欧州で猛暑 ドイツやチェコで史上最高、フランスは「命の危険」

  フランスやスイスなど複 数の国では、27日にも、40度を 超えると みら れている。 気象 学 者によると、北アフリカ から 押し寄せ る 熱波により、ヨーロッパ各 地で気 温が 急上昇した。 フラン ス 当局は、生命に危 険が  及ぶレベ ルだと国民 に警告し ている。アニエス・ビュザン保健 相は26日、政府が 大げ さに騒 ぎ立て...

Read more
日本全国で異常なほど高い気温が続いているので3人が死亡

  月曜日に日本で不当に暑い天気が続いたので、3人の女性が死亡し、約10人の学生が熱射病の症状のために病院に連れて行かれた、と当局は言いました。 日本の気象庁によると、水銀は東京都心で4日連続で30℃を突破した。 42歳の女性が茨城県水戸市のスーパーに駐車していた車の後ろで無意識のうちに発見され、88歳の女性が埼玉県羽生市で亡くなりました。 地方自治体によると、フィールド。 岩手県奥州の畑で、90歳代の女性も死亡し、地元当局が熱中症を疑っていた。 東京都西部町田では、運動会で練習中に24人の中学生が体調不良を訴えました。 警察やその他の関係者によると、そのうち約10人は病院に運ばれたが、深刻な状態にある人はいなかった。

Read more
M5.1の地震が千葉県を襲った。津波警報なし

  米国のドナルド・トランプ大統領が国賓として4日間の訪問を予定していた土曜日の午後に、マグニチュード5.1の地震が東京とその周辺地域をガラガラさせたが、日本は気象庁は言った。 午後3時20分頃に発生した地震の震源地。代理店によると、約40キロメートルの深さで、千葉県の南部にありました。トランプが日曜日に安倍晋三首相とゴルフをする予定の地域のすぐそばです。 地震は東京の南東約60キロメートル、そして2人の指導者のゴルフ場が位置する茂原市のすぐ隣の町、長南で7の日本の震度スケールで最も低い5を記録した。 都心部の中央区だけでなく、県内の他の地域でも強度スケールで4を記録しています。 政府は首相官邸に緊急情報ユニットを設置して情報を収集した。しかし、これまでのところ大きな被害の報告はありません。 運輸省の地方事務所によると、県内の成田国際空港への往復のフライトは地震の影響を受けなかった。

Read more
安倍首相はイラン訪問を検討中

  日本の多くの地域は木曜日に摂氏30度の水銀を見ました。天気当局は、週末にかけての季節外れの高温を警告しています。 気象庁は、日本列島の高圧システムにより気温が全国的に上昇したと述べています。 宮崎県串島市では、日中の最高気温が30.8度で、5月の最高記録を更新しました。 水銀は国の北部でも急増しました。日中の最高気温は北海道帯広市で27.9度、青森市で27.7度に達した。 三重県の小学生7人と東京の高校生5人が熱中症の疑いで入院した。 当局は、今後数日間で気温がさらに上昇すると予想されているため、熱が原因の病気について警告しています。一部の地域では、日曜日の日中の最高気温が35度になる可能性があります。 環境省のウェブサイトには、パラソルを利用するなど、暑い天気を避けるためのヒントが掲載されています。

Read more
豪雨と強い風が日本を襲う

  雨天の激しいバンドが国の太平洋側をポンドとして - 傘は日本で無駄であることが証明されています。 首都の北と南の他の地域でも、東京とその周辺で大雨と風が続いています。 強い突風は足場だけでなく歩行者も倒しました。 関東地方では、ある時点で6,000世帯以上が権力を失っていた。 静岡県中部で過去24時間に300ミリメートルを超える雨が降りました。 福島県では地すべり警報が発令されています。 日本の気象庁は、同国の東部および北部沿岸に沿って、より突風と荒れた海の存在を警告しています。

