ソフトバンクの18年3月期、純利益27%減 デリバティブ損失響く

Source: nikkei

 

ソフトバンクグループが9日発表した2018年3月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前の期比27%減の1兆389億円だった。前の期はフィンランドのゲーム大手スーパーセルの売却益を計上していたため、18年3月期はその反動が出た。中国・アリババ集団株に絡むデリバティブ損失の計上も響いた。

売上高は3%増の9兆1587億円だった。営業利益は27%増の1兆3038億円。10兆円規模の資金を運用する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」での株式評価益が貢献した。

19年3月期の業績見通しは開示しなかった。年間配当は前期と同じ44円を見込む。

Source :

nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


two + seven =