カルチャー

ゆがんだ人間演じることが…安藤サクラ、朝ドラ撮影開始

  今秋から放送されるNHKの連続テレビ小説「まんぷく」の撮影が1日、NHK大阪放送局(大阪市中央区)で始まった。ヒロイン・今井福子役を演じる安藤サクラは「ついに、ついに始まったんですね」と感無量な様子。「今まで体幹がゆがんだ人間を演じることが多かったのですが、福子ちゃんはまっすぐ歩く子だと思う。これからが楽しみ」と話した。 この日は、18歳の福子が母・鈴らとちゃぶ台を囲んで談笑するシーンなどが撮影された。安藤は「私は32歳の子持ちでございます。18歳というところが不安ですが、楽しみたいと思います」と笑いを誘った。 母親役を演じる松坂慶子は「大阪の温かい元気な空気に助けてもらいながら、頑張りたいと思います」。福子の姉役を演じる松下奈緒は「これからどんな人生になっていくのか非常に楽しみ。心までまんぷくになれるような朝をお届けできたらと思います」と話した。 「まんぷく」は、インスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)さんと妻仁子(まさこ)さんをモデルした物語。大阪を舞台に、戦前から高度成長期まで駆け抜けた夫妻の姿を描く。

Read more
魔女の宅急便に「キキの結婚式」 角野栄子さんが執筆中

  さまざまな物語を生んだ児童文学作家の話に、約280人が聴き入った。国際アンデルセン賞の作家賞に選ばれた角野栄子さん(83)が30日、山口県の下関市生涯学習プラザで講演した。作品に込める思いや執筆の思い出について語った。 主催は市内の児童書専門店「こどもの広場」。親交のある代表の横山真佐子さん(70)が司会を務めた。作品を紹介しながら、角野さんが執筆時の思いやエピソードを振り返った。 半世紀に及ぶ作家人生のスタートとなったデビュー作は「ルイジンニョ少年」。角野さんは「私は書くってこんなに好きだったかと。これを一生やっていこうと思った」と話した。「小さいときから死に不安と恐怖をずっと感じていた。それが書くことで少し解消された」 落語や漫談が好きな父親から大きな影響を受けたという。「言葉にリズムがあり、演出がある。お話というのはこんなにおもしろいんだなと。父が話すのがすごく楽しくて、私の一生を潤してくれるものがそこにあった」と語った。 下関は「第二の故郷」と話す角野さん。30年前に山口県長門市であったセミナーで、今回の講演を企画した横山さんに出会ってから、毎年のように訪れているという。「下関のかたって面白がり屋の気分がある。おいしいものもたくさんあるしね」と話していた。 違う世界の私 想像…気分晴れる 講演前、角野さんが朝日新聞の単独インタビューに応じた。主なやり取りは次の通り。 ――3月の受賞の一報はどちらで聞きましたか。 「自宅で、夜の10時半くらいでした。賞が取れるとは全く思っていなかったから、誰にも選考に残っているとは言わなかった。お知らせを受けたからうれしいなと思いました」 ――物語には、10歳から13歳くらいの少女が多く登場します。 「面白いんです。子どもなんだけど、自分じゃ大人だと思っている。何かに出会うんじゃないかとワクワクした気持ちをもっている女の子を書いてみたい」 ――ご自身はどんな少女だったのでしょうか。 「5歳の時に母を亡くし、死や生についてずっと考えていました。両親にあたたかく育てられた子どもより、想像することは多かったかもしれません」 「違う世界だったら私と違う私がいるとか。ここじゃなくて向こうに行ってみたいみたいな気持ち。好奇心と想像力を働かせると、気分が晴れやかに、生き生きとしてくるんですよね」 ――思い入れのある本は。 「子どものころは本があまりなかった。あっても兄弟や近所で回し読みでした。でも、中学2年でおじが初めて買ってくれた本が『ビルマの竪琴』です。あたしの本っていうのが格別なんですよね。持った紙の感覚や匂いをはっきり覚えています」 ――これからはどんな物語を。 「いま書いているのは、『魔女の宅急便』のサイドストーリー。キキの結婚式も書きましたが、まだ出せていません。終わってからは『トンネルの森 1945』の女の子の戦後を書きたいです」 ――どう読んでほしいですか。 「こう読んでほしい、ということは全く思っていない。読むことで、その人がどう受け取り、どう感じるかが思い出に残る。私の物語が残るんじゃなくて、読んだ人の物語に変化して残るというのが、物語の面白いところだと思います」

