G20首脳、関税撤廃を懸念

Image: japantimes

 

日本政府関係者は、20カ国の主要経済大国からの指導者の中には、米国と中国の貿易戦争が世界経済に与える悪影響が懸念されているとの認識を示した。

しかし、世界の2大経済国である米国と中国が数億ドルの罰金刑に拘束されていることから、G20が合意に達することができるかどうかはまだ分かっていない他の輸入品。

先月のアジア太平洋経済協力サミットでは、ワシントンと北京の間の深刻な分裂を背景に、1993年にフォーラムが始まって以来、21人のメンバーの代表が共同宣言を初めて確定しなかった。

G20首脳会議が2008年の創設以来初めての共同コミュニケを採択するには不十分であれば、世界経済の見通しを曖昧にする共通の枠組みを見つけるための現行の国際枠組みの能力に疑念が沸きます。

ドナルド・トランプ大統領と中国人民代表大使西ジンピンは、2017年11月以来、初めての対面協議を予定している。

国連安全保障理事会は、ブエノスアイレスで開催された安倍晋三首相との会合の初めに、「我々は非常に懸命に働いている」と述べ、米中首脳会談の見通しについて楽観的な見解を表明した。

「もし取引ができれば、それは良いことだ。私は彼らが欲しいと思う、私はしたいと思います、 “トランプは言った、加えて、”いくつかの良い兆しがあります。私たちは何が起こるか見るでしょう。

トランプ氏は、安倍晋三首相と会談し、両首脳の首脳会談で、米国との間の貿易不均衡を「非常に迅速に」対応するよう求めた。

トランプ氏は、財政赤字を「大規模なもの」と「相当なもの」と呼んでいる。「これを非常に迅速にバランスさせることを望んでいる」

トランプ氏は、日本がF-35やその他の米国戦闘機を購入したことを賞賛した。 「日本は大量の戦闘機やF-35などを購入しており、非常に感謝している。 「私たちの赤字のバランスを取ろうとして、彼らは本当に私と一緒に働いている」

日本政府高官は、政府がF-35の新規購入を決定していないが、国防総省は将来のために全国の戦闘機システムを見直していると述べた。

トランプは、米国との巨額の貿易黒字と慢性的な貿易黒字を批判している。彼の政権は、自動車や農業の市場アクセスを拡大するために日本を押しつけると期待されている。

米商務省のデータによると、米国との貿易赤字は2017年に688億5000万ドルで、米国が貿易赤字を出した国の中で3番目に多い。

安倍晋三官房長官は、アルゼンチン首都圏のXiとの会談で、米国と中国の指導者たちが有益な議論を展開することを希望していると述べた。

ウォールストリートジャーナル紙は、米国と中国の関係者を挙げて、春からの関税引き上げの見返りに、中国側の経済政策の「大きな変化」を見据えた新たな協議の開始を検討していると報じた。

しかし、両首脳が貿易問題について譲歩することは容易ではないとの憶測が蔓延している。トゥループは、対話を通じて進行中の貿易紛争を解決しようとしているにもかかわらず、

これまで米国は、北京の知的財産権や技術盗難その他の貿易苦情に対応して、中国の輸入額の2500億ドル(毎年中国から輸入する商品の約半分)に関税を課している。

報復では、中国は、米国から輸入されるすべての商品の80%以上に関税を課している

中国の胡錦濤国家主席は、「開かれた協力の精神を守りながら、多角的貿易体制を守る必要がある」と語った。

貿易問題は「広範に議論されるべきだ」と各国は「独断的であってはならない」と国営メディアによると、西首相はG20の対応国に語った。

一方、批判は、北京の不公平なビジネス慣行についての国際社会の間で長引いている。国営企業に不透明な利益をもたらすために、中国は多くのG20諸国からも怒られている。

トランプ氏は明らかに、米国の巨額の貿易赤字を抑制するだけでなく、知的財産権や技術盗難を心配せずに中国市場で米国製品を販売することを試みているという外交筋が明らかにした。

Source :

Japan Times

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


fifteen + seventeen =