Month: November 2018

PM Abeは、’19年4月から外国人労働者の導入を繰り返す

PM Abeは、’19年4月から外国人労働者の導入を繰り返す

  安倍晋三首相は、11月28日の参議院全体会議で、日本の労働力不足を緩和するため、より多くの外国人労働者を受け入れるための移民制度改正法案を可決するよう求めた。 安倍氏は、来年4月に移民規制と難民認定法の改正が実施されるという立場を再確認した。 「各都道府県には求職者よりも多くの求人があり、今は深刻な労働力不足に取り組まなければならない」と述べた。 「新しい移民制度は迅速に実施されなければならない」政府と与野党は、12月10日に終了する現在の臨時国会で法案を可決したい。 政府議員の石原道広議員が発言したように、野党議員らは政府スポークスマンの法案を「不足物質」として攻撃している。野党は衆議院で法案の審議を続けたが失敗したが、11月27日に3分の2以上の大多数が改正案を採決した。 民主党野党民主党の小野元博参議院議員は、新配置で受け入れられる外国人労働者の上限が法案に含まれるよう要求した。しかし、安倍総理は、「労働力不足の状況は、経済的、社会的状況によって変動する可能性がある」と拒否した。 この法案は、外国人労働者のための2つの新しい在留ステータスを作成する。特定の知識と経験を有する者のためのカテゴリー1のステータスは、所有者が最高5年間日本に滞在することを可能にします。一方、カテゴリー2のステータスは、高い専門性を持つ労働者のためのものであり、所有者は滞在期間を延長して家族と一緒に暮らすことができます。政府主導の技術インターン研修プログラムの参加者は、テストなしでカテゴリー1のステータスを取得できます。 新しい移民協定に関して、首相は、高価な預金や手数料を要求するなど、悪い実績を持つ求人企業をそのような外国人労働者の雇用から排除することを目的とした計画を立てる計画を明らかにした。 「司法省の命令は、外国人労働者や預金を払っている親戚(就職のための)が日本に受け入れられないことを規定している」と述べた。 開発途上国の人々に日本の技術ノウハウや経験を移転するために設計された技術研修生プログラムでは、多くの研修生が低料金で不法に長時間働き続けたり、セクシュアルハラスメントに直面することがありました。 これらの研修生の多くは、より多くの外国人労働者を受け入れることが許可される特定の産業のためのカテゴリー1の在留資格を申請することが期待されている。この見通しについて、安倍氏は「安い労働力を確保し、雇用者の便宜を図っている企業(研修員受入れ)だけではない」と強調した。 新たな移民制度の運営責任者を務める山下隆司法務部長官によると、3年間の訓練コースを修了し、帰国した技術研修生は、試験を受けることなくカテゴリー1のステータスを申請することができる。 首相は、外国人労働者のための支援プログラムとして、日本語コースの開設や人生や働き方に関するガイドブックの作成と配布を手助けして、地域のコミュニティを支援する意向を表明した。 一方、11月28日の夜、上院司法委員会の取締役会で、与野党与党与党与党与党与野党議員の横山真一議長は11月29日、独自の裁量。

日本の小売売上高は10カ月ぶりに上昇、景気は回復

日本の小売売上高は10カ月ぶりに上昇、景気は回復

  日本の小売売上高は、消費者が燃料、自動車、医薬品、化粧品などを多く消費し、サイン会社で民間消費が経済成長の軌道に乗る可能性が高いため、10月に10ヶ月で最も速く成長した。 10月の小売売上高の年率3.5%の増加は、前年比で2.6%の増加となり、9月の2.2%の上昇に続きます。 去年12月以来の最も速い年間利益だった。 小売売上高は、日本経済の約60%を占める民間消費の強さの鍵となる指標です。 データは、厳しい労働市場と段階的な賃金の伸びを反映し、1年連続で上昇したことを確認した。 消費者物価指数は5年以上にわたる大規模な景気刺激策にもかかわらず、目標値の半分に上昇しているため、中央銀行の2%の目標に対するインフレを加速させるために民間消費の増加を期待している。 季節調整ベースでは、10月の小売売上高は前月の0.1%増加と比較して1.2%増加し、経済産業省のデータは木曜日に示された。 これは5カ月連続の増益となり、6月以来の増加となった。 世界第3位の日本経済は、第3・四半期に自然災害や輸出が低迷し、予想以上に縮小した。 しかし、工場の生産額や失業者数を含む今週のデータが急落したことで、一時的な縮小であるという合意形成の見通しが強化される見通しだ。 その反動の強さは依然として議論の余地があるものの、経済は今四半期に成長に戻ることが広く予想されている。 世界的な需要の減速と米中貿易戦争の激化は、輸出依存型の日本の見通しを曇らせている。 日本の製造業は11月に2年間で最も遅いペースで拡大し、2016年9月以来初めて新規受注が減少したと予備調査が示した。

