は世界最高のものですが、日本のクラフトビールはどうですか?

2014年、日本は、世界的に有名なジム・マレーが「ワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤー」を選んだとき、世界を驚かせました。 100 「信じられないほどの天才」と彼は書いた。 "現時点ではスコッチがどこにも近づくことができないシングルモルト。" それ以来、日本は独立したウイスキーシーンの最愛の人であるニッカ、サントリー、キリン、秩父のような住宅に賞賛を集めてウイスキーの世界を席巻しました。しかし、ウイスキーを持っているすべての才能のために、日本人はまだ別の西洋の飲み物を習得していません:クラフトビール。 ニセコを拠点とするBar Gyu +と夫の渡辺久の共同所有者であるIoanna Morelliは、次のように述べています。 「日本は夏の間は暑い国であり、朝日やキリンのような主要なプレーヤーは本当に人気がある「スーパーコールド」または「サブ0」ピルスナーを持っています。」 ここ数年で、一握りの日本の工芸品醸造所が全国各地にオープンし、成功の度合いはさまざまです。 「良いビール醸造所は本当に素晴らしい」とビールとワインバーのオーナー、オーストラリアのミックニッポン氏はニセコでも言った。 「悪い人はただひどいのです」 問題の一部は日本の自家製の醸造文化の欠如から生じています。アラバマ州とミシシッピ州は2013年まで合法化していませんでしたが、大多数の州では、自家醸造は1978年に合法化されました。免責 この法律は、さまざまな種類の酵母を専門とするホップファーム、モルトハウス、および実験室に対する需要を生み出し、また、いつの日かは活況を呈している産業を支える強力な知識基盤を生み出しました。それとは対照的に、日本では、1%を超える自家製ビールは違法です。地元の人々は、彼らが大声で宣伝しない限り誰も気にしないと言いますが、合法的な赤字は自家製の醸造コミュニティが小さいままでいることを保証します。 今日、日本の自家醸造業界は主に外国で技術を学び、自分たちの機器を日本に持ち込む外国人によって運営されています。彼らが去るとき、彼らはしばしば他の元パットまたは地元の人々に彼らの機器を売る。 クラフトビールバーMikkeller TokyoのオーナーであるHamilton Shieldsは、ニセコのMick's Placeで夏を過ごしました。 「もちろん、バーにはかなりの数のビールのオタクやビールの観光客がいます。そして、思いついたことができるものなら何でも提供するのが大好きです」と彼は言いました。 「しかし、仕事の後にビジネスマンが増えるのを見て、ビールを作るために同僚のグループを紹介したり、長い一日の後にカウンターに座ってリラックスしたりするのは本当に心強いことです。」 現在、日本のビールシーンの大部分は、アサヒ、キリン、札幌、サントリー、オリオンの5人の主要プレーヤーによってコントロールされています。しかし、西側の大規模な醸造所とは異なり、日本の大手プレーヤーは変化する嗜好に素早く反応してきました。 「オーストラリアを見て、大勢の人たちは、淡いエールを作るのにもかかわらず、バンドワゴンに乗るのが遅かったことに気付いた」と日本は言った。 「しかし、ここでは、彼らはそうしていません。彼らは言った、「うわー、我々は市場シェアを失いつつある、それで我々は新しいビールを作らなければならない。彼らは実際に実験している」。 この実験の一例として、北海道北部の島でしか手に入らないビール、札幌クラシックがあります。このビールは、北海道の食材を使った北海道のビールとして売り出されており、醸造所の標準品であるSapporo Black Labelよりも少し甘くて喜ばしいです。...

