補償と謝罪を受けるための日本における強制的な滅菌の犠牲

牲者は、今や消滅した優生学の法の下で、ついに彼らの苦しみに対する賠償を申し出られるでしょう。 1948年から1996年の間に、「劣っている」と記載された子供の出産を阻止することを目的とした約16,500人の人々、主に障害のある女性が標的とされた。 生き残った犠牲者は、与党と野党議員の間で合意された法案の下で、すぐに「深い謝罪」と320万円の一括支払い(28,700米ドルまたは21,600ポンド)を受け取り、次の議会に提出される月。 この動きは何年にもわたる怠慢の後の一歩前進として歓迎されていると見られているが、被害者とその支持者たちは救済策は不適切であると述べた。 補償金を求めている数人の被害者を代表する弁護士、新里耕治氏は、次のように述べています。 法案の起草の背後にあるクロスパーティーグループの議長は、被害者は緊急の救済を必要としていると主張した。 「彼らは年を取っているので、私たちは何かより具体的なことを成し遂げることを何よりも望んでいました」と、大辻秀久元大臣は記者団に語った。 毎日新聞によると、彼は、「完璧な解決策が見つかるまで待っていたら、何もしないだろう」と付け加えた。 昨年、被害者がいわゆる「優生保護法」の下で行われた業務に対する補償を求めて日本政府に対する訴訟を提起し始めたことで、訴訟の呼びかけが拡大しました。 1948年から1996年の間に、約2万5千人が法の下で殺菌されました。そのうち16,500人はこの手続きに同意しませんでした。最年少の患者は9歳か10歳でした。症例の約70%が女性または女児に関係していた。 昨年、ガーディアンは、佐藤由美*を含む2人の女性犠牲者の窮状を強調しました。彼女は1972年に滅菌されたとき15歳でした。 佐藤は20代で結婚するように設定されていた、と彼女の義理の姉妹はガーディアンに言った、「しかし、彼女が子供を持つことができないと言ったとき、彼女に提案した人。 公式の記録によると、佐藤は「遺伝的弱気」のために不妊化されていますが、多くの場合、この診断は家族によって論じられています。 当時の16歳の子供が精神障害を持っていると疑われたために1963年に卵管が結ばれた飯塚純子*は、この手技を逆転させることを試みたが不可能だと言われた。 「彼らは私の人生を失いました」と飯塚は昨年の仙台でのイベントで言いました。 まだ裁判所を通って彼らのやり方で働いている補償請求は一般に提案されたパッケージより高い支払いを求めます。 法案の前文には、「私たちは、それぞれの立場から、真剣に私たちの魂を捜し出し、私たちの心から謝罪します」と書かれています。 論説では、日本の朝日新聞は、「被害者に満足のいく救済を提供するという目的には程遠い」として、パッケージを改善するようMPに求めた。紙は優生学の法則は「非常に多くの人々の人権を踏みにじった」と述べ、「悲惨な過去の政策ミス」であると述べた。

Read more
日本の教訓伝えたい 神戸のNGO

  阪神大震災(1995年)をきっかけとして海外の被災地支援を続けている神戸市のNGO「CODE海外災害援助市民センター」が、相次いで大地震に襲われたインドネシアにスタッフを派遣する。先月28日に発生したマグニチュード(M)7・5の地震と津波では、スラウェシ島だけでも2000人超が死亡、約8万人が家を失ったとされる。メンバーは現地の資材を使った木造住宅の建設を助言し、復興を支援する。 今月29日からメンバーの上野智彦さん(28)が、8月にM6・9の地震があったロンボク島に向かう。来月上旬には事務局長の吉椿雅道さん(50)がスラウェシ島に出発。被害が甚大だった同島のパル市で現地のNGOらと共に、被災の度合いや仮設住宅の状況を調査する。  CODEによると、ロンボク島の地震では、木の柱と竹の壁でできた伝統的な民家は倒壊しにくかったことが報道された。スラウェシ島では都市化に伴って沼地に造られた宅地が液状化被害を受けたことが分かっている。  木造住宅は揺れを吸収しやすく、被災者が現地の資材を調達して、自力で住まいを再建できる強みがある。CODEは2006年のジャワ島中部地震の際、インドネシアの建築家と、地元の木材などを使った耐震化住宅約20棟を建てた実績がある。  吉椿さんは、四川大地震(08年)やネパール大地震(15年)で現地の伝統的な木造建築を生かした耐震住宅を建ててきた。「日本でも先人の記憶や知恵が見直されつつある。教訓をインドネシアに伝えたい」と話している。  募金活動も続けている。CODE(加入者名はCODE、郵便振替00930-0-330579、通信欄の支援先に「インドネシア」または「スラウェシ」「ロンボク」と明記)へ。【井上元宏】

