安倍副首相は消費税増税の遅れを示唆

安倍副首相は消費税増税の遅れを示唆

安倍晋三首相の側近は、10月に予定されている消費税増税を延期する可能性を示唆している。 政府は10月1日に8%から10%に増税する準備をしているが、自由民主党の萩田耕一事務総長によるコメントはその計画に疑問を投げかけている。 萩田氏は木曜日にネットキャストプログラムで、日本経済はわずかに弱まっていると語った。同氏は、増税の時期は、日銀の四半期ごとの「短観」の景況感調査の結果に左右されると述べた。次のレポートは7月に発表予定です。 萩田氏は、この調査で幹部が危険を感じていることが明らかになった場合、政府は「みんなを崖の端に連れて行くことはできない」と述べた。 彼は、増税が日本の景気回復を遅らせるならば、それを実施することのポイントに関して必然的に疑問があるであろうと言いました。 萩田首相は、政府が延期を決定するのであれば、そのための公的権限を求める必要があるだろうと述べた。 今のところ、2008年の世界的な金融危機の規模での出来事を除外して、10月に税が上がるという立場に固執しています。 いくつかの世界的機関は、日本政府が財政の健全性を回復するために増税する必要があると言います。 OECD事務総長のAngel Gurriaは今週初め、NHKに対し、日本の膨大な債務に立ち向かうために20%以上の増税を行うべきだと語った。

Read more

中国との経済協議は前進する

中国との経済協議は前進する

日本は、中国の首都で日曜日に開催された知的財産権の保護などの問題に対処するための適切な行動をとるよう、中国に二国間経済協議を行うよう求めた。東京はまた、北京との和牛輸出の再開に必要な合意を早い時期に締結することで事実上の合意に達した。 両国はさらに、二国間関係の改善を進展させることに合意した、と10月に安倍晋三首相が訪中した際に合意した目的があると述べた。 昨年4月に東京で行われた同様の協議の後、閣僚レベルで幅広い二国間経済問題を議論することを目的としたこの第5回日中ハイレベル経済対話が開催されました。 日曜日の経済対話は河野太郎外相と中国国家評議員、そして王毅外相が共同議長を務めた。河野以外にも、5人の閣僚が出席しました。その中には、セコヒロゲゲ経済産業大臣と吉川貴森農林水産大臣が含まれています。 会談で取り上げられたテーマには、米国と中国の間の貿易摩擦の激化が含まれていました。また、日米間の係争中の問題については、中国で事業を行っている外資系企業からの技術移転の強制や知的財産権の保護などに言及した。 。中国はこれらの問題に対処するために効果的な行動をとる必要があり、日本の参加者は彼らの中国の対応者に語っていると引用された。 会議で議論されたもう一つのトピックは、次世代通信規格、5Gを含むプロジェクトに関するものでした。中国は、中国の通信機器大手Huawei Technologies Co.によって製造された製品が日本で「公正に」扱われるようにするよう日本に要請した。日本政府は、省庁が使用する通信機器の購入から、これらの政府機関がセキュリティ関連の懸念を抱く可能性のある企業を除外する計画を採択しました。最近の対話で、日本は中国に、この政策は特定の企業を念頭に置いていないと語った。 両国はまた、事実上、中国への日本の牛肉輸出を再開することを視野に入れて、動物衛生と検疫検査に関する合意を早い段階で達成することに合意した。このような輸出は、2001年に狂牛病として広く知られている牛海綿状脳症(BSE)の日本での発生以来、一時停止されています。 中国外務省によると、会談中、中国は、日本がベルト・アンド・ロードイニシアチブに積極的に参加するよう促した。 KonoとWangの会談の前の月曜日の正午頃、KonoはZhongnanhaiで中国首相のLi Keqiangと会談しました。李氏は最新の経済対話の成功を称賛した。 「両国は正しい軌道で日中関係をさらに前進させることができた」とリーは言った。 河野氏は、「日中関係には難しい問題があるが、世界規模での問題にも対処しながら、適切な対処を続けていきたい」と述べた。

Read more

アプリを介して日本の鉄道チケットを販売する中国のCtrip

アプリを介して日本の鉄道チケットを販売する中国のCtrip

中国最大のオンライン旅行代理店、Ctrip.comは5月からアプリを通じて日本の新幹線の新幹線へのチケットを提供する予定だ。 シートリップはJR東日本と提携してJR東日本の電車やバスにチケットを販売しています。ほとんどの中国人旅行者は現在、日本に到着した後に駅でそれらを購入します。しかし、組織的なグループツアーではなく自分でこの国を訪れる人が増えているため、Ctripはより便利な予約ソリューションで需要を狙っています。 Ctripはインターネットの飛行機およびホテル予約のプラットフォームを運営しており、中国のオンライン予約市場の約60%を占めています。そのアプリの毎月のユーザーは2億人を超えています。 日本は、中国の最大の旅行シーズンである旧正月の間、中国の行き先として人気がタイだけを追いかけました。 CtripはJR東日本との提携を利用してこの重要な市場で拡大したいと考えています。

