Month: January 2019

日韓緊張からのフォールアウト

日韓緊張からのフォールアウト

ワシントン -日本と韓国の二国間関係は、管理が最も困難なものの1つです。日本が朝鮮半島を併合した1910年に合併症は始まり、当時は李朝の統治下にありました。第二次世界大戦での日本の敗北は、半島における植民地支配の終焉をもたらしましたが、日本の植民地支配の間の朝鮮人の虐待は、今日までの二国間関係を覆い隠し続けています。三つの歴史的問題が二国間関係を悩ませてきました。戦時労働 そして日本の歴史教科書には日本の戦前の行動についてどのように記述されているか。さらに、竹島の主権をめぐる論争があります。 今日、日韓関係は1965年に両国が正常化して以来最低の水準にまで落ち込んでいるようだ。両国間の外交的緊張は、10月に韓国最高裁が判決を下して判決を下したときに明らかになった。第二次世界大戦中に強制労働として動員されたと主張した人々に経済的に補償する企業 防衛省が、韓国海軍駆逐艦の標的レーダーが海上自衛隊監視機に閉じ込められたと発表したとき、二国間の緊張は新たな高みに達した。この事件に対する行き詰まりが続いている中で、韓国は機動部隊を「挑発的」と呼び、機動部隊を危険な低い高度で飛行させたという新たな主張を出しました。視力。 東京とソウルの歴史問題に関する摩擦は目新しいことではありませんが、いくつかの重要な傾向が収束しつつある現在、一連の出来事が起こっています。1つ目は日本で広まっている「韓国の疲労」です。最近の出来事だけに焦点を合わせるのは簡単ですが、二国間関係の悪化は、現在の両国のリーダーシップよりも先に進んでいます。 実際、少なくとも東京の観点からは、2012年に李明博(イ・ミョンバク)大統領が竹島を訪問したときに、二国間関係の悪化の最も最近のサイクルが始まった。日本の皇帝が朝鮮民主主義人民共和国の統治時代から朝鮮半島の独立派活動家に謝罪することを要求する。このことは、韓国の政治指導者たちが政治的利益のために歴史的遺産問題を政治化しているという、多くの日本の政治指導者や政策エリートたちが抱く懸念を再確認した。 慰安婦問題の「不可逆的決議」に関する長年にわたる軍事情報の安全保障協定(GSOMIA)と2015年12月の協定の調印により、朴h恵(パク・グンヘ)大統領の終結に向けた二国間関係が回復した月の政権が東京が外交協定を損なうことを目的としていたと考えた措置を取り始めたときにすぐに失った。 言い換えれば、日本は大部分の場合、政治的に動機付けられているとして日本に批判的であるため、いかなるソウルに対しても妥協するつもりはないという韓国政府の行動を見ている。 第二に、ソウルの現在の政府は、それが北朝鮮によって引き起こされた核と他の課題に関してはワシントンと東京との緊密な政策協調を維持するより南北和解にもっと焦点を合わせています。さらに悪いことには、二国間特別措置協定を更新する交渉が、韓国が米軍に対する受入国の支援にどれほど多くの可能性がありそして支払うべきであるかについて行き詰まったために、ソウル 最近の世論調査によると、大多数の韓国人は、トランプ政権によるホスト増強の圧力に屈するのではなく、大韓民国の米軍の縮小や撤退を容認するだろうと示唆している。ネーションのサポート。朝鮮民主主義人民共和国が朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮民主主義人民共和国)の敵と見なされなくなり、月が南北和解を最優先課題に掲げていた当時、米国との二国間同盟の管理はソウルで後退していた日本との関係 - この地域の他のアメリカの同盟国。 最後に、トランプ政権の外交政策への二国間の取引アプローチは、東アジアにおける2つの重要な同盟国間の関係が少なくとも機能的であることを保証するための努力に米国が従事することを少なくした。結局、日本と韓国の指導者たちが朴政権の下でスピーチをしていなかったとき、日米韓の首脳会談を組織して日米韓の指導者たちに話させるのはバラク・オバマ大統領だった。現在の政権下では米国からそのようなリーダーシップが期待できないので、東京とソウルが対話の開始を模索することさえ始めなければならないような機能はない。 最近の出来事が特に気になるのは、過去に政治レベルで緊張が高まった場合でも関係を安定させるために働いていた2つのセクター - ビジネスと国防 - が関係しているということです。韓国におけるこれらの会社の資産を没収する命令を含む、強制労働に関する日本の会社に対する韓国最高裁判所の判決は、日本企業に悪影響を及ぼす効果をもたらしました。同様に、両国の防衛省庁間の非難の交換は、防衛関係が二国間関係を提供してきた安定性を著しく損ないました。 これは本当に残念です。今日の世界では、北朝鮮からの安全保障上の課題に直面することに加えて、日本と韓国は多くの共通点を共有しています。両国は、第二次世界大戦後のリベラルな国際秩序から大きな恩恵を受けました。彼らは、システムを強調する基本的な国際的な規範や価値観 - ...