Read more
福祉施設の浴場で80代男性2人が死亡 愛媛 西条

  30日午後、愛媛県西条市の福祉施設の浴場で、80代の男性2人が倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。2人に目立った外傷はないということで警察が死亡の原因や詳しい状況を調べています。 30日午後1時前、愛媛県西条市の福祉施設、「西条西部地域交流センター」の浴場で、男性2人が浴槽の中に浮かんで倒れているのを別の男性が見つけました。 2人は駆けつけた消防隊員に救助され市内の病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。 警察によりますと、死亡したのは、いずれも西条市の藤田亀市さん(82)と、竹本英俊さん(81)で、施設が定期的に開放している浴場の利用客だということです。 2人の遺体に目立った外傷はなく、当時浴場には別の男性客がいましたが、異変には気づかなかったということです。 また西条市によりますと、死亡した2人のうち、1人には心臓の病気があったということで、警察が死亡の原因や詳しい状況を調べています。 西条西部地域交流センターは市が運営する福祉施設で、浴場のほか、娯楽室や集会場などがあり、30日は西条市民が無料で浴場を利用できたということです。

Read more
SLですがピンク色です 鳥取 若桜鉄道

  鳥取県東部を走る第三セクターの若桜鉄道の駅で、車体がピンク色のSLが披露され、大勢の観光客などでにぎわいました。 ピンク色のSLが登場したのは鳥取県若桜町の若桜駅です。この鉄道会社では、5月1日が数字の語呂合わせで「恋の日」となるとして、大型連休のこの時期に黒い色のSLをピンク色に塗り替えています。 30日は、若桜町の矢部康樹町長などが出席してお披露目式が行われ、ピンク色のSLが煙突からシャボン玉を吹き出しながら現れると、集まった観光客たちが写真を撮影して楽しみました。 大阪府から訪れた30代の会社員の男性は「列車に乗るのが好きで、毎年このイベントに参加しています。多くの人が来て地域の活性化にもつながると思います」と話していました。 また、鳥取県米子市から訪れた中学1年生の男子生徒は「初めて見てびっくりしました。ピンク色のSLは珍しいのでおもしろいと思います」と話していました。 このピンク色のSLは、来月27日まで駅構内で展示されるほか、大型連休中の来月3日から6日の間は試乗会も行われるということです。

Read more
脱走受刑者を広島市内で確保、逮捕 「泳いで渡った」

  愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者の平尾龍磨容疑者(27)が脱走した事件で、広島県警は30日、広島市南区にあるJR広島駅周辺の路上で同容疑者の身柄を確保し、逃走の疑いで逮捕した。調べに対し「海を泳いで渡った」と話している。 県警によると、同日午前11時半ごろ、インターネットカフェの店員が「平尾に似ている人がいる」と110番した。駆け付けた警察官が平尾容疑者に職務質問し、名前を確認したところ本人だと認めた。指紋などからも同容疑者と確認された。発見時は上下黒っぽい服装で、脱走から約3週間ぶり。 愛媛、広島両県警によると、8日夜、脱走が発覚。瀬戸内しまなみ海道で結ばれている広島県尾道市の向島で、平尾容疑者が使ったとみられる盗難車が見つかった。向島の防犯カメラには24日夜、平尾容疑者に似たひげを生やした不審者の姿が写っていた。両県警は島内での捜索を中心に、海を渡って本州に逃げた可能性もあるとみて調べていた。