Read more
カナダの英語教師が保育園で2歳の子供を襲った

  東京の外の温泉地にある箱根でも火山性地震が続いています。 日本の気象庁は、可能性のある勃起、および大涌谷谷の火口の周りに落下する大きな揮発性の岩石について警告しています。 機関は日曜日に5のスケールで2に火山警戒レベルを上げました。 当局者によると、火山性地震は主に芦ノ湖の西方、土曜日から続いているという。この地域は最近の活動の中心地と考えられています。 機関は日曜日に74の火山性地震を、そして午後3時までに月曜日に4つを見ました。 箱根町は日曜日の初めから交通が火口近くに行くのを制限して、ビジネスに影響を及ぼしました。 月曜日に、町の役人は商品を拾うために2時間その地域に仕入先をさせました。 乳製品の卸売業者は、彼がアイスクリームの材料を拾うようになったと述べ、そして彼は状況がまもなく正常に戻ることを望んでいると述べた。 彼は代わりにボート旅行をすると言った。彼は代わりにボート旅行をするでしょう。

Read more
補償と謝罪を受けるための日本における強制的な滅菌の犠牲

牲者は、今や消滅した優生学の法の下で、ついに彼らの苦しみに対する賠償を申し出られるでしょう。 1948年から1996年の間に、「劣っている」と記載された子供の出産を阻止することを目的とした約16,500人の人々、主に障害のある女性が標的とされた。 生き残った犠牲者は、与党と野党議員の間で合意された法案の下で、すぐに「深い謝罪」と320万円の一括支払い(28,700米ドルまたは21,600ポンド)を受け取り、次の議会に提出される月。 この動きは何年にもわたる怠慢の後の一歩前進として歓迎されていると見られているが、被害者とその支持者たちは救済策は不適切であると述べた。 補償金を求めている数人の被害者を代表する弁護士、新里耕治氏は、次のように述べています。 法案の起草の背後にあるクロスパーティーグループの議長は、被害者は緊急の救済を必要としていると主張した。 「彼らは年を取っているので、私たちは何かより具体的なことを成し遂げることを何よりも望んでいました」と、大辻秀久元大臣は記者団に語った。 毎日新聞によると、彼は、「完璧な解決策が見つかるまで待っていたら、何もしないだろう」と付け加えた。 昨年、被害者がいわゆる「優生保護法」の下で行われた業務に対する補償を求めて日本政府に対する訴訟を提起し始めたことで、訴訟の呼びかけが拡大しました。 1948年から1996年の間に、約2万5千人が法の下で殺菌されました。そのうち16,500人はこの手続きに同意しませんでした。最年少の患者は9歳か10歳でした。症例の約70%が女性または女児に関係していた。 昨年、ガーディアンは、佐藤由美*を含む2人の女性犠牲者の窮状を強調しました。彼女は1972年に滅菌されたとき15歳でした。 佐藤は20代で結婚するように設定されていた、と彼女の義理の姉妹はガーディアンに言った、「しかし、彼女が子供を持つことができないと言ったとき、彼女に提案した人。 公式の記録によると、佐藤は「遺伝的弱気」のために不妊化されていますが、多くの場合、この診断は家族によって論じられています。 当時の16歳の子供が精神障害を持っていると疑われたために1963年に卵管が結ばれた飯塚純子*は、この手技を逆転させることを試みたが不可能だと言われた。 「彼らは私の人生を失いました」と飯塚は昨年の仙台でのイベントで言いました。 まだ裁判所を通って彼らのやり方で働いている補償請求は一般に提案されたパッケージより高い支払いを求めます。 法案の前文には、「私たちは、それぞれの立場から、真剣に私たちの魂を捜し出し、私たちの心から謝罪します」と書かれています。 論説では、日本の朝日新聞は、「被害者に満足のいく救済を提供するという目的には程遠い」として、パッケージを改善するようMPに求めた。紙は優生学の法則は「非常に多くの人々の人権を踏みにじった」と述べ、「悲惨な過去の政策ミス」であると述べた。