ブルーカラー労働の導入に備えて、外国人労働者のブローカー規制を強化する日本

ブルーカラー労働の導入に備えて、外国人労働者のブローカー規制を強化する日本

政府は、新しいビザの下で海外からブルーカラー労働者を引き込む準備をしているため、日本で就職しようとしている外国人から大きな金額を集めるブローカーに対する規制を強化することを計画している。 労働省が作成した計画案によれば、政府は、海外のブローカーと協力する日本の人材派遣会社により厳格な基準を導入することにより、新しいビザ制度が発効する予定の4月から外国人労働者の保護を強化することを目指している。 この動きは、政府が後援する技術的インターンシッププログラムの下で研修生として国に到着する外国人労働者が直面する問題を反映している。ブローカーは保証金やその他の手数料を口実にして労働者やその家族から多額の資金を集めているため、多くの場合、多額の債務を負っています。 想定される厳格な規制の下では、海外の仲介業者が労働者から預金を集める場合、途中で辞めた場合に罰金を支払うことを要求する契約書に署名する場合、旅費にお金を貸す場合、日本の広告代理店は許可を取り消すか否かまたは他の手数料。 日本は現在、ブローカーに各国での仕事の許可が与えられているかどうかを確認していますが、預金を集めるかどうかは確認していません。 東京は、人口の高齢化と少子高齢化のため、建設、農業、介護など、労働力を必要とする分野に外国人労働者を引き付けるための新しいビザシステムを作成しました。 この制度の導入は、医師、弁護士、教師など、専門知識と高い技能レベルを持つ人々にのみワーキングビザを有効に付与したこの国にとって大きな変化を表しています。 同省によると、日本の外国人労働者数は過去10年間で3倍に増え、過去最高の146万人となった。

日本:3週間で3回目の地震の後、この国へ旅行するのは安全ですか?

日本:3週間で3回目の地震の後、この国へ旅行するのは安全ですか?