Read more
自動車の未来形は「ガラスの卵」? エンジンレスと自動化で

  未来の自動車は、ボンネットの短い、ガラスの球体のようなスタイルになるのではないか──。カーデザイナーなど業界関係者は自動運転化と電動(EV)化が進む自動車の姿についてこんな想像を巡らせている。 決定的な変化は動力が電気モーターに代わり駆動システムの簡素化とコンパクト化が進む点。内燃機関は躯体がかさばり、冷却装置や複雑な変速装置が欠かせないが、EV化でこうしたスペースは不要になる。 電気モーターと自動運転技術を組み合わせるとボンネットがいらなくなるだけでなく、衝突時に衝撃を吸収する「クラッシュゾーン」も不要になる。その結果、未来の自動車は1960年代に放映された米人気テレビアニメ「宇宙家族ジェットソン」に出てくる宇宙船のようなスタイルになるというのだ。 日産自動車<7201.T>の高級車部門「インフィニティ」のデザイン責任者カリム・ハビブ氏はロイターのインタビューで「論理的に考えれば次はそうなる」と述べた。自動運転技術が100%機能して事故が一掃されれば、個人の移動にとって最も効率的なデザインはガラスの球体だという。 日産が今週の北京モーターショーで展示する「Qインスピレーション」コンセプトカーはボンネットが短く、クーペのようなルーフラインを持ち、セダンながら車内のスペースはSUV(スポーツタイプ多目的車)並みだ。 ダイムラーのメルセデスベンツの「F015」コンセプトカーは前輪がバンパー付近に装着され、ルーフは虹のようなラインを描く。 車は技術の進歩によって設計と製造過程が変化しつつある。特にEVは機械的、構造的に簡素化して従来よりも部品の点数が減り、プラットフォームや部品、製造過程の共通化が進んでいる。 こうした動きに伴って車のデザインも大きく変わりそうだ。 中国の新興EVメーカー、バイトンのカーステン・ブライトフェルド最高経営責任者(CEO)はインタビューで、EV化と自動運転化によって自動車は簡素化すると予想。今の車は4人から7人乗りが多いが、走行時間の70%は1人か2人しか乗っておらず、時速250キロの最高速度を誇ってもそんなスピードで運転する人はいないと指摘。未来の自動車は過剰な性能がことごとくそぎ落とされ、乗車人数が少なく、荷物スペースが広く、タイヤが小さくて最高速度を抑えたものになると考えている。 最高速度が低ければ流体力学を考慮する必要がなくなり、スタイルは箱型に近くなるという。「小型だが社内のスペースは1人か2人の乗車にはゆとりがあり、豪華になるだろう」という。 一方、メルセデスベンツのプロタクト・パワートレーン戦略ヘッドのヨハネス・ライフェンラス氏は、長距離走行に耐えるバッテリーを搭載するため、ホイールベースがかなり長くなると予想している。

Read more
「ブラクロ」第30話、アスタがシスコンのゴーシュに追いかけ回される

  「鏡の魔道士」ではアスタが以前知り合ったレベッカとその弟妹たちを訪ね、ネアンの町を訪れることに。そんな中、妹のマリーと会うため同様にネアンの町へと向かった、黒の暴牛団のメンバーであるシスコンのゴーシュは、アスタと仲良く遊ぶマリーを偶然見てしまい、アスタを追いかけ回すことになる。 第30話は明日4月30日放送。なお5月25日にはアニメ第11話から第19話までを収録した、Blu-ray / DVDの第2巻がリリースされる。

Read more
TVアニメ『踏切時間』、第4話のあらすじ&先行場面カットを公開

  2018年4月から放送開始となったTVアニメ『踏切時間』より、第4話「SNS兄妹」のあらすじと先行場面カットが公開された。 ○●TVアニメ『踏切時間』、第4話のあらすじ&場面カット ■#4「SNS兄妹」 会話ができる距離なのに、あえてSNSのメッセージでやり取りをする兄妹・タカシとミサキ。踏切待ちの間、いつものようにSNSで会話をしていると、二人の会話は、予想外の方向へ展開し―― TVアニメ『踏切時間』は、TOKYO MXほかにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

Read more
ヒカキン、現在の年収は“さんまの3分の1”?