Read more
日本の教訓伝えたい 神戸のNGO

  阪神大震災(1995年)をきっかけとして海外の被災地支援を続けている神戸市のNGO「CODE海外災害援助市民センター」が、相次いで大地震に襲われたインドネシアにスタッフを派遣する。先月28日に発生したマグニチュード(M)7・5の地震と津波では、スラウェシ島だけでも2000人超が死亡、約8万人が家を失ったとされる。メンバーは現地の資材を使った木造住宅の建設を助言し、復興を支援する。 今月29日からメンバーの上野智彦さん(28)が、8月にM6・9の地震があったロンボク島に向かう。来月上旬には事務局長の吉椿雅道さん(50)がスラウェシ島に出発。被害が甚大だった同島のパル市で現地のNGOらと共に、被災の度合いや仮設住宅の状況を調査する。  CODEによると、ロンボク島の地震では、木の柱と竹の壁でできた伝統的な民家は倒壊しにくかったことが報道された。スラウェシ島では都市化に伴って沼地に造られた宅地が液状化被害を受けたことが分かっている。  木造住宅は揺れを吸収しやすく、被災者が現地の資材を調達して、自力で住まいを再建できる強みがある。CODEは2006年のジャワ島中部地震の際、インドネシアの建築家と、地元の木材などを使った耐震化住宅約20棟を建てた実績がある。  吉椿さんは、四川大地震(08年)やネパール大地震(15年)で現地の伝統的な木造建築を生かした耐震住宅を建ててきた。「日本でも先人の記憶や知恵が見直されつつある。教訓をインドネシアに伝えたい」と話している。  募金活動も続けている。CODE(加入者名はCODE、郵便振替00930-0-330579、通信欄の支援先に「インドネシア」または「スラウェシ」「ロンボク」と明記)へ。【井上元宏】

Read more
24日(水)の天気 関東や北日本で雨 西日本は天気回復

  低気圧や前線の影響で、北日本から関東にかけては雨が降るところがあります。一方、西日本は高気圧に覆われて、天気は回復に向かいます。 北日本は雨が強まることも 北日本では、低気圧や前線の影響で、午前を中心に広い範囲で雨が降りそうです。一時的に降り方が強まることがあるため、外出には大きめの傘をお持ちになると良さそうです。 午後になると雨がやむ所が多いため、お帰りの際には傘の置き忘れにご注意ください。 関東は雨が降ったり止んだり 関東地方は、前線や湿った空気の影響で、ところどころで雨が降りそうです。雨があがっても天気はなかなか回復せず、一日を通してにわか雨の可能性があります。お出かけには折りたたみ傘をご用意ください。天気が回復に向かうのは夜になってからとなりそうです。 気温は昨日よりは高めで、肌寒さは幾分解消しそうです。 西日本は天気回復 暑さも 西日本は、しだいに高気圧に覆われて天気は回復します。昼間は各地で晴れて日差しが届きそうです。 天気の回復が早い九州や四国では、気温が25℃前後まで上がって、日差しの下では少し汗ばむような暑さとなるかもしれません。