日本は第二次世界大戦以来、中国の懸念の中で最初の空母を取得する

日本は第二次世界大戦以来、中国の懸念の中で最初の空母を取得する

日本は、第二次世界大戦以来、太平洋の中国の海洋拡大に対抗しようとするため、少なくとも1つの航空母艦を初めて取得する予定である。 報道によると、イズモ級のヘリコプター2機を移設し、戦闘機を打ち上げできるようにする。来月に発表される予定の新防衛指針に含まれる予定。 今週の日経ビジネス紙は、ドナルド・トランプが米国製の軍用機をさらに購入するよう促した1年後に、日本が米国からF-35ステルス・ジェット機を100億ドルで購入すると発表した。 報告された命令は、既に米国から購入した42のF-35ジェットに加えている。 安倍晋三首相は9月、高級軍事装備が「日本の防衛を強化するために重要」と語った。 日本は戦闘が終わってから、最初に24機のヘリコプターを運ぶことができる248メートルの長さのイズモ級の船を2基再装備することで、戦後の最初の空母を取得することになった。軍の純粋に守備的な役割。 これまでの日本政府は、船舶の能力が攻撃的と解釈される可能性があるとの戦後の合意に固執し、国の「平和主義体制」憲法違反の可能性を否定した。 日本は最新の防衛白書で、中国は日本の南西部の島々の近くの太平洋に拡大できるように航空機船を買収し、建設したと指摘した。 海岸から遠く離れた海域での中国海軍活動の増加は、日本が管轄するが中国を主張している東シナ海の無人島である、センカク族に対する二国間の緊張に加えている。 「今泉は多目的に利用できることが望ましい」と岩屋武国防相は今週記者団に語った。 毎日新聞によると、通信事業者は、日本の遠隔南西諸島を守るために展開されるだろう。 8月に発表された防衛白書は、南シナ海における中国の軍事支出と海軍活動にも懸念を表明した。

日本は、AH-1Sコブラ艦隊を置き換えるための探索に海軍に優しい要件を設定する

日本は、AH-1Sコブラ艦隊を置き換えるための探索に海軍に優しい要件を設定する

  日本は、従来のBell / Fuji重工業のAH-1Sコブラの攻撃ヘロを取り替えるように見えるため、新しい攻撃ヘリコプターに船舶操縦用の装備を要求しています。 今年初めに出された日本の情報提供要請は、新ヘリコプターを「遠征飛行場や海底からのマリナイズと運航が可能だ」とベルのアドバイザーであるGeorge Trautman中将は述べた。 元米国海兵隊飛行士と海兵隊航空司令官は、東京で開催された日本国際航空宇宙展の防衛ニュースで、RFIは「30,40,50」ヘリコプターの価格と情報を要求したと語った。同氏は、今後3〜4カ月以内に提案の申請が予定されていると付け加えた。 日本の三菱重工業は、BellのAH-1Z Viperとは別に、スタブウィングと武器ステーションを備えたUH-60J / JA Black Hawkヘリコプターを提案しています。三菱重工業は、1990年代からSikorskyとのライセンス交付を受けて、日本の自衛隊のBlack HawkとSH-60 Seahawkのいくつかの亜種を生産しています。 欧州のメーカーエアバスは防衛ニュースに、タイガー攻撃ヘリコプターを提供していないことを確認し、代わりにH145M多目的ヒーローを同社のHフォース武器セットに入れた。地元の救急医療サービスが民間人H145を運営しているため、会社とヘリコプターの両方のタイプはすでに日本で足跡を残しています。エアバスはまた、日本の神戸にある既存の施設に隣接して、メンテナンス、修理、オーバーホールの複合施設を追加すると発表した。 競争のための他の可能な競争相手は、AH-64E Apacheを備えたボーイング、現在開発中のAW249攻撃ヘリコプターを備えたイタリアのLeonardoを含む。 日本は既にApacheを使用しています。現在Apacheはライセンス生産されたAH-64Dを13台使用しています。 しかし、これは当初計画していた62機のヘリコプターよりもはるかに少なく、近隣の韓国のように、日本はApacheのロングボウレーダーの性能に大きな影響を与えていないと言われています。