地震は2019年の初めまで日本を悩ませてきました。最新の微動は1月26日に九州の島で襲いました。幸いなことに死傷者は報告されなかったが、自然災害は数週間の間に国内で同様の2つの事件を起こした。日本は毎年何千人ものイギリスの行楽客を迎え入れていますが、彼らの旅は危険にさらされる可能性がありますか? 日本の現状は? 1月26日、日本の九州の島は、マグニチュード4.4の地震に見舞われました。それは、同様の大きさの別の微動に襲われてからわずか3週間後、その南東部沿岸で急速に拡大しました。 気象庁(JMA)は、今日の震源は午後2時16分(グリニッジ標準時午前5時16分)に熊本県を襲ったと述べたが、その結果として津波の危険はないと強調した。 6マイルをわずかに超える距離で起こった地震は、1970年代のリヒターマグニチュードスケールを置き換えたナゴミの町の標準モーメントマグニチュードスケールの4.4に相当する日本の地震スケールでより低い5を記録した。 地震による怪我の即時報告はなかった。 日本:地震の後に日本に旅行するのは安全ですか?(画像:ゲッティ) 英国政府は日本への旅行について何を言いましたか? 英国政府は、行楽客が日本を訪問してはならないと示唆するいかなる助言も出していない。 それでも彼らは地震の脅威にフラグを立て、旅行者に準備をするよう警告した。 彼らはこう述べています。「日本中で地震、火山噴火、津波の危険性が続いています。 「最新の警告や勧告は気象庁のウェブサイトに掲載されています。 日本は大地震地帯にいるので、地震や津波が発生した場合の安全手順をよく理解し、ホテルの部屋、駅、および地元の都道府県のWebサイトで指示に注意してください。 「津波警報を含む、地震に関する情報および日本の町や都市への影響は、気象庁によって公表されています。」 2017年には合計310,500人のイギリス人が来日しました。 日本:日本は短期間で3つの地震を被った(画像:ゲッティ) 日本:イギリス政府は日本への旅行に対して警告していない(画像:ゲッティ) 以前の日本の地震はいつですか? 1月3日、名古屋市はマグニチュード5の地震に見舞われ、JMAは翌週に余震の可能性について警告しました。 5日後、鹿児島県丹下島の西之表から北西北に10マイルのところで、大きさ6.3の地震が発生しました。 ...

「生き方」:日本の捕鯨者は条約撤回を支持

「生き方」:日本の捕鯨者は条約撤回を支持

冬の潮風でスライスしたクジラの肉をきちんと並べて「ジャーキー」にしている、マサキテツヤは、捕鯨は彼の小さな日本の南房総の日常生活の一部に過ぎないと言います。 日本は、12月に国際捕鯨委員会から撤退することを決定したときに、その文化遺産の一部として商業捕鯨に戻ると言って憤慨を呼び起こしました。 まれにその遺産は、南房総で、東京の南70キロ(40マイル)南の太平洋沿岸の町にあり、そこには残りの一握りの地元捕鯨会社の1つであるGaibo Hogeiがあります。 Gaibo Hogeiの加工工場労働者、32歳のマサキ氏は、地元の捕鯨産業が縮小していることを認めているが、特に夏の捕鯨シーズンの間はまだ町の "不可欠な"部分であると言っている。 地元の住民や観光客が、地域の400年にわたる捕鯨の歴史を生かし続けるための努力の一環として、地元の住民や観光客が屠殺場で解体されているのを見ることを許可しています。 地元の学童も海辺の施設にやって来て、そこで彼らは特別なチョッパーで厚いクジラの皮から肉を剥ぎ取る労働者のまれな光景を詳しく見ることができます。 Gaibo Hogeiの57歳のShoji Shoji Shojiは、日本がIWCから撤退するという決断は「遅すぎるが正解」と述べ、「100%」支持したと付け加えた。 国際捕鯨委員会から撤退することを決定したとき、日本はその文化遺産の一部として商業捕鯨に戻るだろうと言って憤慨を引き起こしました Shojiの毎年恒例の大型クジラ26頭(IWCの対象にはなっていませんが、国内の割当量の対象となるクジラ)は、沿岸捕鯨の5つの拠点の1つである和田港に着陸します。 6月に東京が正式にIWCを去った後、条約の下で保護されたミンククジラの商業捕鯨を再開するために、彼は「当然のこととして」準備を進めていると述べた。 「地域の特産品」 東京の決定は、環境保護論者やオーストラリア、ニュージーランド、カナダなどの反捕鯨国からの批判の火花を巻き起こしました。 それは日本によるまれな挑発的外交であり、第二次世界大戦敗戦以来、物議を醸す外交政策を一般的に追求してきた。 しかし、NHK公共放送局による1月の世論調査では、37%が反対したのに対し、過半数(53%)が撤退決定を支持したと示唆しています。 ...