Read more
補償と謝罪を受けるための日本における強制的な滅菌の犠牲

牲者は、今や消滅した優生学の法の下で、ついに彼らの苦しみに対する賠償を申し出られるでしょう。 1948年から1996年の間に、「劣っている」と記載された子供の出産を阻止することを目的とした約16,500人の人々、主に障害のある女性が標的とされた。 生き残った犠牲者は、与党と野党議員の間で合意された法案の下で、すぐに「深い謝罪」と320万円の一括支払い(28,700米ドルまたは21,600ポンド)を受け取り、次の議会に提出される月。 この動きは何年にもわたる怠慢の後の一歩前進として歓迎されていると見られているが、被害者とその支持者たちは救済策は不適切であると述べた。 補償金を求めている数人の被害者を代表する弁護士、新里耕治氏は、次のように述べています。 法案の起草の背後にあるクロスパーティーグループの議長は、被害者は緊急の救済を必要としていると主張した。 「彼らは年を取っているので、私たちは何かより具体的なことを成し遂げることを何よりも望んでいました」と、大辻秀久元大臣は記者団に語った。 毎日新聞によると、彼は、「完璧な解決策が見つかるまで待っていたら、何もしないだろう」と付け加えた。 昨年、被害者がいわゆる「優生保護法」の下で行われた業務に対する補償を求めて日本政府に対する訴訟を提起し始めたことで、訴訟の呼びかけが拡大しました。 1948年から1996年の間に、約2万5千人が法の下で殺菌されました。そのうち16,500人はこの手続きに同意しませんでした。最年少の患者は9歳か10歳でした。症例の約70%が女性または女児に関係していた。 昨年、ガーディアンは、佐藤由美*を含む2人の女性犠牲者の窮状を強調しました。彼女は1972年に滅菌されたとき15歳でした。 佐藤は20代で結婚するように設定されていた、と彼女の義理の姉妹はガーディアンに言った、「しかし、彼女が子供を持つことができないと言ったとき、彼女に提案した人。 公式の記録によると、佐藤は「遺伝的弱気」のために不妊化されていますが、多くの場合、この診断は家族によって論じられています。 当時の16歳の子供が精神障害を持っていると疑われたために1963年に卵管が結ばれた飯塚純子*は、この手技を逆転させることを試みたが不可能だと言われた。 「彼らは私の人生を失いました」と飯塚は昨年の仙台でのイベントで言いました。 まだ裁判所を通って彼らのやり方で働いている補償請求は一般に提案されたパッケージより高い支払いを求めます。 法案の前文には、「私たちは、それぞれの立場から、真剣に私たちの魂を捜し出し、私たちの心から謝罪します」と書かれています。 論説では、日本の朝日新聞は、「被害者に満足のいく救済を提供するという目的には程遠い」として、パッケージを改善するようMPに求めた。紙は優生学の法則は「非常に多くの人々の人権を踏みにじった」と述べ、「悲惨な過去の政策ミス」であると述べた。