日本が米国で設計したステルスジェット機を「空母」に装備する準備をしている

日本が米国で設計したステルスジェット機を「空母」に装備する準備をしている

  日本は、約100の米国製F-35ステルス戦闘機を、アジアの権力のバランスを揺るがす可能性のある取引で注文している、との見通しを示した。 その命令には、離陸して垂直に着陸できるジェットのバージョンが含まれている。これは、日本が既存の船の一部を航空会社に変えて海上で戦闘機を操作できるようにする機能である。第二次世界大戦以来、F-35プログラムの近くの情報源はCNNに語った。 「離陸時の垂直着陸能力があれば、海上での操縦が可能になり、距離を伸ばして距離を伸ばすことができ、重要な機能となります。 岩内武志国防相は同国との合意には至らず、安倍晋三首相の12月の内閣総理大臣認可のために、「中期防衛計画」が策定された時点で、「有能な戦闘機」を購入する予定だと語った。 同省は、既存のF-15J戦闘機のほぼ半分がアップグレードできないため、新しい飛行機の購入が必要だと述べた。 「現時点で具体的なモデルは決定されていない」と同省の報道官は語った。 しかし、米国のF-35プログラムに近い関係者は、日本がステルス型のシングルエンジンF-35を約100台購入することに取り組んでいることをCNNに確認した。 ペンタゴンは、「世界で最も高度な航空電子工学、エンジン、武器を備えたF-35に、「これまで使用されていた最も手頃で致命的で、支持可能で生存可能な航空機」と宣言している。 命令の約40はF-35Bであり、短い離陸と戦闘機での垂直着陸が可能であることが確認された。 日本の国防相は、イズモのヘリコプター駆逐艦の少なくとも1機にジェット機を装備することを真剣に検討していることを真剣に考えている。 岩谷容疑者は閣議後の記者会見で、「これはすでに所有している貴重な装置なので、可能な限り多くの目的に使用することが望ましいと思う」と述べた。 日経ニュースサービスは、戦闘機の価値を88億ドルとし、各ジェットの価値は8,800万ドルとした。 批評家が戦後の平和主義憲法に違反しているとの主張は、太平洋における中国の海軍拡張の中にある。 8月の日本防衛白書は、中国が変化する安全保障環境への懸念を強調した。 「中国の人民解放軍近代化、運営能力の向上、日本に近い地域における一方的な活動の拡大は、日本を含む地域や国際社会での安全保障上の懸念を強めている」と述べた。 日本の航空自衛隊のF-35戦闘機は、2018年10月14日に埼玉県朝霞市の地上自衛隊の朝霞訓練場で軍事見直しに参加する。 RAND Corpのシニアディフェンスアナリスト、ティモシー・ヒース氏はCNNと会談し、アジア太平洋地域を支配する中国の野心が「日本にとって大きな影響をもたらす」と述べた。 「中国が暴走行為をするのを阻止し、他の諸国が政治的、軍事的に中国の力とバランスを取るのを助ける有能な軍隊を建設することは、日本の利益になる」とヒースは述べた。 ...