若者が奉仕することができなければ、日本はどのようにして自らを守るのでしょうか。

若者が奉仕することができなければ、日本はどのようにして自らを守るのでしょうか。

高橋英明は、素早い、素早い足の早口の31歳です。東京の繁華街にあるビデオゲームの巨大アーケード、台東駅では、彼のフットワークの「ダンスダンスレボリューション」の習熟度が群衆を引きつけます。スピードで「ギターヒーロー」を考えてください。 秀明はまさに日本の軍隊が徴用する必要がある市民のタイプです。全体として、日本の人口は減っているが、低下は、18〜32歳、それらの中でも特に注目される日本の募集資格。その人口は1994年の900万人から2018年には560万人に減少した、と日本の防衛省は言った。自衛隊は何年もの間毎年恒例の入隊勧誘目標を逃してきた。自衛隊の平均年齢は現在35歳以上です。 しかし、それは単に数字の問題ではありません。全体として、日本の若者は奉仕したくないのです。 海上自衛隊計画・プログラム担当副所長の平田敏行氏は、次のように述べています。 彼が参加するかどうかを尋ねられたとき、Hideakiは頭を丁寧に振ります。 「いいえ、私はしません」と彼は言います。 それは数分後にもう一人の若い日本人男性、アーケードの従業員の一人と同じ答えです。それはまた若い男性ギター店の従業員と彼の女性営業アシスタントにも起こります。彼らは軍事時代ですが、彼らは日本の22万人の軍隊で奉仕することはありません。 「大多数の(若者)はそれについてさえ考えていない」とギター店の従業員は言った。 日本の軍事給与は米国のブルーカラー賃金と同じくらい低く、米国とは異なり、日本の大学のための軍事サービスは大学のお金にはつながらないが、お金も実際に決定的な要因ではないと彼は言った。 日本の若者が参加しないことを選択した理由は文化的です。 「私たちは戦争をとても恐れています。ギター店員は言った。 台東駅でのビデオゲームでさえ、ファンタジーだけではありません。大きな目をした戦士の王女はポーションを投げます。ロボットはエイリアンを攻撃します。兵士対兵士の「Call of Duty」はありません。アーケードが西部の、または戦争に関連した暴力と最も近いゲームは、AMCの「The Walking Dead」のブースです。 台東区の従業員は、「韓国と日本の顧客からのコメントが多すぎるだろう」と説明しています。 しかし日本は、思考を変えるために若い人たちを必要としています。自衛隊は第二次世界大戦以来最大の変革を遂げています。それぞれの変化は、主に中国の軍事化の推進によって推進されてきましたが、北朝鮮とロシアからの潜在的な脅威も日本を脅かしてきました。中国も日本も紛争が来ていることを知らせているわけではありませんが、日本はまだ準備ができていないという緊張感があります。 日本の青年に奉仕するよう説得する機会があれば、「私は国に奉仕することの重要性に焦点を当てるでしょう」と述べた。今は非常に厳しい……多分あなたはこの環境が冷戦時代のそれより悪いと言うことができるでしょう。」 「しかし、問題は……高校でこのような問題について話をすると、ほとんどの生徒は本当にそれらに興味を持っていないでしょう」と足立氏は言います。 ...