Read more
One Triniの日本での経験

私の名前はPaul Haddenです。私は33歳です。これは実際に日本でJETプログラムに参加するのは2回目です。私が初めてJETをやったのは2011年で、私は大阪市の中心部に3年間置かれました - それが私の人生の最高の一部であると考えています。 今回は2回目ですので、仕事や日本での生活の面で何を期待すべきかについてはかなり良い考えがありました。私は私がここに来るだろうと思ったし、物事はただちにその場に落ちるだろうと思いました。しかし、私が二度と起こらないと思っていたのは、私の経験からほんの数か月で、ステージ2のカルチャーショックの苦悩に深く関わることでした。私がここに来たのは初めてのことですが、大阪での3年間、一度も実際のカルチャーショックを経験したことは一度もありませんでした。しかし奇妙なことに、これはまさにここで大分で私に起こったことです。 多分それは私の年齢でしたか?結局、私が日本に行ったのは、最後に7歳若かったです。多分それは私がもはや外国人のバブルにいなかった、そして毎日自分で日本語を使い、自分で物事をナビゲートすることを自分自身に強いなければならなかったという事実でしたか?何がショックを引き起こしたのかを実際に知ることは不可能ですが、原因が何であれ、私がそれを持っていると確信していました。8月の終わりから9月の初めのどこかに、不安で混乱した霧の中で私の日々を過ごしていましたが、家に帰ることを切望していました。ここでの私の以前の経験と私が私のベルトの下に日本人を持っていたという事実にもかかわらず、私はすべてに混乱していて、社会的に、または職場でどう進むべきか知りませんでした。私はカルチャーショックを受けました。 私がカルチャーショックに苦しんでいるとわかったということは、私がどこに置かれたかについてはほとんど何も言っていません。それは日本のせいではなく、大分のせいでもなく、私がここに引っ越してから出会ったたくさんの素晴らしい日本人のせいでもありませんでした。私が学んだように、カルチャーショックは海外に移ることの通常のそしてしばしば避けられない部分です。 日本の大分にあるPaul Hadden。 私はそれがどうやって対処されるかということに関して私たちに起こることはそれほど重要ではないと私は常に信じていました。それで、何人かの良い友達、いくらかの劇的なライフスタイルの変化、そしてたくさんの研究の助けを借りて、私が経験したことは完全に普通であり、結局合格することを理解するそして地域社会への統合を試みる。 しかし、私がカルチャーショックの見当識障害から本当に私を救ってくれたこと、そして私が大分で過ごした新しい人生を楽しんだことは、音楽でした。私はこの16年間ずっとピアノを弾いていましたが、ここ日本でピアノの練習をすることを決めたことが、大分での自分の道を見つけるのに本当に役立ち、コミュニティの一員のように感じました。 私がピアノのレッスンを受けることに興味があることを聞いた後、学校の英語教師の一人は私がすぐにインターネットで検索した後に見つけた近くのピアノの先生とトライアルレッスンを受けるよう手配しました。このように、私は宮古先生、私の現在のピアノの先生、そして私が今まで出会った中で最も親切で最も忍耐強い人々のうちの1人と接触しました。私は9月から週1回宮古先生とピアノの練習をしていましたが、その言葉の壁にもかかわらず(彼女は日本語が上手ではありませんでした!)私は日本の作曲家たちによって3つの素晴らしい曲を学ぶことができました。大分は日本で最も有名な作曲家の一人、タキ・レンタロの故郷であり、彼のパワフルで魅力的な音楽を発見するのを楽しんでいます。 宮古先生は30年以上前からピアノを教えていましたが、外国人ピアノの学生をこれまで一度も持ったことがなかったので、私が彼女のドアを歩いたとき、彼女はとても驚きました。それでも、彼女は私をすぐに受け入れ、そして今私はピアノの学生の彼女のコミュニティの一部であることを光栄に思っています。