Read more
24日(水)の天気 関東や北日本で雨 西日本は天気回復

  低気圧や前線の影響で、北日本から関東にかけては雨が降るところがあります。一方、西日本は高気圧に覆われて、天気は回復に向かいます。 北日本は雨が強まることも 北日本では、低気圧や前線の影響で、午前を中心に広い範囲で雨が降りそうです。一時的に降り方が強まることがあるため、外出には大きめの傘をお持ちになると良さそうです。 午後になると雨がやむ所が多いため、お帰りの際には傘の置き忘れにご注意ください。 関東は雨が降ったり止んだり 関東地方は、前線や湿った空気の影響で、ところどころで雨が降りそうです。雨があがっても天気はなかなか回復せず、一日を通してにわか雨の可能性があります。お出かけには折りたたみ傘をご用意ください。天気が回復に向かうのは夜になってからとなりそうです。 気温は昨日よりは高めで、肌寒さは幾分解消しそうです。 西日本は天気回復 暑さも 西日本は、しだいに高気圧に覆われて天気は回復します。昼間は各地で晴れて日差しが届きそうです。 天気の回復が早い九州や四国では、気温が25℃前後まで上がって、日差しの下では少し汗ばむような暑さとなるかもしれません。

Read more
地震予測の権威が警告。北海道と伊豆諸島に出た、新たな「異変」

  9月6日明け方に発生し、多くの犠牲者と甚大な被害が出た「北海道胆振東部地震」。その後も、震源地付近では震度3〜4程度の余震が相次いでおり、6日と同規模の地震発生の可能性もあるとして予断を許さない状況が続いている。 今回の地震が発生した地域に対して、事前に「要注意」の予測を出していたのが、村井俊治東大名誉教授が会長を務める民間団体・JESEA(地震科学探査機構)配信のメルマガ『週刊MEGA地震予測』だ。 そのメルマガ最新号(2018/9/19号)で新たに「要警戒」を出しているのが、今回と同じく北海道の一部と伊豆半島および伊豆諸島周辺である。一体、どのような予測が出ているのだろうか? 地震予測の権威が警告する、「北海道」次の要警戒地域 JESEAでは、全国に点在する電子基準点から得られるデータから、各地点が水平・高さ方向にどれだけ動いているかを随時チェック。それらの情報をもとに、近い将来大きな地震が発生する可能性のあるエリアを予測している。 メルマガ最新号には今回、以下のような画像が配信された。地図上の矢印は、それぞれ水平方向の移動距離とその方向を示しているが、この図を見る限りでは、「門別」周辺の変動が顕著であることが分かる。 この「大きな矢印」について、メルマガ最新号は以下のように解説。 ・北海道胆振東部地震の後に大きく地殻変動した水平ベクトルに注目。「門別」、「苫小牧」、「白老」、「平取」などが大変動。 上記の「門別」の大きな水平変動は、地震発生によるものであることを示してる。 また、メルマガ最新号では、今後も警戒が必要な地域について以下のような予測を出している。 上記図版の通り、今回の地震発生場所とは別に、「要警戒」地域として北海道釧路・根室・えりも周辺を挙げた。メルマガ最新号では以下のように解説されている。 要警戒:北海道釧路・根室・えりも周辺(11月ごろまで警戒) 十勝地方南部で小地震が起きています。根室・釧路地方の沈降は依然として大きいです。 「根室3」と「阿寒2」の高さの差は12.6cm、「根室3」と「えりも1」の差は5.9cmと依然大きい値です。 えりものPv観測点に異常が現れています。 いずれにせよ、北海道の東側および道南から青森にかけては、今後も同程度の地震に対して警戒が必要のようだ。 