日本は外国の愛の詐欺の急増を見ます

日本は外国の愛の詐欺の急増を見ます

4人のナイジェリア人とカメルーン国民が、日本の女性を大量の金銭の譲渡に騙した疑いで日本で逮捕されました。犯人はFacebookのようなソーシャルメディアサイトを悪用し、無関係な男性の写真を使って被害者をロマンチックに懇願しています。 同グループは東日本で活動しており、昨年の3月から6月の間​​に880万円(73000ドル)のうち少なくとも3人が詐欺であるとされています。捜査官たちは、東京の北部、埼玉県にあるグループの本部を検索して突破口を開いた。本部は自動車関連会社に属していました。 地元の非営利団体であるM-STEPは、「キャットフィッシング」と呼ばれることが多い求愛詐欺の問題に取り組むために3年前に設立され、昨年5月から12月の間に被害者を調査しました。彼らは全国の131人の回答 M-STEP会長のTerue ShinkawaはNHKに対し、ほとんどの場合、詐欺師はシリアやアフガニスタンなどの戦争地帯に海外にいるふりをしているため、彼らの本当の状況を確認するのが難しく、直接会うのが難しいと語った。 ケース間の類似点は、オンラインでの友達のリクエストを送信し、被害者をグルーミングして感情的に操作するという共通の戦術を示しています。犠牲者たちは、彼らがなだらかに話されて、お世辞、愛の宣言、そして結婚の提案によって自分の足から一掃されたと主張します。 何人かの女性は電話での会話で彼らは英語の間違いと矛盾したアクセントを検出することができるが警告サインを無視することができると述べた。数ヵ月後、詐欺師たちは信頼を築き、個人情報を抽出し、そして最後に融資を求める言い訳を思いついた。一般的に彼らは最初に少量を要求し、それから例えば医療緊急事態を偽造するか、または米軍を去るためにお金を必要とするか、または日本を訪れるために飛行機のチケットを要求する。 福岡から来た59歳のパートタイム労働者は精巧な物語を売られて、およそ6,000ドルの詐欺師だった - おそらく詐欺師が来日するために私用ジェット機を取るために来るために。一方、43歳のある会社の従業員は、「ジョン」という男からの友人のリクエストで詐欺が始まったと言います。会話を始めた後、彼は戦闘の訓練をしていると彼女に伝えました。彼の主張をバックアップする。3日目に彼は、「他人にキスをすることを想像することはできませんでした」と「神はあなたと私を一致させた」と書いた。 ジョンは10日目までに愛を告白し、2か月後に結婚を提案しました。後で彼女はジョンが撃たれたとイギリスの病院でひどくけがをしたと主張する見知らぬ人からメッセージを受け取った。ジョンはオンラインに戻り、2回お金を要求し、彼の状態は悪化したと主張し、そして彼が回復した後に結婚することを約束した。彼女が彼の嘘を追求し始めたとき、ジョンは沈黙してしまい、アカウントは削除されました。 40代から50代の日本人女性(既婚女性、独身の母親、離婚など)は、偽のロマンスや詐欺師同士の友情の対象となっています。男性は擁護されていません。 東京の46歳の男性サラリーマンが犠牲になり、彼が彼女の遺産を彼に譲渡する手助けを必要としているアメリカの未亡人であると彼が信じる人にお金を振り向けたときに200万円(18,000ドル)の詐欺された。 M-STEP会長の新川氏は、方向転換の余地がない被害者にはしばしばカウンセリングを提供しています。彼は、盗まれたお金を実際に報告する人はほとんどいないと説明しています。盗難は国境を越えるので、お金を取り戻す可能性はわずかです。新川氏によると、多くの犠牲者が眠るために泣いている。 日本の当局は、銀行口座の開設と詐欺に対する国際マネーロンダリングの面で、主な首謀者が日本国外で現地のヘンチマンが日本国内で活動している可能性が高いと考えています。 FBIは、2015年に世界的なロマンス詐欺の蔓延について警告を発し、西アフリカを加害者の主要基地としています。これを受けて、日本の警察は2年前からオンライン詐欺の監視強化を始めました。