私のピアノのレッスンのハイライトは、これまで彼女の他の40人のピアノ生(ほとんど私よりずっと若い!)と一緒に彼女の毎年恒例のクリスマスリサイタルで行ってきました。全く異なる文化的環境で音楽教育を経験するこの素晴らしい機会を自分自身が持っていることに私はとても恵まれています。私は日本人学生の献身に吹き飛ばされ続け、私より約20歳若かった学生による多くのピアノ公演の間、私はガチョウのバンプで覆われていると感じました! お茶と音楽... Paul HaddenのJETプログラムでの経験。 私は自分自身がこれまで以上に学校に関わっていることを知りました。私がピアノを弾いているのを聞いて、音楽の先生は、毎年恒例の文化祭で学校のブラスバンドと一緒にテンポの速い音楽を演奏するようにさえ招待しました。私たちは同じ名前のアニメからルパン三世と呼ばれる電気の、ジャズな曲を演奏しました。演奏は大成功を収め、バンドの生徒達と強いつながりを築くのに役立ちました。私は今まで他のミュージシャンとプレイしたことがなかったし、ステージで彼らと調和することができたことから得た感覚は説明できません。年齢、文化、および言語のすべての障壁が、音楽の普遍的な言語で洗い流されているように見えました。これこそがJETのすべてのことです。私は、英語を教えることだけではなく、先生や生徒とつながりを持つことを考えました。しかし、コミュニティに参加することによって。JETは私自身の文化を教え、私たちが異なる方法を示すことだけではなく、私たちが共通して持っていることを見つけることについてでした。 カルチャーショックの可能性は、JETの素晴らしい人生を変える経験からあなたを怖がらせるべきではありません。JETプログラムは現実からのある種の素晴らしい逃避ではありません。他のすべての仕事と同様に、あなたは課題に直面し、対人葛藤に対処し、そしてストレスに対処しなければならないでしょう。また、ほとんどの仕事とは異なり、JETでは、まったく異なる文化で仕事をしなければならないという課題にも取り組んでいます。私はカルチャーショックを経験するとは思わなかった。しかし、私はそれが私の傲慢さで、普通のことや避けられないことに免疫を感じないようにしたと思います。私は自分が日本での私の新しい生活に簡単に滑り込むことを想像しました。しかし、真実は、それが他の人々のためでなければ私は私のカルチャーショックを決して破ることができなかったということです。 宮古先生、吹奏楽部の先生や学生、そして新旧の友人のサポートのおかげで、私は大分県を突破し、それが何であるかを見ることができました。私はここでの生活にもっと慣れてきたので、その場所の自然の美しさを高く評価することができるようになり、さらにここにいる多くの人々とつながりを持つことができるようになりました。阿蘇山火山周辺の素晴らしい地域を探索したり、いくつかの天然温泉、滝、温泉、川を発見するように私は何人かの先生から招待されました。これまでのところこれらの小旅行のハイライトは、阿蘇山による「雲海」または「雲の海」を目撃するために確実にとられてきました - 雲が海のようにあなたの下に広がる自然現象。周囲の山々を白い海に浮かぶ緑の島々のように見せる。私は私の学校で教師のために自家製のダブルスのバッチを作りました - インスタントバラミックスのおかげで - そして彼らはヒットしました! ここJETで、私は日本について多くを学んでいますが、私も私自身について、そしてこの人生で本当に重要なことについて多くを学んでいます。私が気づいた最も重要なことは、私たちがこの惑星のどこにいようと、一日の終わりに、それが私たちを本当に前進させ続けるのは人間の優しさの単純な行為であるということです。私はここでの調整の間私を助けてくれたみんなの優しさにとても感謝しています、そして私は音楽の贈り物、文化の違いを超越するための最も強力な方法の1つに特に感謝しています。

