子供を予防する日本の技術

  国際機関と2つの企業が、日本の認証技術を活用して、発展途上国のより多くの子供たちに予防接種を行うプログラムを開始する予定です。 Gavi、Vaccine Alliance、日本のNEC Corporation、そして英国のSimprints Technologyが木曜日にこのプロジェクトを発表した。 家族や出生登録のための確立されたシステムがない発展途上国では、予防接種の時期を管理するのは難しいです。 3人のパートナーは、年齢、性別、予防接種記録を確認するために、1〜5歳の子供に指紋技術を使用します。 子供の指紋に最適化されたNEC認証システムを使用するスマートフォンは、Simprintsスキャナーと組み合わせられます。 来年初めにはバングラデシュとタンザニアで試験が開始されます。 Gaviの理事長、Ngozi Okonjo-Iwealaは、この組織は子供たちを致命的な病気から守るためにこの技術を使用したいと述べています。

Read more
メディアに日本の名前の順番を入れ替えるよう依頼する外相

  読売新聞によると、宇宙航空研究開発機構は、2020年に国際宇宙ステーションで開催される日本実験棟きぼうで国際ロボット競技会を開催するという。 これはJAXAが最初にロボットを地面から無重力で操作する精度を実証する試みです。情報筋は、主にアジア諸国からの大学生をこのプロジェクトに参加させることを計画していると述べた。 JAXAは将来宇宙飛行士の負担を減らすためにロボットを使うことを目指しています。 競争はISSの宇宙飛行士を助けるために米国航空宇宙局(NASA)によって開発された32センチメートルの立方体形のロボットを使用するでしょう。カメラ、マイク、ロボットアーム、その他の部品を装備しているため、ロボットを地上から遠隔操作して写真を撮影することができます。 JAXAは、日本、アメリカ、オーストラリア、インドネシア、韓国など、アジア太平洋地域の11カ国からの大学生を招待します。これらの代表チームは、茨城県つくば市にあるJAXAのつくば宇宙センターから独自のプログラムを送信して、キューブロボットを遠隔操作します。 障害物を避けながらフープを移動する際のロボットの操作、または特定の期間内の指定された場所での写真の撮影において、チームは正確さを競います。 NASAや他の組織は、主に米国の中学生と高校生を対象に、ISSでロボット競技会を開催しています。 JAXAは2020年から2024年の間に年次大会を開催する予定で、日本のロボットの使用を検討しています。 宇宙飛行士は通常科学実験を行い、ISSで自分たちで写真を撮ります。実験を効率的に行うことで宇宙飛行士の負担を軽減するために、各国はISSで使用できるロボットを開発しています。 JAXAは2017年からISSで球面カメラロボットの試験運用を開始しました。 「ロボットに可能なことをさせ、宇宙飛行士には人間だけができる仕事に集中させることが重要です」とJAXA副社長の若田光一

Read more
はやぶさ2は小惑星への降下を中止

  日本の「はやぶさ2」探査機は、地上約50メートルに到達した後、小惑星竜宮への降下を中止しました。探査機は小惑星にマーカーを落として別の着陸に備えることになっていた。 「はやぶさ2」は4月に成功し、金属製の物体を表面に焼き付けることで、竜宮に幅10メートルのクレーターを作りました。 2月上旬に、竜宮に着陸して岩石サンプルを収集しました。 宇宙航空研究開発機構は、4月の衝撃で露出した岩石サンプルを収集するために、探査機をクレーター内または周辺地域への別の着陸を試みることを計画しています。 。 木曜日の使命は、対象地域を詳細に観察し、標高10メートルからマーカーを落とすことでした。 しかし当局者は、プローブが表面から約50メートル上に降下した後、プローブは自動的に作業を中断したと述べています。それから、竜宮から20キロ上の待機位置に向かった。 「はやぶさ2」は、異常を検知した場合、自動的に着地を中止するように設計されています。政府機関は逮捕された家系の原因を調査しています。 JAXAによると、2回目の着陸は7月上旬までしかできないという。水面近くまで下降して着陸前調査を3回行うことを計画しています。しかし、何人かの観察者は、着陸事故の後にタイムスケジュールが厳しくなっていることを心配しています。