伊豆半島周辺にも起きている「異変」と、「要警戒」地域 もう一つ、メルマガ最新号で大きな変動があった地域として取り上げられているのが、伊豆半島および伊豆諸島周辺の地域である。配信された以下の図版を見てみよう 上記図版のように、伊豆諸島の一部および「硫黄島」で、地殻変動に大きな動きが出ていることが分かる。メルマガでは、同地域について以下のように解説している。 ・伊豆半島および伊豆諸島はほぼ北方向に活発な水平変動があり、要警戒。 ・太平洋南方にある硫黄島に10cmを超える大きな週間高さ変動あり。硫黄島は水平変動も極めて大きく、火山活動の影響あり。 北海道だけでなく、このように太平洋側にも動きがあることが示されている。では、東京を中心とした南関東および伊豆諸島周辺はどのような予測が出ているのだろうか。メルマガ最新号から、関東周辺の予測を見てみよう。 やはり、東京を含む神奈川、千葉、埼玉などの南関東、そして伊豆諸島周辺には「要警戒」の予測が出ている。また、同じ「要警戒」は北信越地方・岐阜県にも出ているようだ。メルマガ最新号は、南関東周辺への「要警戒」について以下のように解説している。 要警戒:南関東周辺(11月ごろまで警戒) 9月18日に茨城県南部を震源とする地震(M4.3、震度4)が発生しました。4cm超の週間高さ変動は太平洋にある「硫黄島1」で10.1cm、「硫黄島2」で5.9cmです。 水平ベクトルも大きく出ています。火山活動の影響と考えられます。駿河湾沿い、伊豆半島および伊豆諸島にほぼ北方向の水平変動が見られます。ひずみが貯まっています。最近このエリアに異常変動が繰り返し現われていますので危険な状態と言えます。 この「要警戒」は、震度5以上の地震が発生する可能性が非常に高い地域に対して示される。北海道に続き、南関東周辺でも今後の動きに対して、備蓄の準備、避難経路の確認などを今一度おこなう必要があるだろう。...

Read more
敬老の日 9月後半なのに猛暑日迫る暑さ

  敬老の日のきょうは、太平洋側を中心に晴れる所が多いでしょう。最高気温は9月の後半だというのに、猛暑日一歩手前の「34℃」まで上がる所がありそうです。東京都心でも一週間ぶりに30℃を超えて暑くなるでしょう。連休最後のお出かけは暑さ対策を万全になさってください。 晴れてても、急な雷雨に注意 西日本は高気圧に覆われて、太平洋側を中心に晴れる所が多いでしょう。東日本と北日本は気圧の谷の影響で、あちらこちらで雨が降る見込みです。屋外のレジャーや運動は空模様の変化にお気をつけください。 【天気】沖縄は、おおむね晴れるでしょう。九州から近畿も高気圧の圏内で晴れる所が多いですが、日本海側は雲が多めで、雨が降る所もありそうです。東海と関東は晴れますが、夕方から夜にかけては、あちらこちらで雨が降るでしょう。北陸は雨が降りやすく、すっきりしない天気です。東北は午前中を中心に雨の降る所がありますが、午後は晴れ間もでてくるでしょう。北海道は晴れる所が多いですが、局地的な雨や雷雨に注意が必要です。 夏のような暑さ 鹿児島「34℃」予想 最高気温は平年並みか平年より高い所がほとんどです。西日本や東日本は真夏日の所があるでしょう。那覇は33度、鹿児島は34度まで上がりそうです。福岡29度、高知31度、広島29度、松江28度です。大阪は29度の予想で、きのうより2度くらい低いでしょう。名古屋31度、東京も31度で、体にこたえる残暑です。金沢26度、新潟24度、仙台26度、秋田24度です。札幌は25度で、きのうと同じくらいでしょう。

Read more
【北海道震度7】 2つの島が合体した北海道、東西から押し合う力が働いた?

