米国株、ダウ続伸 アップルが上場来高値、ナスダック反発

Source: nikkei

 

4日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比332ドル36セント高の2万4262ドル51セント(速報値)で終えた。アップルが大幅高となり、ほぼ1カ月半ぶりに上場来高値を更新した。投資家心理の改善につながり、主力のIT(情報技術)関連株にも買いが波及して相場全体を押し上げた。

著名投資家のウォーレン・バフェット氏が1~3月期にアップル株を7500万株買い増したと米CNBCテレビのインタビューで明らかにした。1日にアップルが発表した四半期決算は好調なサービス事業がけん引し市場予想を上回る増収増益で、アナリストによる目標株価の引き上げも相次いでいた。4日はバフェット氏に追随する買いが膨らんだ。

朝方発表の4月の米雇用統計では非農業部門の雇用者数の伸びが市場予想を下回り、平均時給の伸び悩みが続いた。一方、失業率は市場予想以上に低下した。米景気は緩やかな拡大を維持しつつも、米連邦準備理事会(FRB)は利上げを急がないと受け止められたことも買い安心感を誘った。

米国と中国の貿易摩擦を巡る通商交渉が長期化するとの見方から朝方は売りが先行した。ただ、ホワイトハウスが中国との初交渉を終えて「米中の経済関係の調整について率直に議論した」との声明を発表し、交渉が前向きに進むとの見方が広がり相場を押し上げた面もあった。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日ぶりに反発し、前日比121.467ポイント高の7209.618(速報値)で終えた。アルファベット(グーグル)やフェイスブック、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コムといった主力株が総じて買われた。

Source :

nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


nineteen − 4 =