マーキー大会は日本の剣士のための貴重な試験場を提供する

マーキー大会は日本の剣士のための貴重な試験場を提供する

彼らは東京オリンピックの前に開発する十分な時間がありません。しかし、日本の剣士とそのコーチは急いでいません。 FIEフェンシングワールドカップ東京大会で、日本の参加者は彼らの目標を達成しませんでした。チームイベントで日本が5位でフィニッシュしたため、男子個人ホイル競技では32ラウンドを超えていません。 それにもかかわらず、彼らはまだやるべき仕事がたくさんあることを認めて、彼らは前向きなままでいました。 「正直言って、昨日の個人戦での結果には悩まされていました」と松山恭介は、日曜日に行われた3日間のトーナメントが港区スポーツセンターで締めくくられた後に語った。「しかし、個人競技とチーム競技はまったく異なる動物です。チーム競技で勢いをつけることが重要です。そして私達は今日私達の家でサポートを利用することができました。結局のところ、私は昨日のパフォーマンスを忘れることができるかのように気分が良かったです。」 ホイル、エペ、サーベルの3つの分野があり、それぞれ8カ国が2020年のオリンピックでのチームイベントに出場することになります。参加国は、ワールドカップやグランプリの大会で獲得したポイント、世界選手権、その他の国際イベントに基づいて決定されます。資格は4月に始まり、来年同じ月に終わります。 オリンピックの開催地を確保するために、日本は韓国を破る必要があるでしょう。ホストチームは東京大会での8ラウンドで韓国45-36に転落した。日本は現在世界で6番目にランクされていますが、韓国は4番目にランクされています。日本は現在、オリンピック予選レースで大きな後押しをするために6月のアジア選手権で韓国への損失を復活させることを楽しみにしています。 「メダルを狙っていたが、5位になったことはそれほど悪くなかった」と日本のエースフォイルフェンサーと考えられている22歳の松山は言った。「そしてオリンピック予選シーズンに向けて、我々はいくつかの前向きなことを発見しました。」 チームの育成 2003年から日本のフォイルチームのコーチを務めてきたOleg Matseichukは、部隊は主に若いフェンサーで構成されているとメディアに思い出させた。 「東京でのホームワールドカップは私達にとって非常に重要でした」とウクライナ人は言った。「しかし、私たちはもっと時間が必要であり(経験を積むには)、うまくいけば私たちはより良くなるでしょう。」 松山氏は、自身を含めた若い日本の剣士にとって、国際的なイベントで上手に行動して自信をつけることが重要だと述べた。彼はそれが彼らがより古い成長するより速く成長することができるという彼らのようなより若いアスリートのための主要な利点の1つであると付け加えました。 「試合中でも改善できる」と松山は語った。「若い剣士であることから、試合中、あるいはたった一瞬で良くなる可能性があります。とは言っても、成長の余地はもっとあります。」 2年前に世界選手権で開催された個人選手権大会で銀メダルを獲得した斎藤敏也は、次のように述べています。アジア選手権に参加する勢いを保ちたい」と語った。 スポーツの知名度を上げる その一方で、元日本の偉大な太田ユキは、彼らがオリンピックでメダルを獲得するという目標を真に達成したいのであれば、国の剣士が勝利についてもっと真剣に取り組む必要があると警告した。 現在、日本フェンシング連盟の会長を務める太田氏は、現在の日本の選手は、フェンサーとしての選手よりも「優れたテクニック」を持っているが、競技はスキルコンテストではないと述べた。 「誰より競争力があるのか​​」と語ったのは、2008年の北京オリンピックでのオリンピックメダル、男子個人賞の銀メダル、2012ロンドン大会のチーム賞の銀メダルです。 「それはあなたがどれだけ勝ちたいか、勝ちたいという欲求についてです。私は熟練した選手に会うことに慣れています。彼らが勝てるものになってほしい」 先週末、太田はかなり忙しかった。彼は選手のパフォーマンスだけでなく、イベントがファンを楽しませる方法にも焦点を当てていました。 ...