Read more
阿部、ヤン、西氏の訪日予定について話し合う

  東京電力は、福島第一原子力発電所の危険度の高い汚染度の高い排気筒の解体作業を計算誤差により延期した。 同社は5月16日、当初5月20日に開始予定の高さ120メートルの煙突の作業は、遅くとも6月まで延期されると述べた。 東京電力は、クレーンによって持ち上げられた特殊な切断装置の高さが当初の計画より1.6メートル低くなり、それがスタックの最上部に到達できないことを発見した。 作業担当の東京電力担当官は、「測定機器の誤差により、クレーンアームの吊り上げ角度が当初の計画と異なることが判明したと考えている」と述べた。 同社は現在、角度とクレーンの位置を調整するか、アームを下げた後にアームの長さを伸ばすことを検討しています。 工場の1号機と2号機には排気筒を使用した。 2011年3月に原子力災害が発生したとき、高放射性物質を含む蒸気が煙突を通して放出されました。煙突を支えるのに使用された金属棒は水素爆発によって明らかに傷つきました。 積み重ねの基部の周りの領域には、人が作業するには危険すぎるレベルの放射線が含まれているため、解体作業は遠隔操作で行われます。

Read more
健康保険法が補償を日本の居住者に限定するために改正されました

  通信省は、割り当て用に「020」から始まる約100億の14桁の電話番号を作成する予定です。 第5世代(5G)の超高速移動体通信フォーマットの商品化が近づいているので、11桁の数字は2022年度には早くもなくなると予想されています。 遅くとも2021年末までに新しい番号を導入する計画は、専門家パネルの最近の会議で提案されました。 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3大携帯電話事業者に受け入れられました。 パブリックコメントを聞いた後、同省は6月という早い時期にこの問題に関する報告書を作成し、今年末までに省令を含む必要な準備を行う。 彼らが予定より早く彼らのシステムを更新するための仕事を終えたら、新しい番号は早く主要なキャリアに割り当てられるでしょう。 現在、スマートフォンを含む携帯電話には、「090」、「080」、「070」で始まる11桁の数字が使用されています。

Read more

  日本の新興企業は、クモシルクの合成に成功したと言っています。同社は今年、軽くて強くて環境にやさしい新しい繊維から作られた衣料品の販売を開始することを望んでいます。 クモは、軽くて柔軟で、衝撃を吸収することができる繊維でウェブを作ります。それらは同じ重量の鋼の340倍の強度を持つと説明されています。 1センチメートルの厚さの絹製の理論上のウェブでも、飛ぶことなく壊れることなくジャンボジェットを捉えることさえできました。 新興企業のSpiberは、山形県鶴岡市に本社を置いています。それは、様々な種類のクモシルクの生産を支配する新しい材料を開発し、遺伝子を分析するための政府プログラムに参加しました。 研究者たちは、クモの絹に似た繊維を作るために遺伝子を構成するタンパク質を合成しました。彼らは新しい技術を使ってプロトタイプのアウトドアウェアを思い付きました。 彼らは、繊維は軽いが強くなければならない自動車の車体、そして柔らかさを必要とする合成毛髪のような広範囲の用途に用途を見出すことができると述べている。 代表執行役社長関山和英氏は、ついにフレキシブルで軽量な合成繊維を開発しましたが、天然繊維の強さを引き出すにはさらなる努力が必要であると述べています。 彼の会社は、繊維が石油や他の化石燃料から作られていないので、持続可能性の方向へ社会をシフトさせるのを助けることができると言います。

Read more

  サイバー攻撃に対する防御策として、日本は来年3月までに史上初のコンピュータウイルスを開発すると、この情報に詳しい情報筋は述べた。 国防省は、そのようなコンピュータウイルスがサイバー攻撃に対する抑止力として機能することを期待して、相手のコンピュータシステムに侵入する可能性があるマルウェアを検討している、と情報筋は述べた。 政府は、近年の技術の進歩の中で、サイバースペースや宇宙などの新しい分野でのセキュリティ上の課題に対処するために、地上、海洋、空域を超えた防衛力の強化を検討していると述べています。 サイバー攻撃の脅威に対処する上で、日本は他国に遅れをとっています。同省によると、米国の6,200人、朝鮮民主主義人民共和国の7,000人、中国の13万人に比べ、サイバースペース部門の人員を150人から220人に増やす計画だ。 同省は、昨年12月に開始された最新の国防指針の下でサイバースペースの防衛を強化することを約束して以来、サイバー攻撃に対する具体的な措置を検討してきた。 一部の防衛専門家は、同省が敵のサイバースペースの使用を妨害する能力を持っている場合、それが国の排他的防衛指向政策の限界を超える可能性があると述べている。 同省筋によると、民間企業によって開発されるウイルスは、先制攻撃ではなく、防衛目的でのみ使用されるという。政府はサイバー攻撃を国または国と同等の組織に対してのみ許可します。