  9月6日(木)3時8分頃に発生した最大震度7の北海道地震。被害の全容はまだ明らかにはなっていませんが、どのようなメカニズムで今回の地震が発生したのか、元東京大学地震研究所の都司嘉宣(つじ・よしのぶ)さんに聞きました。 2つの島は石狩平野で結ばれた 「北海道はもともと2つの島でしたが、合体して今の姿になったと私は考えています。札幌と苫小牧を結ぶ線を境にして東の島と西の島が合体したのです。合体してつながった部分は今の石狩平野で、石狩平野を挟んで東と西では地質学的にも違いが見られます。」 と、都司さんは前置きした上で、 「東西の2つの島が合体したのですから、今も東西から押し合う力が働いていると考えるのが自然です。気象庁の発表では、今回の地震は東北東-西南西方向に圧力軸を持つ逆断層型で、震源は石狩低地東縁断層帯の付近とみられていますが、単なる断層ではなくて2つの島の境界線と思われます。」とお話になりました。 千島海溝巨大地震との関連は? 都司さんの専門は歴史地震で、古文書やアイヌの口承、地震の痕跡などを過去に起こった地震の姿を明らかにする学問です。今回の地震の震源付近で類似の地震は起こっているのでしょうか? 「私の知る限り、この地域では初めての地震です。北海道の150年ほどの間、地震記録も残されていませんし、先住民のアイヌの口承にもありませんでした。しかし、この付近で類似の地震は起こっているはずです。」 2017年12月、政府の地震調査委員会が、北海道の千島海溝を震源とするM8.8以上の巨大地震の「切迫性が高い」と発表しました。20m以上の大津波が北海道東部の沿岸を襲うというのです。今回の地震と関連はあるのでしょうか。 「今回の地震はM6.7、千島海溝の地震がM8.0としても、地震の規模では100倍の差があるので、今回の地震が千島海溝の地震を誘発することはないでしょう。しかし、断層のひずみが溜まっていれば、海溝のひずみも溜まると考えれば、今回の地震が千島海溝巨大地震の先駆けの可能性はあります。」 今回の地震は今後1週間程度最大震度6強程度の揺れが発生する可能性があるので警戒が必要ですが、千島海溝の巨大地震についても具体的な対策を準備する必要があります。

Read more
台風21号 瓦が吹き飛ぶ瞬間、停電発生で困惑、新幹線足止めで車内に缶詰 現場から寄せられる映像が語る

  強い勢力を保ったまま四国に上陸した台風21号。 関西や東海地方に住む人たちから投稿型ニュースサイト「8bitNews」に次々と映像が寄せられています。 投稿してくれた住民の皆さんの中には予想以上に雨風が強いことに危機感を抱き、多くの人たちに身の安全の確保に務めて欲しいと呼びかけを続けている人もいます。 わたしも現在、東京から大阪に向かう東海道新幹線の車内でこの記事を書いています。きょう正午過ぎに強い風の影響で運転が続けられないとして、JR米原駅で停車。車内アナウンスによるとJR米原駅付近では1時間に風速30mを超える風が断続的に吹いているということです。 午後3時現在、雨が強まり、雷も続いています。JR東海によると、線路など複数箇所で台風の影響による「飛来物」が確認されたものの、強い風のため現場に職員を派遣することができず運転再開の目処が立たないとのこと。影響はしばらく続きそうです。 https://youtu.be/79xucA0Oqs0?t=34 午後3時現在、8bitNewsには大阪市、豊中市、寝屋川市、名古屋市の住民の皆さんなどから停電や強風で瓦などが吹き飛ぶ瞬間の様子を記録した映像が投稿されています。 午後2時頃、大阪市内の様子です。雨風が強まり、建物の看板などが風に煽られ吹き飛びそうに。危険な状態が続いています。 https://youtu.be/aU-GgKsRusQ 午後2時半ごろ、寝屋川市や豊中市内の様子です。 映像を撮影した住人の女性は「もう家が揺れるくらいの暴風でした。自分の家の屋根から瓦が降ってきたのをみたので、これはヤバイと思いました!うちはまだ頑丈な家だと思うので、近所のお家など被害が出ていないか心配です」と語っています。 また、同時間帯に映像を寄せて下さった豊中市に住む女性は「停電になりました。タブレットでニュースは見られるのでまだ安心ですが、今後が不安です。近くのマンションの屋根瓦が飛んで、我が家にもどこからかトタン屋根が飛んできました。避難の準備は完了しています。」 と、被害が拡大しないことを願うと共に、いつでも避難ができるよう準備を進めていることを伝えてくれました。 さらに、名古屋市の女性からは正午以降夕方になるに連れ、予想以上に雨風が強まっていることに不安を感じています。身の安全を確保するよう、早めの対応を呼びかけています。 https://youtu.be/4Ji5vTgGcgk