日本、アメリカ、東京上空の新フライトルートに合意

日本、アメリカ、東京上空の新フライトルートに合意

日米両国は、東京の一部地域および隣接地域で、米国が管理する空域を通る商用路線の新路線で間もなく合意に達する予定です。 この措置は、2020年のオリンピックとパラリンピックに向けて東京の羽田空港で予想される航空交通渋滞に対処することを目的としています。 日本政府は、羽田空港でさらに国際線を運航するには新しいルートが必要であると判断し、ルートは東京の中心部とアメリカの横田飛行場の管理下にある空域を通過する必要があると判断しました。 しかし、アメリカ側はその考えを拒絶し、それが軍用航空訓練を妨害するかもしれないと言った。 情報筋によると、政府は、新しい飛行ルートが開かれなければ、東京ゲームが危険にさらされる可能性があることを米国当局者に受け入れさせるよう説得することができたという。 双方は、間もなく米国が管理する空域を通る新しい航路に関する協定に署名する予定です。 政府当局者は、この措置が2020年までに毎年4000万人の外国人旅行者が日本を訪れるという目標を達成するのに役立つと確信していると述べている。

日本興行は2018年に3%落ち込み、20億ドルを超える

日本興行は2018年に3%落ち込み、20億ドルを超える

日本の映画館の興行収入は、昨年3%減の20億4000万ドルでした。しかし2018年はまだ記録上3番目に高い年でした。 映画製作者Assnによって公表されたデータによると。日本(Eiren)、日本製造されたフィルムは、彼らはまだ55%のシェアを獲得し、行の11年のための市場の大部分をつかんでダウン2.8%2017年から、$ 1.12億稼ぎました。今年の入学者数は1億6,920万人で、これも3%減少しました。 「ボヘミアンラプソディ」は、年間9,500万ドルの収益を上げています。11月9日に20世紀フォックスによって日本で解放されて、フレディマーキュリー伝記は劇場でのその75日目までに720万人の入場を記録しました。非常に珍しい傾向では、フィルムは開始から5週連続してその週間スコアを上げた。 最大のヒット作は8,500万ドルで、人気のあるフジテレビシリーズをベースにしたヘリコプター医療救助隊に関するスリラー「Code Blue the Movie」でした。2 番目にランクされた8100万ドルは、「探偵コナン:ゼロエンフォーサ」で、少年の身体に閉じ込められた10代の探偵についてのアニメ特集シリーズの第22弾です。「ジュラシック・ワールド:堕王王国」は、2番目に収入の多い外国映画で、全体で4番目に7,400万ドルでした。 31本の日本映画が10億円(915万ドル)以上を制作し、ヒットの目印となりました。外国映画の対応する数字は23でした。リリースされた地元の映画の数は613でした。579の外国のタイトルがリリースされました、合計で1,192。年間リリース数が1,000を超えたのは6年連続です。