Read more
JAXAは小惑星に作られた最初のクレーターを確認します

その宇宙探査機「はやぶさ2」が小惑星の表面に人工のクレーターを作ることに成功したことを日本の宇宙機関は確認しました。 木星では、宇宙航空研究開発機構が小惑星の上1700メートルから竜宮という名前の画像を分析して確認した。 これは4月5日にクレーターを作成する目的で小惑星に「インパクター」と呼ばれる金属の発射体を粉砕した初期の成功に続きました。 衝撃の直前に、はやぶさ2は飛散する破片に襲われないように小惑星の反対側に避難していました。その後、探査機は2週間かけて衝突点から20,000メートル上の場所に戻ってきました。 木曜日の探査機は小惑星のクローズアップ写真を撮るために1,700メートルの高度に降りた。 JAXAの科学者たちは、画像を衝撃の前に撮ったものと比較して、以前には存在しなかったうつ病を発見しました。彼らはこれが小惑星の表面にこれまでに作られた最初の人工クレーターの証拠であると彼らは言います。 プロジェクトマネージャーの津田裕一氏は、それが非常にやりがいのある使命であると記者会見で語った。彼は、彼のチームはそれが大きな成功を収めたと感じていると言いました。 津田氏によると、チームはより詳細に写真を調べて、岩サンプルを拾うために「はやぶさ2」をクレーターの内側に入れることが可能かどうかを判断する予定です。

Read more
仏教修道女が日本で亡くなったベトナム人労働者のために祈る

東京の仏教寺院の祭壇には、名前が刻まれた木製の葬式用の錠剤が並んでいます。仕事や勉強のために来日した後に亡くなったベトナムの人々への黙った証言です。 「死について連絡を受けるときはいつでも、2つの言葉しか話せません。 「また?」と、約20年前に到着した後、母国からの移民をカウンセリングしていたベトナムの仏教修道女、Thich Tam Triが言った。 「これらの若者たちは、僻地の農村地域で大きな貧困に暮らしており、両親は苦しんでいました」と彼女は祭壇でお香と祈りを申し出た後、ロイターに語った。 「彼らは日本で一生懸命働きたいと思った」とトライは言った。 「彼らは夢を見ました。それから彼らは突然死にました。」 より高い賃金に魅了されますが、多くの場合、求人者への借金によって負担をかけられて、ベトナム人は4月1日に国内のより多くの労働者が歴史的な労働力不足に対処することを可能にする新しいシステムを導入するでしょう。 タブレットに名前が付けられている140人のベトナム人の多くは、入国管理が扱いにくい国でブルーカラーの仕事の裏口として機能する「技術研修生」プログラムで日本にやって来ました。その他は学生として来てアルバイトをしました。 大人の記念物の隣には、未熟児用の小さな錠剤がたくさん並んでいます。 新しいビザプログラムをめぐる議論は、過労、無給の賃金、嫌がらせなどの研修生制度の問題を浮き彫りにしました。 Triは、彼女が祈る人の多くはストレス関連の病気で、他の人は事故で死亡したと述べた。自殺した人もいます。 「彼らの家に帰る家族も彼らに希望を持っていました」と彼女は言いました。 「彼らはとても誇りに思っていて、田舎で彼らの息子と娘たちを彼らの隣人に自慢していました。」 「彼らは多くの希望を持っていた。その代わりに、彼らが得たものは彼らの(子供の)遺体、葬式のタブレットといくつかの写真だった」。 Nguyen Thi Trangは、2月に髄膜炎で亡くなったときに、北日本の農業協同組合で働いていた研修生でした。彼女はベトナムに夫と2人の小さな子供をもうけた。 「収入がベトナムより少し高いので、私は彼女が行くことに同意しました。私の決断がこれにつながることを知っていたら、私は彼女をそのような仕事に行かせようと敢えてしませんでした」と彼の家でロイターに語った。 Thuyは、彼の妻はすぐに医療を受けていないと述べました。協同組合の松林敏美氏はロイ氏に、トランが病気になった直後に病院に連れて行かれたこと、そして同組織が彼女の医療費を支払ったことを伝えた。 協同組合の研修生はすべて適切に扱われている、と彼女は付け加えた。 新しいビザプログラムでは、労働力不足に直面している14部門で、5年間で約34万5000人のブルーカラー労働者が日本に入国することになります。新しいシステムの下で状況が良好であれば、おそらくベトナム人労働者がより良い生活を求めているという波が増えるだろう、とTriは述べた。 「3年間頑張ってベトナムに戻り、老朽化し​​た家を上質なコンクリートの家に再建した研修生がいます。そのような良い知らせがあります」と、仏教修道士は言った。 「ますます、それは国境のない世界になりつつあり、そして人間関係において重要なことは宗教を超越し、文化を超越しそして愛を強調することである」と彼女は言った。