日本、ロシア、平和条約交渉を推進するための高水準の枠組みを求める

日本、ロシア、平和条約交渉を推進するための高水準の枠組みを求める

  日本とロシアは、戦後二国間平和条約締結のスピードを上げるための高水準の協議枠組みの構築を検討している、と政府筋が明らかにした。 安倍晋三首相とウラジミールプーチン大統領は、ブエノスアイレスで開催される20カ国首脳会議の席上で、両国が条約に署名することを妨げた長年にわたる領土紛争について議論する可能性が高い。日本政府内の情報源によると、この枠組みの発足。 プーチン大統領の外交政策諮問官、ユリ・ウシャコフ、ニコライ・パトシェフ、ロシア安全保障理事会の秘書は、ロシア側を代表して浮かび上がった名前の中に、谷野正太郎安倍晋三外相、イゴール・モルグロフ外務次官。 安倍首相は最近、ソ連のシコタンとハボマイ島の日本への帰還についての1956年の宣言に基づき、シンガポールでの交渉を加速するための会合で合意した。 首相が来月1日に首脳会談のためにロシアを訪れる際のさらなる進展のための基盤を整えることを望んでいるという。 外交通商部の高官は、「(平和条約)の協議を進めている(後の)合意の後ではなく、より早く実務レベルの交渉を開始する必要がある」と述べた。 安倍長官は1956年の合意に焦点を当て、両島の移転を優先するとの見通しを示した。これは、エトロールとネパールを含む4つの紛争地域すべての地位に関する問題を解決しようとする日本の長年の政策に反するかもしれない。国政 - 平和条約に署名する前に。 河野太郎外相は、ロシアとの交渉に先立ち、引き続き政府の立場を明確にすることを拒否した。 日本の北方領土とロシア南部のクルイル族で知られている島々の領土紛争は、両国が平和条約を締結するのを妨げている。旧ソ連は、第二次世界大戦での日本の1945年の降伏に続いて、彼らを押収した。 これまで、日本の森武夫外務副大臣とモーグロフは、島嶼における共同経済活動の促進を主目的とした交渉を主導してきた。 安倍は、東京とモスクワの間の信頼関係を構築することで領土紛争の突破口を目指しており、こうした活動の一環でもある。 安倍首相とプーチン大統領は、11月14日にシンガポールで開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国の会合の枠組みの中で、最新の1対1の会合を開催した。

日本は、経済が生き残るためには移民が必要だと認めています。

日本は、経済が生き残るためには移民が必要だと認めています。

  国会議員である日本の国会は、現在、より熟練労働者が入国できるよう、厳しい移民法の改正が必要かどうかについて議論を進めている。これを規定している法案は、火曜日に下院を通過し、今や上院に行く予定です。政府は12月10日までにそれを得ることを望んでいる。 これは重要なことですが、高技能労働者は日本に移住することができましたが、低技能者はこれまでに移住することがはるかに困難であることが判明しました。高齢者の経済的インパクトに対処するためには、より多くの移民が必要だと一般に認められているが、これに抵抗する社会的プレッシャーがある。日本の特殊性に対する敬意、深い歴史的孤立性ルーツ。 これをどうすればいいのですか?いくつかの数字、いくつかの歴史といくつかの将来の考え。 数字:日本はすでに世界で最も古いもので、60歳以上の人口の3分の1以上、46歳の中央値年齢を持つ、これまでに最も古いものです。それは必然的に古いものになります。人口は減少しており、現在の1億2,600万人は2060年には8,700万人に減少すると予測されています(英国の人口は7700万人に増加すると予測されています)私は2500人で日本の人口がゼロになるという計算を信じていません - 現在の衰退は大都市の中心からはっきりと現れています。子供がいない村があります。彼らは、事実上、放棄されています。 移民がこれを変えるかもしれない?ポイントまで。同国にはすでに200万人以上の移民があり、これらの新しい措置の下で期待される数は、熟練度の低い範疇では5年間でわずか345,000である。彼らは家族を連れて来ることはできません。そして、新しいビザの多くは、現時点ではすでに国内にいる労働者が実際に技術インターンに分かれているかもしれません。高技能労働者のための別の形態のビザ、更新可能なビザがありますが、変更の結果としてさらに多くの人々が来ることは明らかではありません。 要するに、新しい法案が可決されれば、大きな数字は実際にシフトされません。日本は引き続き高齢化し、人口は減少を続けるだろう。 そうだとすれば、なぜこのような論争の問題があるのでしょうか?その答えは日本の歴史にあると思います。 ほとんどの人は、1854年のマシュー・ペリーの砲艦コモドールが西側との取引を開始するまで、閉鎖された社会の仕方を認識しています。それ以来、第二次世界大戦の大惨事の中で終わった不透明な歴史は、軍事的な冒険よりもむしろ商業的な拡大に向かって海外の野望を押し進めてきた。しかし、日本の歴史を通じて、日本人とその社会は他の世界とは異なるという例外的な感覚がありました。 だけでなく、より良い。なぜ日本人は海外に住みたくないのかと尋ねたところ、「他の国は汚れていて、安全ではなく、食べ物はいいものではない」との回答が聞こえました。 最後の部分例外を除いて、これは正しいです。日本を訪れた人は誰も気付くだろうが、日本は例外的にきれいで、非常に安全である。実際、警察には十分な犯罪はほとんどない。 だから、日本は海外の商業帝国を創設しているが、それは世界の他の国々への関心を失っている。日本人の海外留学が少なく、外国語を学ぶ人が少なく、仕事のために海外に留学する人が少なくなっています。 日本の外国人はスキルがあれば大歓迎です。私は2人の友人、1人のイギリス人、もう1人のカナダ人、そこではビジネスで非常に成功しています。しかし、どちらも、まともな日本語を話し、文化に適応するのに非常に苦労しました。移民がうまくいかず、明らかな現実の例は、元日産の頭であり日産/ルノーのパートナーシップのエンジニアであるカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)です。 日本の馬鹿馬鹿しい姿が維持しているように、「つまずく釘は打ち下ろされなければならない」 必然的に、控えめな低熟練の移民でさえ、暗黙のルールと日本社会の極端な秩序との不均衡を招くおそれがあるという心配がある。 だから、私はこれが起こると思います。内向的な移民がいくらか穏やかに増加し、経済的にも役立ちます。しかし、それは、最も熟練したものを除いて、日本人が日本語を学ぶというような要求をもって、高技能の方に向かって歪められるでしょう。下端には有効期限があり、永住権や家族の持ち込みは問題になりません。 これは日本を変えないでしょう。経済的な緊張を緩和するよりも、その国の文化とアイデンティティを維持することが重要と考えており、引き続きそうしています。