  YouTuberのヒカキン(29歳)が、4月29日に放送されたトーク番組「さんまの転職DE天職7」(日本テレビ系)に出演。元スーパーの店員時代の月給が手取り13万円だったと語った。 「ただ東京に出たかった」というヒカキンだが、スーパーの店員時代の月給は手取り13万円で、常に節約していたという。業務用の200円するかしないかの焼きそばを毎日食べていたが、特技のヒューマンビートボックスをYouTubeに掲載すると世界的にブレイク。 4年間務めていたスーパーを退職し、今ではアップした動画再生回数82億回の人気YouTuberになったヒカキンだが、「いつか(明石家)さんまさんと一緒に動画で共演したい」と夢を語っていた。 なお、番組のスタッフが、現在のヒカキンの年収をたずねたところ「具体的には(明石家)さんまさんの3分の1くらい」と冗談めかしてコメント。さんまも「そんなに貰ってるのか!」とボケに乗っかる一幕も。 Twitterなどのネットでは「さんまさんといつかヒカキンさんの動画でコラボ見たいなあ」「さんまさんどれだけ稼いでるんだろう…」「本当にすごいと思う」「これからもがんばって!」といった反応が寄せられている。

Read more
取り締まりが難しい「チケット高額転売」、法規制求める動きも…論点は何なのか?