Read more
日本ではまだ間違った答え

かつて日本に夢中になっていた世界のメディアは、長い間関心を失いました。 1980年代の日本経済の全盛期以来、中国の台頭と期待を裏切る何十年もの間、他の国に頭を向けてきました。それでも日本は注意を払うべきである。結局のところ、それは世界で3番目に大きい経済、そしてアジアで2番目に大きい経済です。そして最近では、経済が輸出に大きく依存しているために、その経済は再びまた落ち込んでいるように見え、そして最大の市場である中国が苦しんでいます。日本はこの脆弱性に対処する必要はありません。輸出など中国に依存し続ける必要はありません。輸出のための生産への継続的な重点を放棄し、国内の需要の源により左右されるよりバランスのとれた経済を追求することができれば、それは実際には高齢化人口により良く役立つだろう。 現時点では経済指標は不吉に見えます。日本の購買部長の最新の報告によると、製造活動は2年半ぶりに2月に縮小した。景況感も6年ぶりに低下した。受注高は、将来の売上高の減少が急激になることを示しています。機械受注は、データが入手可能な直近の期間である12月に5.4%減少しましたが、海外受注は20年以上で最大の落ち込みを記録しました。政府のデータによると、日本の1月の輸出は8.4%減少し、2年間で最悪の結果となりました。日本最大の貿易相手国である中国への輸出は17.4%減少した。米国への輸出(主に自動車)は約6.8%拡大したが、米国(主に石油)からの輸入は7.7%のペースで速いペースで増加した。弱みの兆候は、日銀が即座に刺激に転向することを発表するのに十分深刻であるように思われる。日銀総裁の黒田弘彦は、景気後退局面にあることを否定しながら、長期国債利回りをゼロに、短期金利をマイナス0.1%に維持することを約束し、成長を支持すると発表した。 急激な経済的勢いの喪失に関するほとんどの解説は、中国の経済問題に対する責任をもたらし、それらを米国との初期貿易戦争に結び付けています。中国の景気減速は間違いなく日本の輸出問題の直接的な原因ですが、米国の関税は中国の一部でしかないため、日本の問題です。少なくとも同じくらい重要なのは、中国からの産業の離脱です。一部、これらの企業は関税を回避しようとしていますが、彼らは現在中国に入ることができるよりも低い賃金の労働者を求めています。理論的には、これらの中国以外の地域、主にアジアの他の地域では、中国にいたときと同じように日本で機器を調達することができましたが、管理が進んでいません。そして、中国が新たな、より遅い発展段階に入ったという事実があります。前世紀の後半に中国が経済的に出現したとき、それは経済的効率と能力を非常にそして容易に高めた多くの明白なプロジェクトを持っていました。それがそれらの機会を実現したので、成長のペースは当然遅くなりました。中国は何年もの間この事実と闘ってきており、怪しげな壮大なプロジェクトに従事することによって開発のその初期段階をシミュレートしようとしています。助けというよりむしろ、この努力は今やさらに中国の成長を妨げる借金のオーバーハングを生み出したにすぎない。 これらの他のすべての要因を念頭に置いて、中国の問題、ひいては日本の輸出の困難が他の人々が示唆するほど容易に消散しないことは明らかです。すべての関税を引き上げる中国とアメリカの間の有利な貿易協定でさえ、必ずしもかつてのように日本の輸出にとって実りある目的地に中国を戻すわけではありません。それでも、日本が最初に崩壊の兆しを見せた1990年代に輸出志向の成長モデルを放棄したのであれば、日本はこれをすべて避けることができたかもしれません。 それでも、かつて輸出志向の成長を後押ししていた若くて低賃金の人口が日本になくなったことは明らかでした。日本の賃金は長い間ずっと世界の最高水準にまで上昇していました。人口は若くして遠くなった。今日の時点で、国の人口の4分の1が65歳以上です。これは、世界のワークショップであり続けることを目的とした人口統計学的根拠ではありません。そうではなく、日本は、輸出の生産への依存度が低く、国内の売上高、特に消費支出への依存度がより低い、よりバランスのとれた経済での成長を期待することを示唆しています。日本のビジネスは長い間道を示していました。アジア、中国の低賃金地域へ、そして台湾、インドネシア、そしてフィリピンの他の地域へも生産を移しています。しかし、政府はより少ない洞察を示しています。それは消費を落胆させ続け、産業と輸出の支援に費やしてきました。この最近の悪い経済ニュースが再考を促すまで、それは実際に消費を押しつぶす売上高の増税を計画していました。 日本は、輸出主導型モデルの全盛期のように二度と急速に成長することはないでしょう。 これらの2桁の実質成長率は、今や昔の世界の一部です。 しかし、消費への移行により、政策は郡の人口により良いサービスを提供し、重要なことに中国の経済の脆弱性を解消することができます。 日本は生産をあきらめる必要はない。 低賃金で若々しい人々の間で海外生産をするだけでよいのです。 日本の技術と品質管理は譲渡可能です。 所有と管理は、日本の指導の下で他の国が生み出すものから多くの収入と富を日本にもたらすことを可能にするでしょう。 政府の重点の変化により、日本は、国民、特に高齢者のために商品やサービスを生産する消費者主導型経済を支援することができます。 このように経済は、現在の輸出志向の政策の下でそれを回避する安定性と成長を見つけることができます。

