トランプは、米国の赤字と日本の「非常に速い」バランスをとるよう、

Image: Kevin Lamarque

 

ドナルド・トランプ米大統領は、金曜日、安倍晋三首相に対し、両国間の貿易不均衡を「非常に迅速に」対応するよう促した。

トランプ氏はブエノスアイレスでメディアに公開されていたミーティングで、日本のF-35やその他の戦闘機の購入に対する評価を表明し、日本の貿易赤字を縮小した。

しかし、財政赤字を「巨額」と「実質的」と呼んでいると、トランプ氏は「われわれはそれを早急にバランスさせることを望んでいる」と述べた。

指導者たちは、両国政府が早ければ1月中旬に二国間貿易協定の交渉を開始する予定であることから、会談した。

交渉は、日本の経済活性化大臣である茂木利光とロバート・ライトハイザー(Robert Lighthizer)貿易代表部が率いる。

9月の合意にもかかわらず、アルゼンチンの首都圏で開催された20カ国首脳会議の席上で、トレードは貿易協定にサービスを含めることを要求した。

トランプは、米国との巨額の貿易黒字と慢性的な貿易黒字を批判している。彼の政権は、交渉で自動車や農業の市場アクセスを拡大するために日本を押し進めることが期待されている。

安倍晋三官房長官はまた、自由貿易と開放的なインド・パシフィックの進展に関する両国の協力の進展と、ホワイトハウスによると、エネルギーやインフラなどの分野における協力を拡大するための共通の決意を実現するための次のステップについて議論した。

彼らは、1970年代と1980年代に北朝鮮の非核化を促進し、平壌の日本人拉致問題に取り組むための共同努力を強化することに合意したと考えられていた。

インド首相ナレンドラ・モデイ(Narendra Modi)を含む別の会合で、3人の首脳は、明らかにこの地域における中国の影響力に対抗することを目指して、自由で開放的なインドパシフィックのビジョンを進めることに合意した。

3つの主要な民主主義を含む第1回首脳会談となった。

Source :

Japan Today

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


20 − five =