Read more
4つの紛争島のうち2つを取り戻すことができれば日本はロシアの和平協定を受け入れるかもしれない

ロシアのウラジミールプーチン大統領と首脳会談を行うためにモスクワに向かう途中の安倍晋三首相は、日本が主張するロシアの支配下にある4つの島のうち2つが引き渡された場合、両国間の戦後和平条約の承認に傾いている。情報筋は言った。 安倍首相は、今年の後半に和平条約問題について幅広い合意に達することを望んでおり、月曜日の午後にモスクワへ向けて出発したプーチン大統領との「率直な」協議にできるだけ時間をかけたいと述べた。 領土紛争を解決するために現在検討中の新しいアプローチは、ソビエト連邦が1945年の日本の第二次世界大戦での降伏後に奪った北海道沖の島々すべての帰還を目指すという東京の長年の立場からの出発を示している。 島は日本のノーザンテリトリーとロシアの南クリレと呼ばれています。それらをめぐる領​​土紛争は、両国が戦後の和平協定に調印するのを妨げてきた。 「それは現実的ではない」と、政府高官は日曜日に、論争中の4つの地域の93%を占める2つの島、エトロフとクナシリも引き渡すようロシアに説得することが可能かどうかを言及しながら述べた。 長期にわたる紛争を解決することによって外交的遺産を残そうとしている安倍首相は、火曜日にモスクワでプーチン大統領との25回目の首脳会談を開催する。 11月のシンガポールでの会議で、安倍首相とプーチン首相は、戦後和平条約締結後、1942年の合同宣言とハボマイ島がソビエト連邦によって日本に移転されることを宣言し、協議を進めることで合意した。 安倍首相とプーチン大統領の合意では、安倍首相が四国およびハボマイ島グループの譲渡に焦点を当てる前に、2つの大きな島に焦点を当てたときに憶測が描かれた。 しかし、安倍首相は、「プーチン氏がこれを承認する方法はない」と述べ、首相が先に二つの小さな島々の移転を確保することについて次第に悲観的になっていることを示唆した。 安倍首相は、エトロフとクナシリの帰還を要求し続けることは、進行中の会談を停滞させ、日本に移転される2つの小さな島々の見通しさえも弱める可能性があることを認めたようだ。 多くの日本人がエトロフとクナシリをあきらめたとして新しいアプローチを考えている彼の支持基盤からの反発に直面する可能性があり、どちらも政府は日本の領土の本質的な部分であると主張しました。 世論を評価した後、安倍首相は、2つの小さな島の譲渡を確実にすることに基づいて、日本がロシアとの協定を結ぶべきかどうかについて最終的な判断を下すことが期待されている。 安倍首相は、プーチン大統領が20の先進国および新興国の首脳会談のために日本を訪問すると予想される6月に、ロシアとの広範な合意を求めている。 前回の会議で、安倍首相は1956年の宣言に触れ、文書の内容は日本の「交渉不可能な行」だとプーチン大統領に語った。 プーチン大統領は提案の理解を示したと言われている。 しかし、プーチン大統領が2つの島を日本に手渡したとしても、必ずしもその主権も移譲されるわけではないと示唆しているので、交渉が円滑に進むかどうかは不明である。 大統領は、共同宣言は、2つの島がどちらの主権に該当するかを明記していないと主張している。 1月中旬、ロシアのセルゲイラブロフ外相は記者団に対し、ロシアの主権を含む第二次世界大戦の結果を日本が受け入れない限り、和平協議を進展させることは困難であると述べた。 モスクワでの日本のカウンターパートである河野太郎氏との会合の後のラブロフ氏の発言は、安倍首相がプーチン首脳会談で重大な課題に直面する可能性があることを示した。 モスクワは、米軍が東京に手渡されれば、米軍が島に派遣される可能性があることを懸念しているため、安全保障も計画された協議において重要なトピックとなる可能性がある。 東京とモスクワは近年、経済協力を中心とした信頼醸成措置を推進してきたが、和平条約についてはほとんど進展が見られない。 サミットの後、安倍首相はスイスのダボスのスキーリゾートで開催される世界経済フォーラムに参加する予定です。

Read more
世界で最も古い男が日本で死に、113歳

世界最古の男性は、113歳で日本での睡眠中に死亡しました。 野中雅三は、北海道の北海道足寄市で4世代にわたって家族が経営する106歳の温泉旅館で、故郷でのんびりと過ごしました。 「私たちはこの大きな人物を失ったことにショックを受けました」と彼の孫娘Yukoは日本のメディアに語った。 「彼は昨日のようにいつものようにいて、私たちの家族にまったく大騒ぎをさせることなく亡くなりました。」 野中氏は1905年7月25日にアルバート・エンスタインが相対性理論を発表したのと同じ年に生まれ、2つの世界大戦を含む世界史上の無数の歴史的建造物を通して生き続けました。 彼は6人の兄弟と1人の姉妹がいる大家族で北海道で育ちました。 彼は1931年に結婚した彼の妻と5人の子供のうち3人を長生きさせた。 彼は112歳と259日であった昨年4月、超百歳は世界最古の生きている人として認定されました。 Japanese Masazo Nonaka receives a Guinness World Records certificate naming him the world's oldest man during a ceremony in Ashoro CREDIT:  KYODO/REUTERS...