  音楽のライブコンサートや、スポーツイベントのチケットが、高額で転売されている問題は、ファンだけでなく、アーティストたちも悩ませている。 こうした状況を改善しようと、宇崎竜童さんや夏木マリさん、Zeebraさんたちは4月中旬、「ライブ・エンタテインメント議員連盟」などが主催した会合に登壇して、チケットの高額転売ができないよう規制する法整備をもとめた。 ネット上では、人気アーティストのライブチケットがときに数万円、十数万円という価格で売買されるケースが相次いでいる。たとえ「転売禁止」とチケットに表示されていても、こうした高額転売はあとを絶たないのが実態だ。 どうしてもチケットがほしい、熱心なファンは、本来負担する必要のない対価の支払いを余儀なくされている。だが、現行法では、こうした高額転売が規制されていない。今後、どのような対策が必要になるのだろうか。 数々のアーティストの全国ツアーに同行しながら、コンサートチケットの高額転売問題に取り組んできた太田純弁護士に聞いた。 ●転売の利益は「アーティスト」に還元されていない ——そもそも、どうして高額転売はダメなのか? 転売の利益は、アーティストに還元されておらず、反社会的勢力の利益にも結び付いている面が懸念されています。また、全体としてのイベント運営を考えると、ファンがチケット取得のために高額の金銭を負担してしまい、グッズ購入などに回すことができておらず、ひいては、アーティストや音楽ビジネスにとって、大きなマイナスにもなっていると指摘されています。 消費者側からすると、ライブ当日都合が悪くなり、やむを得ず行けなくなった場合にどうしたらよいのか、市場原理が働かなくなるのではないか、といった意見もあるところです。しかし、この問題は非常に根深いです。 ——どういうところが根深いのか? そもそも法規制が古いのです。ダフ屋行為に関しては、都道府県の迷惑防止条例によって、現実の世界における「公共の場所」での行為にのみ、取締り規制が及ぶだけです。ネットダフ屋行為に対するルールがありません。法整備によって、きちんとしたルール作りが必要です。 神戸地裁で2017年9月、この手の事案に「詐欺罪」を適用するという判断を下した事例もあります。裁判所はうまく考えたと思いますが、あくまでも個別の事例解決にすぎません。ほかの法律としては、古物営業法の適用可能性もあるところですが、射程を明確にするためのルール作りが求められていることに変わりはありません。 ●ネットダフ屋は「市場原理に著しく反する」 ——古い形態のダフ屋行為はどうなっているのか? ずいぶん前から「転売を前提とした」チケットの「買い占め行為」がされてきた背景があります。 たとえば、ファンクラブの先行予約を企画・実施することがあります。熱心なファンにこそチケットを回してあげたいところですが、実際には大量買い占めがあります。ファンに成りすまして、ファンクラブに紛れ込んでくる悪質な業者もいたわけです。 そこには、個人情報を他人に貸す行為や盗用、あるいは証明書類の偽変造による成りすましもあり、主催者側で見抜くことなど、とうてい不可能だったわけです。社会全体でのさまざまな違法行為が密接に絡んで、こうした現象を生んでいます。 ——ネットダフ屋は? ネットダフ屋に関しては、さらに高度化しています。ネット上でチケットを大量に購入する電子プログラムを用いて、機械的に不正な手段で大量に買い占めてから、転売している業者もいます。市場原理に著しく反する行為と言えます。買い占められて、値段をつり上げられてしまうならば、ファンは「行きたくても行けない」「買いたくても買えない」状態と言えます。 ●「高額チケット」を購入したファンを入場拒否できるのか? ——これまで、どういう対策がされてきたのか? アーティストの中には、みずから率先して、15年くらい前から、この問題に対して取り組んできた人もいます。チケットに「転売禁止」を大きく表示して、転売されたものは無効であると注意喚起しつつ、購入者の個人情報を入場段階でチェックするという行動に出た人もいました。 しかし、この場合、会場設営において、チェックカウンターの設営数や、観客の動線をどのようにするか、安全管理の面で適切な構築をしなければ、入場までに大きな混乱と大幅なタイムロスを招いてしまうおそれもあり、成功事例は少なかった時代がありました。 「譲渡禁止無効」の特約の効力を主張して、入場を拒否することは可能ですが、高い値段を払って取得してきたファンを前に、入場を拒否するということは、主催者としても非常につらい決断を迫られます。そのフォローやケアをどうするかも問題でした。 ——その後、状況に変化はないのか? アーティストだけでなく、ファンのみなさんの理解も進み、また会場設営側でも工夫を凝らしてきた結果、10年くらい前から、いくつかのアーティストのライブでは、本人確認がスムーズにおこなわれてきています。 中には、プレミアムチケットとして、着席まで専用レッドカーペットによる入場、コンセルジュによる入場のお手伝い、専用のグッズコーナー、専用のお土産グッズといった、チケットの特別感を醸成しつつ、本人確認に対する理解を得て成功した事例もありました。...

Read more
Page 145 of 186 1 144 145 146 186

Translate

Popular Post

2018年に日本の山に座礁した記録3,129

  木登りやウォーキングなどの活動でブームが続いている中、記録的な3,129人の人々が昨年の日本の山々に取り残されたと、警察の報道は明らかにした。 事故件数は78件から2,661件に増加しましたが、1961年に比較可能なデータが入手可能になって以来、過去最高を記録しました。 これに対し、警察庁によると、死者や行方不明者の数は12人から342人に減少し、そのうち70%以上が60歳以上であるという。 全体では、50.5%の人が立ち往生し、71.9%の人が死亡したか、まだ行方不明になっていますが、60歳以上でした。 最大の苦痛を抱えているのは70歳以上の人で、698人(22.3%)で、60代の人は692人(22.1%)、50代の人は486人(15.5%)でした。 死者と行方不明者のうち、110、32.2%が70代、101、29.5%、60代、42、12.3%が50代でした。 活動別では、385(12.3%)が野生の野菜やキノコを選んでいました。 報道によると、ゲレンデ外スキーの間に合計111人の海外観光客が立ち往生していた。 都道府県別では、長野が297で最も多く、北海道が201、東京が147となっています。 78.4パーセントのケースで、立ち往生している人々は助けを求めるために携帯電話または他の通信機器を使用しました。 2013年以降、事故の数は毎年2,000件を超え、警察は人々に適切なルートの計画と必要な装備品の装着を促しています。

Read more