Read more
関空冠水、利用客ら孤立 台風21号が近畿縦断

  対岸と結ぶ唯一の橋は壊れ、滑走路は海水に覆われた。台風21号が近畿地方を通過した4日、人工島にある関西国際空港で発生した大きな被害。関空島では利用客ら約3千人が孤立状態になり、海に沈んだような光景に不安を募らせた。空港復旧の見通しは立たず、航空便への影響は長期に及ぶ恐れがある。各地では死傷者も相次ぎ、台風21号は列島に深い爪痕を残した。 「風に流され、連絡橋に衝突した」。タンカーの宝運丸(長さ89メートル、2591トン)から第5管区海上保安本部に連絡が入ったのは4日午後1時45分ごろ。同船は関空の第1ターミナルがある1期島の東側海上に停泊中、強風で連絡橋まで流されたという。 連絡橋は上部を車、下部を鉄道が走る2層構造。衝突当時、強風のため車は通行止めで鉄道も運休しており、橋の上を通行している車や列車はなかった。船員11人も無事だったが、タンカーはエンジンが停止して自力で動けず、海上保安本部がヘリコプターなどで救助にあたった。 宝運丸を所有する日之出海運(福岡市博多区)などによると、同船は航空機用の燃料を輸送するタンカー。3日に関空関連施設に荷揚げし、台風の接近のため4日は停泊していた。同社担当者は「流された理由は不明。事故が起きた原因について、引き続き情報収集に努める」と話した。 一方、関空では台風による高潮で滑走路の護岸を乗り越えたとみられる海水が滑走路に流入し、一面が冠水した。 「まるで洪水が起きた川のようだった」。関西エアポート広報担当、高西健司さんによると、冠水したA滑走路の水深は約40~50センチ。同日午後2時半ごろから暴風雨が激しくなり、第1ターミナル横の本社ビル6階にある職場からは、航空機のタイヤが水没したり、茶色い濁流が滑走路を覆ったりする様子が見えたという。 国土交通省によると4日午後3時に関空を閉鎖。連絡橋が使えないため、一部の利用客は島内のホテルに避難した。ホテル日航関西空港では宴会場を開放し、午後6時時点で数十人が身を寄せた。多くが外国人で「不安げな様子だった」(担当者)という。陸路による輸送が検討されているが、孤立状態は同日午後8時時点で解消されていない。 関空の復旧時期も見通せない。連絡橋の道路を管理する西日本高速道路(NEXCO西日本)によると、タンカーとの衝突で橋桁と橋梁部分が大きく破損。担当者は「復旧にはかなりの時間がかかる」と話した。関西エアポートはポンプを使い、海水の排出を急いでいる。 大阪管区気象台によると、大阪湾のこの時間帯の潮位は通常約70センチだが、4日の予測値は最高3メートル。関空では同日午前6時半ごろから高潮警報が発令されていた。同空港では事故当時の午後1時半すぎに最大瞬間風速58.1メートルを記録し、2009年の観測開始以降、最大値を更新した。

Read more
関東各地で“ラピュタ雲”目撃 ナゼ?