Read more
Page 1 of 22 1 2 22

Translate

Popular Post

宮迫さん「社長に『会見したら全員連帯でクビ』と」

   振り込め詐欺グループの宴会に出席して現金を受け取るなど一連の問題で、吉本興業から契約を解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんが20日、謹慎処分中のロンドンブーツ1号2号の田村亮さんと共に記者会見を行った。宮迫さんは、田村さんが6月に吉本興業に謝罪会見を開きたいと伝えた際、吉本興業の岡本昭彦社長から「やってもええけど、ほんなら全員連帯責任でクビにする」などと圧力があったと主張した。 【写真】「亮、ええよおまえ辞めてひとりで会見したらええわ」と言われたと… 会見は午後3時すぎ、東京都港区のビルの地下にあるイベントスペースで開かれた。会見は吉本興業が関わらない形で行われ、詰めかけた報道陣を前に、2人は黒のスーツ姿で登場。冒頭、深々と頭を下げた。 宮迫さんは、「何よりも詐欺の被害に遭われた被害者の方々、ご家族、親族の方々に、とんでもない不快なつらい思いをさせてしまっていることをおわびさせてください。本当に申し訳ありませんでした」と語り、再び頭を下げた。 さらに、「世間の皆様、我々のことを応援してくださっている方々、とんでもない取り返しの付かないことを、迷惑をかけてしまっている関係者の方々、そして、不快な気持ちにさせてしまっている全ての皆様に本当におわびさせてください」とも述べた。 田村さんは「自 分の 口か らもち ゃんと謝 罪を伝え たいと 思 います。詐欺被害に遭 われた方々そ してその親族の方々、本当 に不快な 気持ちにさ せてしまい、嫌な気持...

Read more