同じだ」と語った。 園内のライオンの管理方法について、声明は現在のところ変更の計画はないとしている。 同動物園は何が起こったのか把握するため調査を始めている。 野生の雌ライオンは雄ライオンを頻繁に攻撃することがあり、攻撃は複数の自然動物園でも撮影されている。

Read more
帰ってきたよ、福岡から熊本に 地震で被災の人気者3頭

  2016年4月の熊本地震で獣舎が被災し、福岡県の動物園に避難していた猛獣の3頭が22日、熊本市東区の市動植物園に帰ってきた。 福岡市動物園に預けられたウンピョウのオス「ジュール」とメスの「イーナ」、大牟田市動物園に預けられたユキヒョウのメス「スピカ」の3頭は午後3時すぎ、ストレスを与えないようオリに目隠しをした状態で到着。通用門から園に入ると、飼育員らが拍手で迎えた。伊藤礼一飼育員は「無事に帰ってきてくれてよかった。他の園で本当によくしてもらったので、深く感謝している」と話した。 23日は、北九州市の到津の森公園からアムールトラのメス「チャチャ」、大分県宇佐市の九州自然動物公園アフリカンサファリからライオンのオス「サン」、サンの結婚相手としてメスの「クリア」が到着する。 今も一部が閉鎖されている熊本市動植物園は12月22日に全面開園する日程で調整中。猛獣もそのタイミングで公開の見込みだ。(大畑滋生)

Read more
「子ゾウに子守唄を歌って」と飼育係を催促するゾウの動画が超ほのぼの~! 本当に子ゾウが唄で眠りの態勢に入るからビックリ!

  頭が良いことで知られる動物といえば、人間に近い霊長類のチンパンジーやゴリラだが、ゾウも意外な行動を取り、賢さを見せつけることがあるようだ。 なんでも、タイにあるゾウの楽園で「子ゾウに子守唄を歌って~!」と飼育係を催促するゾウが激撮され、そのほのぼのとした光景が話題になっているので紹介したい。しかも、本当に飼育係の唄で子ゾウが眠りの態勢に入るからビックリなのである! ・子ゾウがいる場所へ飼育員を追い立てるゾウ 米ニュースサイト『Laughing Squid』によると、ゾウに子守唄を歌って眠りにつかせてしまうのは、タイのチェンマイにあるエレファント・ネイチャー・パークで飼育係を務めるレク・チャイラートさんだ。 話題の動画「Faamai wants Lek to sing a lullaby to baby elephant, Thong Ae」には、観光客と談話したり記念撮影に興じるレクさんが写し出されている。すると、一緒に写真に収まっていたゾウ “ファーマイ” が、なにやら長~い鼻で彼女を促し、追い立て始めたではないか。 ・「子守唄を歌ってあげて!」と催促していた様子 最初、レクさんはファーマイがどこへ連れて行こうとしているのか分からなかったそうだが、最終的に彼女が導かれたのは子ゾウのソン・エーのもと。 そう! いつもレクさんがゾウに子守唄を歌って聞かせているため、ファーマイは「早くソン・エーに歌ってあげて!」と催促していたようなのである。ゾウが普段の習慣を覚えていて、その行動を本当に催促していたとしたら相当賢いと言えそうだ。 ・子守唄で子ゾウが眠りの態勢に! こうして、やっとファーマイの意図を察したレクさんが唄を歌いながらソン・エーの体をなではじめると……なんと子ゾウがゴロ~ンと地面に寝転がり、すっかり寝る準備に入ったからビックリである! 彼女とゾウの触れ合いを見ているとほのぼのとした気分になるだけでなく、動物と人間を超えた固い絆を感じて感動すら覚えてしまうのであった。 ちなみに、ファーマイはソン・エーの母親ではないが、自分の子供のように可愛がっているのだそうだ。そんな2頭の深い絆も、動画から十分伝わってくるのではないだろうか。 ▼子ゾウに子守唄を歌って聞かせる飼育係の動画...