日本とヨルダンは安全保障協力を強化することに合意

日本とヨルダンは安全保障協力を強化することに合意

  安倍晋三首相とヨルダン国王のアブドラ2世は、東京で、テロと過激派との闘いにおける両国の外交安全保障協力の強化を約束した。 会談では、安倍晋三首相と二国間外相会談、上級外交官と国防当局との協議を開始することで合意した。 安倍晋三官房長官は、「政治、安全保障、防衛、過激派に対する対策など、ヨルダンとの対話と協力を強化し続ける」と語った。 麻生総理は、陸上自衛隊の陸上自衛隊練習場を訪問し、陸上自衛隊の訓練を実施した。 日本が主催したこの訪問は、イスラム過激派のグループと戦っている米国主導の連立に加わったヨルダンとのテロ対策協力を強化するという東京の関心を示している。 安倍晋三首相は会談で、ヨルダンに近隣のシリアから130万人の難民を受け入れた後、財務状況を改善するために最高3億ドル相当の低金利ローンを提供することを約束した。 「日本は引き続き、それが非常に強く信頼できるパートナーであることを実証しており、我が国に対する難民の影響を緩和するための支援に感謝している」と述べた。 安倍長官は、中東和平プロセスにおける協力を再確認した。ヨルダンは経済連携によるイスラエルとパレスチナの平和の促進を目的とした日本主導の「平和と繁栄のための回廊」開発プロジェクトの一環である。

台湾、今年の年次貿易協議の後、MOUを締結する

台湾、今年の年次貿易協議の後、MOUを締結する

  台湾と日本は、両国の中小企業(SEM)の協力を強化する目的で、木曜日と金曜日の台北での年次経済貿易会議の後、5つの覚書(MOU)にサインする予定である。外務省(MOFA)が水曜日に発表した。 木曜日の台北アンバサダーホテルで閉幕会が始まります。 日台関係協会(TJRA)の崔義一(邱義仁)、日台交流協会(JTEA)会長の大橋光夫(大橋光夫)は、各国代表団を議論に導く経済・貿易問題に関する幅広い議論を行っている。 台湾は、日本が率いる広大な太平洋貿易協定である、太平洋横断パートナーシップ(CPTPP)の包括的かつ累進的な合意に加わることへの関心を表明することが期待されている。 一方、日本は、2011年3月11日の福島第一原子力発電所の災害による放射性降下物の影響を受けた日本の5県からの食糧輸入禁止措置を台湾が撤回することを期待している可能性が高い。先週の土曜日禁止。 12月には11ヵ国の貿易協定が発効し、2019年1月にCPTPP閣僚級会合が開かれ、新会員の加盟交渉が開始される予定です。 台湾と日本は、金曜日の経済・貿易協定が結ばれた後、中小企業間の二国間交流と協力を促進し、医療機器の質を向上させるための5つの覚書を締結する予定だという。 1976年に初めて開催されたこの年次会議は、二国間の経済貿易協力と両国間の交流を強化するように設計された。 昨年の東京での会合では、TJRAとJTEAは関税協力と文化交流に関する2つの覚書(MOU)に署名した。