Read more
日本は商業捕鯨を再開するためにIWCを辞任することを確認

  日本は30年以上ぶりに商業捕鯨を再開することを確認した後、国際的な非難に直面しています。 政府の最高スポークスマン、スガヨシヒデ氏は、2019年7月に同国の艦隊が商業活動を再開すると発表した。 スガ氏は記者団に対し、同国の艦隊は日本の領海と排他的経済地帯への狩猟を制限し、東京とキャンベラの外交摩擦の主な原因である南洋への物議を醸す年次探検は終了するだろうと語った。 彼は、日本が年末までに正式にその決定をIWCに通知するであろうと言いました、それは撤退が6月30日までに有効になることを意味するでしょう。 その決定は、環境保護論者やイギリスやオーストラリアを含む他の国々からの批判を促しました グリーンピースは、クジラの資源が回復したという日本の見解に異議を唱え、海洋生物は汚染や乱獲によって脅かされていることにも注目した。 グリーンピース・ジャパンのエグゼクティブディレクター、サム・アンズレー氏は声明の中で、「今日の宣言は、私たちの海とこれらの雄大な生き物の未来を守るために必要な保護はもちろんのこと、国際社会とは一線を画している」 「日本政府は商業捕鯨を再開するのではなく、海洋生態系を保護するために緊急に行動しなければならない」 また、批判を避けるために発表の時期を決めたと日本を非難した。 「政府が年末の発表で国際メディアの注目を浴びずにこっそり侵入しようとしているのは明らかだが、世界はこれを現状のままにしている」とAnnesleyは述べた。 「シロナガスクジラ、ナガスクジラ、ナガスクジラなどのより大型のクジラを含む、ほとんどのクジラ個体群はまだ回復していません。」 バックベンチ保守派のMPと元外相秘書のボリス・ジョンソンは、日本の決定は「ぞっとするような」ものだと言い、それをもう一度考えるよう促した。 「我々はそれが先例を作るかもしれないし、他の国々が日本の指導に従って委員会を去るかもしれない…特に韓国でクジラの肉を消費することに興味がある韓国」と彼女は言った。 「IWCが日本の捕鯨を監視していたという見落としは、今や失われるでしょう。捕獲されているクジラの数がわからないし、報告する方法もわからない。それはいくつかの人口のための運命を綴るかもしれません。絶滅の危機に瀕しているミンククジラの集団が日本の沖にあり、すでに脅威にさらされています。」 今年初めまで国連環境計画の責任者であったノルウェーの外交官、エリック・ソルハイム氏は、国際捕鯨委員会を辞任するという日本の決定は「危険」であると述べた。 つぶやきの中で、彼は日本が再考するよう促す世界的キャンペーンを求めた。 ケンブリッジ大学動物学博物館のマネージャー、Jack Ashley氏は、世界中の政府がこの決定を非難するべきだと述べた。 水曜日の合同声明で、オーストラリアの外相のMarise Payneと環境大臣のMelissa Priceは、オーストラリア政府は日本が委員会から撤退し商業捕鯨を再開したことに「非常に失望している」と述べた。 「国際捕鯨委員会は、鯨の保護に関する国際協力において重要な役割を果たしている」と彼らは述べた。 「この委員会は、クジラの保護と管理を担当する世界有数の機関であり、捕獲、船舶の衝突、絡み合い、騒音、捕鯨など、世界中のクジラに対するさまざまな脅威に取り組むための国際的な取り組みを先導しています。 「撤退するという彼らの決定は遺憾であり、オーストラリアは日本が優先事項として条約と委員会に戻るよう強く要請します。」 オーストラリア海洋保護協会は、南極の狩猟を中止するという決定は「歓迎され、長い間遅れる」と語った。その最高経営責任者であるDarren Kindleysidesは、オーストラリア政府に対し、2月または3月の通常の狩猟シーズンの終わりではなく、直ちに日本軍の艦隊の退去を要求するよう求めた。 「オーストラリア人は捕鯨者を南極から抜け出すために何十年もの間戦ってきました」とKindleysidesは言いました。...