  26日に関東の広い範囲で目撃された巨大な雲。その見た目から、ネット上では“ラピュタ雲”と呼ぶ声も。スタジオジブリの人気アニメ「天空の城ラピュタ」に出てくる「竜の巣」に似ていることからきている。 これは「積乱雲」だが、「かなとこ雲」という雲で、金属をのばすときに使う、頂上部分が広がって平らになっている「金床」にちなんでいる。26日にこの雲を見て驚いた人が多く、日本テレビにもたくさん映像が届いた。 この不思議な形の雲はどうやってできたのだろうか?(詳しくは動画で) https://www.youtube.com/watch?v=gRI3uA9-eGw

Read more
「逆走」台風 「特急電車並み」の風に警戒

  台風の現在と今後の見通し きょう28日(土)午前10時現在、強い台風12号は八丈島の東を北北西に1時間に45キロの速さで進んでいます。中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、暴風域を伴っています。 このあとは、台風12号は次第に西寄りに舵を切り、28日(土)午後3時頃から午後9時頃に伊豆諸島に最も接近する見込みです。そのまま西寄りに進み、強い勢力を維持したまま、28日(土)21時頃から29日(日)午前3時頃には、東海地方に上陸する可能性が高くなっています。 今回の台風は、比較的コンパクトながらも強い勢力を維持している事が特徴です。このため、台風が接近すると急激に雨や風が強まるため、早め早めの対策が必要です。 特急電車並みの風、車の運転は危険レベルの雨に厳重な警戒 台風の接近に伴い、東日本や西日本の広い範囲で大荒れの天気となる見込みです。台風が近づくにつれ、太平洋側では急激に風が強まり、「特急電車並みの速さ」の猛烈な風が吹く所があるでしょう。海上では猛烈なシケとなる見込みです。また、カミナリを伴なった非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。特に、東日本の太平洋側では、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が予想され、恐怖を感じるような雨となる所もありそうです。暴風や高波、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、高潮にも警戒が必要です。 【29日(日)にかけて予想される最大瞬間風速】 伊豆諸島、東海地方、近畿地方 50メートル 関東地方 45メートル 中国地方、四国地方 35メートル 北陸地方、九州北部地方 30メートル 【29日(日)にかけて予想される波の高さ】 関東地方、伊豆諸島、東海地方 10メートル 東北地方 7メートル 近畿地方 6メートル 中国地方、四国地方、九州北部地方 5メートル 【29日(日)12時までの24時間に予想される雨量 ※いずれも多い所】 関東甲信地方、東海地方 400ミリ 伊豆諸島、四国地方 300ミリ 近畿地方、中国地方 200ミリ 東北地方、北陸地方 150ミリ 今後の最新の台風情報を確認するとともに、地元の自治体が発表する防災情報にも注意が必要です。また、避難勧告等が発表された際には、早め早めの避難をお願いします。

Read more
Page 1 of 3 1 2 3

Translate

Popular Post

スガは北朝鮮のミサイルを明確にすることを辞退

  須賀首席官房長官は、月曜日に北朝鮮が最近行った短距離弾道ミサイル発射は非常に遺憾であるという見解を共有したかどうかを明らかにすることをやめた。 「会議で、我々は分析と対応を含むあらゆるレベルでの日米協力を確認し、(平壌に対する)安保理の制裁決議を完全に実行することへのコミットメントを新たにした」とスガは記者会見で語った。 それから彼は言った、「私はそれ以上の詳細を明らかにすることは控えます」。 金曜日にスガペンスがワシントンで会談した後、日本の政府高官は木曜日の北朝鮮ミサイル発射に対する後悔を共有したと説明した。 スガはミサイル発射に関するドナルド・トランプ米大統領の最新の発言を今のところ問題にしないというスタンスを示唆していることを考慮に入れたようだ、とオブザーバーは述べた。

Read more