日本が武装した

日本が武装した

  日本はアジアでもっとも技術的に高度な軍隊を持っていますが、その硬い力を国家政策の手段として使う闘いはまだありません。 第二次世界大戦の恐怖は東京の政策立案者を引きつけ、中国や韓国は日本が受け入れる軍事的野心に留まっている。 しかし、東アジアの地政学の根本的な変化は、日本が米国の占領中にした平和主義へのコミットメントを再考するようになった。 国連の支援のもとに軍隊を配備し、強制制裁に参加し、監視能力を強化し、防衛予算を引き上げることで、筋肉がますます疲れてしまった。 1946年に米国当局が作成した9つの日本の憲法の9つは、日本人が「国際紛争を解決するための手段として永遠に力の使用を放棄する」と主張している。安倍首相が第9条の改正 抗議は驚くほど黙った。 かつては安全保障上の負債として恐れられていた軍隊は、今や増加しつつあり、政策立案表に座っていなければならない、不可欠の資産であるように見える。 我が国では、外交問題評議会(CFR)上級研究員のシーラ・A・スミス氏は、日本が北朝鮮のミサイルや海洋活動の脅威の増大に対応しているだけでなく、米国への依存度を再評価していると主張している。 もはや彼らが日本を守るためにアメリカ人に頼ることができると確信していないので、東京の政治指導者は戦争のために国軍を準備する必要があるかもしれないという可能性に直面している。

Page 1 of 11 1 2 11

Translate

Popular Post

は世界最高のものですが、日本のクラフトビールはどうですか?

2014年、日本は、世界的に有名なジム・マレーが「ワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤー」を選んだとき、世界を驚かせました。 100 「信じられないほどの天才」と彼は書いた。 "現時点ではスコッチがどこにも近づくことができないシングルモルト。" それ以来、日本は独立したウイスキーシーンの最愛の人であるニッカ、サントリー、キリン、秩父のような住宅に賞賛を集めてウイスキーの世界を席巻しました。しかし、ウイスキーを持っているすべての才能のために、日本人はまだ別の西洋の飲み物を習得していません:クラフトビール。 ニセコを拠点とするBar Gyu +と夫の渡辺久の共同所有者であるIoanna Morelliは、次のように述べています。 「日本は夏の間は暑い国であり、朝日やキリンのような主要なプレーヤーは本当に人気がある「スーパーコールド」または「サブ0」ピルスナーを持っています。」 ここ数年で、一握りの日本の工芸品醸造所が全国各地にオープンし、成功の度合いはさまざまです。 「良いビール醸造所は本当に素晴らしい」とビールとワインバーのオーナー、オーストラリアのミックニッポン氏はニセコでも言った。 「悪い人はただひどいのです」 問題の一部は日本の自家製の醸造文化の欠如から生じています。アラバマ州とミシシッピ州は2013年まで合法化していませんでしたが、大多数の州では、自家醸造は1978年に合法化されました。免責 この法律は、さまざまな種類の酵母を専門とするホップファーム、モルトハウス、および実験室に対する需要を生み出し、また、いつの日かは活況を呈している産業を支える強力な知識基盤を生み出しました。それとは対照的に、日本では、1%を超える自家製ビールは違法です。地元の人々は、彼らが大声で宣伝しない限り誰も気にしないと言いますが、合法的な赤字は自家製の醸造コミュニティが小さいままでいることを保証します。 今日、日本の自家醸造業界は主に外国で技術を学び、自分たちの機器を日本に持ち込む外国人によって運営されています。彼らが去るとき、彼らはしばしば他の元パットまたは地元の人々に彼らの機器を売る。 クラフトビールバーMikkeller TokyoのオーナーであるHamilton Shieldsは、ニセコのMick's Placeで夏を過ごしました。...

Read more