日本がサイバーセキュリティで2億台の機器を調査

日本がサイバーセキュリティで2億台の機器を調査

政府は2020年の東京オリンピックの前にサイバーセキュリティの失効のために約2億のネットワーク接続機器の全国的な掃除を準備している、と関係者が火曜日に言いました。 政府が支援する国立情報通信技術研究所が2月に調査を開始し、ルーター、Webカメラ、Webに接続された家電製品などの潜在的な脆弱性を確認する予定です。 今年のラグビーワールドカップ、20回のミーティングの集まり、そして夏季オリンピックのような主要な世界的なイベントを主催する準備をしている当局は、サイバーセキュリティの強化を急いでいます。 スポーツイベントが放送から発券までのすべてに新しい技術を導入するにつれて、サイバーセキュリティはますます重要になっています。 研究者は、「abcd」、「1234」、「admin」など、マルウェアによって悪用されることが多い一般的ではあるが安全でないIDとパスワードを使って、デバイスがハッカーからすぐにアクセスできるかどうかを調べます。 研究者たちはインターネットサービスプロバイダーの同意を得て機器を調査し、インターネットにアクセスするために物理的なケーブルを使用する製品を主に調査するだろう、と彼は言った。 同研究所は、スマートフォンのような個々のモバイル機器をチェックするのに必要な高価で複雑な操作は行わないが、例えばモバイルユーザに無料の接続を提供する、カフェのルータを調べるかもしれない、と吉田氏。 「あまりにも多くの場合、たとえばセキュリティ設定が単純すぎ、外部の人々からその画像が見られるため、すでにハッキングされているWebカメラがあります」と吉田氏。「所有者に気づかれずに公開Webサイトに掲載されることがあります。 「調査対象の製品はおよそ2億製品のうち、どれだけの製品がリスクにさらされているのでしょうか」と彼は述べた。 同調査によれば、個々の機器に侵入して内部に保存されているデータを閲覧することなく、脆弱なユーザについてISPに通知するという。 サッカーワールドカップやオリンピックなどの世界的なスポーツイベントは、サイバー攻撃による脅威が高まっています。 例えば、昨年の平昌オリンピックでは、開会式が始まったちょうどその時に、内部インターネットとWi-Fiシステムがダウンしました。 韓国の当局者は、これ以上詳しく説明することなく、彼らがサイバー攻撃の犠牲者であったと認めた。

Page 1 of 14 1 2 14

Translate

Popular Post

日本の投資家が再生可能エネルギーを後押しすることで

域での大規模な再生可能エネルギープロジェクトの支援を模索しており、エネルギー市場アナリストが「一般炭の終わりの始まり」と言う「記念すべき」シフトを示している。 同時に、日本の銀行や商社は、石炭への投資から遠ざかって、オーストラリアの鉱山から売り払い、石炭火力発電の建設計画を廃止しています。 日本はオーストラリア最大の一般炭輸出国です。 2015年に日本で提案されている石炭火力発電プロジェクトのパイプラインのうち、Global Coal Plantトラッカーの数字によると、4分の3は現在進行中ではないようです。 日本の北西沿岸地域にある秋田にある1.3GWの石炭火力発電所は、棚上げされる可能性が最も高い最新の提案で、今年初めに他の2つが中止されたことを受けています。双日株式会社は今週、伊藤忠が先月の石炭撤退を発表し、三井物産が11月に出資したことを受けて、さらに一般炭からの売却を発表した。 アジアの再生可能エネルギーおよびエネルギー金融分野の情報筋によると、日本の銀行、商社、および2つの著名な国営企業 - 国際協力銀行および国際協力機構 - は、ここ数カ月、再生可能エネルギー分野により重く投資する意向を表明している。 再生可能エネルギーへの関心の高まりは、特に、石炭への既存のばく露を抱えている投資家や企業から来ている。人口の減少に伴い、日本の電力需要は減少しています。その市場では、石炭は、原子力再起動、太陽光発電およびその他の再生可能エネルギーによって提供される追加容量によって混雑しているように見えます。 他の開発者たちは、沖合の風力開発のための場所として、日本海の隣にある秋田に目を向けています。 今週発表されたみずほ銀行の試算によると、日本全国で13の洋上風力発電プロジェクトが環境影響評価を受けており、総投資機会は最大2兆円(250億豪ドル)に達する。 気候行動キャンペーングループである日本のKiko Networkの国際理事である平田君子は、日本のビジネス界のいくつかの大企業の間で感情の変化に気づいたと述べた。 「昨年から、大手銀行やメガバンク、そして保険会社や商社からいくつかの変化が見られましたが、石炭火力政策に関する見解は変わりました」と彼女は言います。 「だから、私たちは、国内および国際的な石炭火力への継続的な支援がもはや国際社会や日本でも受け入れられないと彼らが考えていることを明らかに見ています。大きな変化が起こることを私たちは大いに歓迎します。」 しかしながら、平田氏は、これらの金融機関の政策変更の多くは、すでに現在進行中のプロジェクトではなく、まったく新しい石炭プロジェクトに関連していると警告した。...

Read more