Read more
地震予測の権威が警告。北海道と伊豆諸島に出た、新たな「異変」

  9月6日明け方に発生し、多くの犠牲者と甚大な被害が出た「北海道胆振東部地震」。その後も、震源地付近では震度3〜4程度の余震が相次いでおり、6日と同規模の地震発生の可能性もあるとして予断を許さない状況が続いている。 今回の地震が発生した地域に対して、事前に「要注意」の予測を出していたのが、村井俊治東大名誉教授が会長を務める民間団体・JESEA(地震科学探査機構)配信のメルマガ『週刊MEGA地震予測』だ。 そのメルマガ最新号(2018/9/19号)で新たに「要警戒」を出しているのが、今回と同じく北海道の一部と伊豆半島および伊豆諸島周辺である。一体、どのような予測が出ているのだろうか? 地震予測の権威が警告する、「北海道」次の要警戒地域 JESEAでは、全国に点在する電子基準点から得られるデータから、各地点が水平・高さ方向にどれだけ動いているかを随時チェック。それらの情報をもとに、近い将来大きな地震が発生する可能性のあるエリアを予測している。 メルマガ最新号には今回、以下のような画像が配信された。地図上の矢印は、それぞれ水平方向の移動距離とその方向を示しているが、この図を見る限りでは、「門別」周辺の変動が顕著であることが分かる。 この「大きな矢印」について、メルマガ最新号は以下のように解説。 ・北海道胆振東部地震の後に大きく地殻変動した水平ベクトルに注目。「門別」、「苫小牧」、「白老」、「平取」などが大変動。 上記の「門別」の大きな水平変動は、地震発生によるものであることを示してる。 また、メルマガ最新号では、今後も警戒が必要な地域について以下のような予測を出している。 上記図版の通り、今回の地震発生場所とは別に、「要警戒」地域として北海道釧路・根室・えりも周辺を挙げた。メルマガ最新号では以下のように解説されている。 要警戒:北海道釧路・根室・えりも周辺(11月ごろまで警戒) 十勝地方南部で小地震が起きています。根室・釧路地方の沈降は依然として大きいです。 「根室3」と「阿寒2」の高さの差は12.6cm、「根室3」と「えりも1」の差は5.9cmと依然大きい値です。 えりものPv観測点に異常が現れています。 いずれにせよ、北海道の東側および道南から青森にかけては、今後も同程度の地震に対して警戒が必要のようだ。 伊豆半島周辺にも起きている「異変」と、「要警戒」地域 もう一つ、メルマガ最新号で大きな変動があった地域として取り上げられているのが、伊豆半島および伊豆諸島周辺の地域である。配信された以下の図版を見てみよう 上記図版のように、伊豆諸島の一部および「硫黄島」で、地殻変動に大きな動きが出ていることが分かる。メルマガでは、同地域について以下のように解説している。 ・伊豆半島および伊豆諸島はほぼ北方向に活発な水平変動があり、要警戒。 ・太平洋南方にある硫黄島に10cmを超える大きな週間高さ変動あり。硫黄島は水平変動も極めて大きく、火山活動の影響あり。 北海道だけでなく、このように太平洋側にも動きがあることが示されている。では、東京を中心とした南関東および伊豆諸島周辺はどのような予測が出ているのだろうか。メルマガ最新号から、関東周辺の予測を見てみよう。 やはり、東京を含む神奈川、千葉、埼玉などの南関東、そして伊豆諸島周辺には「要警戒」の予測が出ている。また、同じ「要警戒」は北信越地方・岐阜県にも出ているようだ。メルマガ最新号は、南関東周辺への「要警戒」について以下のように解説している。 要警戒:南関東周辺(11月ごろまで警戒) 9月18日に茨城県南部を震源とする地震(M4.3、震度4)が発生しました。4cm超の週間高さ変動は太平洋にある「硫黄島1」で10.1cm、「硫黄島2」で5.9cmです。 水平ベクトルも大きく出ています。火山活動の影響と考えられます。駿河湾沿い、伊豆半島および伊豆諸島にほぼ北方向の水平変動が見られます。ひずみが貯まっています。最近このエリアに異常変動が繰り返し現われていますので危険な状態と言えます。 この「要警戒」は、震度5以上の地震が発生する可能性が非常に高い地域に対して示される。北海道に続き、南関東周辺でも今後の動きに対して、備蓄の準備、避難経路の確認などを今一度おこなう必要があるだろう。...

Read more
Page 1 of 3 1 2 3

Translate

Popular Post

宮迫さん「社長に『会見したら全員連帯でクビ』と」

   振り込め詐欺グループの宴会に出席して現金を受け取るなど一連の問題で、吉本興業から契約を解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんが20日、謹慎処分中のロンドンブーツ1号2号の田村亮さんと共に記者会見を行った。宮迫さんは、田村さんが6月に吉本興業に謝罪会見を開きたいと伝えた際、吉本興業の岡本昭彦社長から「やってもええけど、ほんなら全員連帯責任でクビにする」などと圧力があったと主張した。 【写真】「亮、ええよおまえ辞めてひとりで会見したらええわ」と言われたと… 会見は午後3時すぎ、東京都港区のビルの地下にあるイベントスペースで開かれた。会見は吉本興業が関わらない形で行われ、詰めかけた報道陣を前に、2人は黒のスーツ姿で登場。冒頭、深々と頭を下げた。 宮迫さんは、「何よりも詐欺の被害に遭われた被害者の方々、ご家族、親族の方々に、とんでもない不快なつらい思いをさせてしまっていることをおわびさせてください。本当に申し訳ありませんでした」と語り、再び頭を下げた。 さらに、「世間の皆様、我々のことを応援してくださっている方々、とんでもない取り返しの付かないことを、迷惑をかけてしまっている関係者の方々、そして、不快な気持ちにさせてしまっている全ての皆様に本当におわびさせてください」とも述べた。 田村さんは「自 分の 口か らもち ゃんと謝 罪を伝え たいと 思 います。詐欺被害に遭 われた方々そ してその親族の方々、本当 に不快な 気持ちにさ せてしまい、嫌な気持...

Read more