Read more
山中湖畔の林にコアラ?実は… 「小熊かも」発見者焦る

  カラマツやアカマツが茂る山中湖畔(山梨県山中湖村)の林に不思議な形の物体が……。近所の羽田二三男さん(72)が山歩き中に見つけた。 直径約20センチのミズキの木に、こぶのようなものが張り付いている。約40センチ四方、厚さは20センチ以上。「小熊かも」。遠目にはそう見えたため、「親熊がいたら危ない」と一瞬逃げようと思ったという羽田さん。「よく見ると可愛いコアラにも見えるでしょ?」 同じような木のこぶは、富士吉田市下吉田の小室浅間神社参道の桜の木にもある。「幸運のハートマーク」としてネットで広まり、大勢の若者が訪れる。 県森林総合研究所の大沢正嗣(まさし)特別研究員によると、こぶが出来る原因は、病原菌によるものや、傷口を治そうとして組織が異常に成長した場合などが考えられるという。

Read more
タイセイヨウセミクジラ、絶滅危機深まる 年初から個体増えず

  絶滅の危機に瀕しているタイセイヨウセミクジラについて、今冬の出産シーズンに1頭の個体も生まれていないとみられることが28日までに分かった。一方で死亡して浜に打ち上げられる個体の数は増えており、種の存続がいよいよ危ぶまれる事態となっている。 4カ月間続くタイセイヨウセミクジラの冬の出産シーズンは今月で終わりを迎える。しかし、出産が行われる米フロリダ州、ジョージア州の沖合では、生まれたばかりのクジラの姿が全く確認できないと研究者らは指摘する。 米海洋漁業局でタイセイヨウセミクジラの保護に取り組むバーブ・ズーズマ氏はCNNの取材に答え、通常であれば母クジラと子クジラが当該の海域に4月半ばごろまでとどまっていると説明した。 海洋漁業局によると、現在生息するタイセイヨウセミクジラはわずか450頭ほどを残すのみとなっている。 ジョージア州の天然資源省は昨年、大西洋岸に死がいとなって打ち上げられるタイセイヨウセミクジラの数が17頭に急増したと発表した。新たな子クジラが生まれないなかでの死亡数の増加は、個体数の維持が困難な状況にあることを意味する。 過去には、1頭しか出産が確認できなかったシーズンの翌年に31頭が見つかったケースもある。しかし今回もそうした反動が期待できるかどうかは不透明だ。研究者らは、北大西洋に生息する繁殖期のメスの数は100頭に満たないと推計する。 タイセイヨウセミクジラは1970年から絶滅危惧種に指定されている。19世紀末には商業捕鯨のため絶滅寸前まで追い込まれた。現在の死因は釣り糸にからまったり、船舶に衝突したりする事例が多くを占める。

Read more

Translate

Popular Post

宮迫さん「社長に『会見したら全員連帯でクビ』と」

   振り込め詐欺グループの宴会に出席して現金を受け取るなど一連の問題で、吉本興業から契約を解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんが20日、謹慎処分中のロンドンブーツ1号2号の田村亮さんと共に記者会見を行った。宮迫さんは、田村さんが6月に吉本興業に謝罪会見を開きたいと伝えた際、吉本興業の岡本昭彦社長から「やってもええけど、ほんなら全員連帯責任でクビにする」などと圧力があったと主張した。 【写真】「亮、ええよおまえ辞めてひとりで会見したらええわ」と言われたと… 会見は午後3時すぎ、東京都港区のビルの地下にあるイベントスペースで開かれた。会見は吉本興業が関わらない形で行われ、詰めかけた報道陣を前に、2人は黒のスーツ姿で登場。冒頭、深々と頭を下げた。 宮迫さんは、「何よりも詐欺の被害に遭われた被害者の方々、ご家族、親族の方々に、とんでもない不快なつらい思いをさせてしまっていることをおわびさせてください。本当に申し訳ありませんでした」と語り、再び頭を下げた。 さらに、「世間の皆様、我々のことを応援してくださっている方々、とんでもない取り返しの付かないことを、迷惑をかけてしまっている関係者の方々、そして、不快な気持ちにさせてしまっている全ての皆様に本当におわびさせてください」とも述べた。 田村さんは「自 分の 口か らもち ゃんと謝 罪を伝え たいと 思 います。詐欺被害に遭 われた方々そ してその親族の方々、本当 に不快な 気持ちにさ せてしまい、嫌な気持...

Read more