Read more
日本の山村における遠隔農家で発見された遺体

  日本の警察は、月曜日、遠方の山村の農家や近くの橋から飛び降りた7人目の遺体で、家族の一員と考えられる6つの遺体を発見したと発表した。 宮崎県警は、警視庁は、別の町の家族の親戚から電話を受けた後、警察官が電話を受けていないと言って、遺体を見つけたという。 彼らは体の中にはナイフカットがあると言った。 警察は、橋の下の川で見つかった第七の身体は、明らかに家族の車で逃げ出した未確認の男である、と語った。 逮捕された警察は、逮捕された井上康夫氏の妻とその息子の家族であるかどうかを調べるため、身元確認を試みている。 剖検が行われている。 共同通信社によると、6人のうち1人を除く全員が通常の住民だったという。 それは、川で見つけられた第七の男がイホシの息子になる可能性があるという。 美しい棚田で知られる南部の人気観光地、高千穂渓谷の近くです。 静かな近所の殺人事件で恐怖が始まり、町役人は授業後に住民に注意を促し、学校で子どもを迎えるよう促したという。

Read more
米中貿易摩擦、北京の空に悪影響? 「黄色警報」発令も

  青く澄み渡ることが多かった北京市の空が、再び大気汚染で白くかすみ出した。隣接する河北省では14日、視界不良で交通にも影響が出た。中国政府は昨年、工場の操業規制などを通して汚染対策に力を入れたが、今年は米中貿易摩擦の影響などで景気の先行きが懸念され、一転して規制を緩めているようだ。 北京市や天津市などでは13日までに、大気汚染で上から3番目の「黄色警報」が出た。北京市内の観光地はマスクをした人の姿が目立ち、河北省では視界不良のため高速道路が一時封鎖された。環境保護省の幹部は「初冬の時期となり、中国北部で次々と暖房をつけ始めたため、汚染物質の排出が増えた」との見方を示した。 中国ではかつて、冬の大気汚染が深刻な問題となっていたが、昨年は中国北部の都市などで暖房用の石炭使用を制限。企業も鉄鋼やアルミニウムの生産を減らした。その結果、昨年の北京の微小粒子状物質「PM2・5」の平均濃度は前年より約20%も減った。 ただ、今年の規制は米中貿易摩擦の影響で国内景気が鈍化するなか、昨年ほど厳しくはならなそうだ。環境保護省は、今年のPM2・5の削減目標を3%と設定。昨年のような統一的な減産目標は盛り込まなかった。

Read more
日本の教訓伝えたい 神戸のNGO

  阪神大震災(1995年)をきっかけとして海外の被災地支援を続けている神戸市のNGO「CODE海外災害援助市民センター」が、相次いで大地震に襲われたインドネシアにスタッフを派遣する。先月28日に発生したマグニチュード(M)7・5の地震と津波では、スラウェシ島だけでも2000人超が死亡、約8万人が家を失ったとされる。メンバーは現地の資材を使った木造住宅の建設を助言し、復興を支援する。 今月29日からメンバーの上野智彦さん(28)が、8月にM6・9の地震があったロンボク島に向かう。来月上旬には事務局長の吉椿雅道さん(50)がスラウェシ島に出発。被害が甚大だった同島のパル市で現地のNGOらと共に、被災の度合いや仮設住宅の状況を調査する。  CODEによると、ロンボク島の地震では、木の柱と竹の壁でできた伝統的な民家は倒壊しにくかったことが報道された。スラウェシ島では都市化に伴って沼地に造られた宅地が液状化被害を受けたことが分かっている。  木造住宅は揺れを吸収しやすく、被災者が現地の資材を調達して、自力で住まいを再建できる強みがある。CODEは2006年のジャワ島中部地震の際、インドネシアの建築家と、地元の木材などを使った耐震化住宅約20棟を建てた実績がある。  吉椿さんは、四川大地震(08年)やネパール大地震(15年)で現地の伝統的な木造建築を生かした耐震住宅を建ててきた。「日本でも先人の記憶や知恵が見直されつつある。教訓をインドネシアに伝えたい」と話している。  募金活動も続けている。CODE(加入者名はCODE、郵便振替00930-0-330579、通信欄の支援先に「インドネシア」または「スラウェシ」「ロンボク」と明記)へ。【井上元宏】