Read more

日本は新しい1万円、5,000円、1,000円の紙幣を発表

日本は新しい1万円、5,000円、1,000円の紙幣を発表

火曜日に政府は、偽造防止のための新技術を追加し、1万円、5千円、1千円の紙幣の再設計を発表した。 麻生太郎財務相は、新しいデザインは2024年度上半期に導入されると述べた。 銀行家兼ビジネスリーダーである渋沢栄一(1840-1931)は「日本の資本主義の父」と呼んでいる。渋沢は日本経済の近代化において重要な役割を果たした、と麻生氏は言う。法案の裏側には、東京駅の丸の内側のイラストが描かれています。 5000円の請求書には、米国で勉強し、20世紀初頭に日本の女性教育の先駆者となった津田大学の創始者、津田梅子(1864-1929)が含まれます。裏面には藤の花のイラストが飾られています。 1,000円の請求書には、日本の現代医学の基礎を築くのに役立った細菌学者の北里柴三郎(1853-1931)が含まれます。反対側には、浮世絵師の葛飾北斎による有名な木版画「神奈川沖の大波」が展示されます。 新しい法案の肖像画は、3Dホログラムとしてレンダリングされます。財務省は、世界初の通貨であると述べました。 麻生氏は、流通する紙幣の数が「極めて少ない」ため、政府が2,000円の法案を再設計することはないと述べた。 今回の発表は、須賀芳秀首相官房の4月1日、ナルヒト皇太子皇太子が王位に上る5月1日に始まる新しい帝国時代が玲和と呼ばれるという発表に続きます。秋仁皇帝は4月30日に退任する予定です。 政府関係者の中には、発表の時期が時代の変化と一致することを歓迎すると述べたが、麻生氏は記者会見で、時代の変化が主な要因ではないと語った。麻生氏によると、日本は20年ごとに偽造を防止するために3つの法案のデザインを変更しているという。 「私達は時代の名前の発表にあまり注意を払わなかった」と麻生は言った。 日本が最後に新しい請求書デザインを発表したのは2004年で、2002年に発表された変更です。 2021年度前半には、同じデザインで新しい材料を使用した新しい500円硬貨も導入される予定です。 財務省によると、2018年度には約999億7000万円の紙幣が流通しており、そのうち6億6,000万円が5,000紙幣、1億円が2,000紙幣、42億円が1,000紙幣であった。 それより古い請求書は有効であり続けるであろう、しかし大臣は2024年後の3〜4年以内に大部分が置き換えられるであろうと予想している、と役人が言いました。 現在の1万円の法案は、東京で慶應義塾大学を設立した明治時代の知的リーダーである福沢幸吉(1835-1901)を対象としています。 1984年に導入された1万円の請求書に福沢が掲載され、2004年の再設計では依然として請求書の対象となっていました。今後の変更は40年ぶりの請求となります。 現在の5000円札の表側には作家・詩人の樋口一葉(1872-1896)があり、現在の1000円札には医療科学者の野口英世(1876-1928)がいます。 1984年、政府は政治的中立を維持するために、紙幣に政治家や軍の指導者を参加させないことを決定しました。主な人物像は、明治以降の文化的人物の中から選ばれます。

Read more

Translate

Popular Post

日本企業は、2020年度に大学院生の摂取量を増やす意欲がない

共同通信の調査によると、日本の大手企業は、経済見通しへの懸念から、2020年度は4月から今年に比べて新卒採用を控えている。 トヨタ自動車、ソニー、みずほフィナンシャルグループを含む112社の調査では、21%、23社が、2019年度の29%からさらに多くの新卒採用を計画していると語った。 それでも、多くの企業は同時に、国内の慢性的な労働力不足と急速な高齢化を考えると、労働力の中で女性と外国人の数を増やすことに熱心であると述べました。 3月中旬から4月上旬にかけて行われた調査では、34%、つまり38社が以前のレベルの新卒採用を維持するとし、16%が10%から雇用を減らすと答えた。 より多くの新卒者を採用することに積極的な姿勢を示している企業は、鉄鋼、機械、不動産、小売の各分野で際立っていました。 10月に消費税を現在の8%から10%に引き上げるという政府の計画で激化している日本経済の方向性に対する不確実性に加えて、ある製造業者は情報の進歩でより少ない数の労働者が必要になると示唆した技術。 しかし、60%の企業が、主に日本の少子高齢化社会のために、必要な資源の確保に苦労していると答えています。 この状況に取り組む努力の一環として、57%が女性により有利な職場環境を作り出そうとしていると答え、24%がより多くの外国人労働者を受け入れようとしていると答えた。

Read more

More News

Page 1 of 436 1 2 436