Read more
24日(水)の天気 関東や北日本で雨 西日本は天気回復

  低気圧や前線の影響で、北日本から関東にかけては雨が降るところがあります。一方、西日本は高気圧に覆われて、天気は回復に向かいます。 北日本は雨が強まることも 北日本では、低気圧や前線の影響で、午前を中心に広い範囲で雨が降りそうです。一時的に降り方が強まることがあるため、外出には大きめの傘をお持ちになると良さそうです。 午後になると雨がやむ所が多いため、お帰りの際には傘の置き忘れにご注意ください。 関東は雨が降ったり止んだり 関東地方は、前線や湿った空気の影響で、ところどころで雨が降りそうです。雨があがっても天気はなかなか回復せず、一日を通してにわか雨の可能性があります。お出かけには折りたたみ傘をご用意ください。天気が回復に向かうのは夜になってからとなりそうです。 気温は昨日よりは高めで、肌寒さは幾分解消しそうです。 西日本は天気回復 暑さも 西日本は、しだいに高気圧に覆われて天気は回復します。昼間は各地で晴れて日差しが届きそうです。 天気の回復が早い九州や四国では、気温が25℃前後まで上がって、日差しの下では少し汗ばむような暑さとなるかもしれません。

Read more
Page 1 of 6 1 2 6

Translate

Popular Post

は世界最高のものですが、日本のクラフトビールはどうですか?

2014年、日本は、世界的に有名なジム・マレーが「ワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤー」を選んだとき、世界を驚かせました。 100 「信じられないほどの天才」と彼は書いた。 "現時点ではスコッチがどこにも近づくことができないシングルモルト。" それ以来、日本は独立したウイスキーシーンの最愛の人であるニッカ、サントリー、キリン、秩父のような住宅に賞賛を集めてウイスキーの世界を席巻しました。しかし、ウイスキーを持っているすべての才能のために、日本人はまだ別の西洋の飲み物を習得していません:クラフトビール。 ニセコを拠点とするBar Gyu +と夫の渡辺久の共同所有者であるIoanna Morelliは、次のように述べています。 「日本は夏の間は暑い国であり、朝日やキリンのような主要なプレーヤーは本当に人気がある「スーパーコールド」または「サブ0」ピルスナーを持っています。」 ここ数年で、一握りの日本の工芸品醸造所が全国各地にオープンし、成功の度合いはさまざまです。 「良いビール醸造所は本当に素晴らしい」とビールとワインバーのオーナー、オーストラリアのミックニッポン氏はニセコでも言った。 「悪い人はただひどいのです」 問題の一部は日本の自家製の醸造文化の欠如から生じています。アラバマ州とミシシッピ州は2013年まで合法化していませんでしたが、大多数の州では、自家醸造は1978年に合法化されました。免責 この法律は、さまざまな種類の酵母を専門とするホップファーム、モルトハウス、および実験室に対する需要を生み出し、また、いつの日かは活況を呈している産業を支える強力な知識基盤を生み出しました。それとは対照的に、日本では、1%を超える自家製ビールは違法です。地元の人々は、彼らが大声で宣伝しない限り誰も気にしないと言いますが、合法的な赤字は自家製の醸造コミュニティが小さいままでいることを保証します。 今日、日本の自家醸造業界は主に外国で技術を学び、自分たちの機器を日本に持ち込む外国人によって運営されています。彼らが去るとき、彼らはしばしば他の元パットまたは地元の人々に彼らの機器を売る。 クラフトビールバーMikkeller TokyoのオーナーであるHamilton Shieldsは、ニセコのMick's Placeで夏を過ごしました。...

Read more