英国は、3月29日までに日・EU間の貿易協定を移行することはないと述べている

英国は、3月29日までに日・EU間の貿易協定を移行することはないと述べている

[ロンドン16日ロイター]英国政府は、3月29日、欧州連合と日本との貿易協定の折り返しが行われないことを明らかにした。 英国は36日以内にブロックからの脱退に先立ち、約40のEU二国間貿易協定をロールオーバーしようとしている。政府はまだブリュッセルとのBrexit取引に対する議会の支持を勝ち取っておらず、イギリスが取引なしに去るならば、これらの二国間協定は適用をやめるでしょう、おそらく貿易を混乱させるでしょう。 「企業や個人が万が一の事態に備えていることを確実にするために、適切ではない可能性があるものの非常に慎重なリストを作成することは政府の義務である」と語った。 「合意が批准されておらず、撤退日に間に合うように発効された場合に、貿易協定の効力の継続性を確保するための幅広い選択肢を模索しています。」 これまでのところ、英国はスイス、チリ、フェロー諸島、東部および南部アフリカ、イスラエル、パレスチナ自治政府との間で継続協定に調印しています。 ほとんどの協定は「約束進行中」としてリストされていましたが、今月初めに発効した日本とのEUの経済連携協定には「この協定を退会日に移行する予定はありません」と記されていました。 政府によると、英国と日本の間の貿易は年間約280億ポンドの価値があり、過去5年間で40パーセント増加しました。これは主に自動車、医薬品、機械および金融サービスの貿易の拡大によるものです。 イギリスの自動車産業だけでも、2017年に日本に10億ポンドを超える価値のある車を輸出しました。 今週初め、リアムフォックス商務大臣は2月1日に日・EU合意が発効して以来、今日までのイギリスと日本との貿易の大部分は貿易協定外で行われていると主張した。 政府は、アルジェリア、アンドラ、トルコとの取引を含めて、間に合わないかまたは間に合わない可能性があると述べた。

Read more

日米貿易戦争の中、日本の製造業活動は2016年以来初めて縮小

日米貿易戦争の中、日本の製造業活動は2016年以来初めて縮小

国内および輸出の受注が減少し、工場が生産量を削減したため、製造業の活動は2年半ぶりに2月に縮小した、と民間企業の調査は木曜日に示した。 この調査はまた、6年以上ぶりに景況感が悪化したことを示しており、米中貿易がアジアの輸出依存型経済と世界の製造業に影響を及ぼしているという高まりを強調しています。 Flash Markit /日経ジャパン製造購買部長指数は、1月の最終50.3から2月の48.5に季節調整済みとなった。この指数は、2016年8月以降初めて収縮と拡大を区別する50のしきい値を下回りました。 IHS Markitのエコノミスト、Joe Hayes氏は、今回の調査結果をまとめて、景気の悲観的な転換は、「中国の景気減速や世界的な貿易サイクルの悪化など、日系メーカーが直面している国際的な逆風を考えると驚くにあたらない」と述べた。 「サービス部門の活動が1月の下落から回復できない限り、2019年に日本が不況に陥る可能性は高まる見込みです。」 フラッシュPMI指数のアウトプット要素は1月の最終の54.4から暫定的な47.0に低下し、2016年5月以来最速の縮小を示した。将来の活動の指標も同様に厳しい。 国内外の新規受注高は、前月より急激な需要の減少を示しました。輸出受注はやや緩やかなペースで縮小しましたが、海外需要の見通しについて疑問を和らげることは考えにくいです。 企業はまた、2ヶ月連続で原材料やその他の投入物の購入を削減しました。 PMIの調査は、中国向けの出荷台数が急落したため、1月の輸出が2年以上で最も落ち込んだことを政府データが示した翌日に発表されました。 ワシントンと北京が互いの商品に対する関税を引き上げ、世界中のサプライチェーンを混乱させたため、昨年の世界貿易は鈍化しました。同時に、特に中国とヨーロッパでは、経済活動は弱まっています。 米国と中国が貿易に関する違いをすぐに解決しなければ、日本はさらなる弱さに直面する可能性がある、と経済学者たちは言う。 米大統領ドナルド・トランプ氏は、合意が近づいた場合には延長することができると述べているが、双方からの交渉担当者が3月1日の交渉期限を破っている。 事業と個人消費が自然災害の影響から回復したため、日本経済は第4四半期に回復しましたが、貿易摩擦と提案された売上増税が今年の成長を妨げると予想されます。

Read more

Brexitの締め切りで日本との貿易協定が除外

Brexitの締め切りで日本との貿易協定が除外

政府は、未交渉のBrexitが発生した場合に、日本およびトルコとの既存の貿易協定をロールオーバーするのは時間切れになったと認めています。 米国商務省が木曜日に発表した文書によると、現在EU加盟国でカバーされている40の貿易相手国との取引を継続しようとしており、英国の全貿易の11%を占めています。 しかし、今月、EUとの貿易協定が施行されたばかりの日本の場合、「私たちが撤退日の前に合意に達する可能性は低い」と確認しました。 アルジェリアという第三国の場合も同様です。 出版物は1つの主要なビジネスグループのリーダーに過少提供の閣僚を非難するように促した。 国際貿易長官のリアム・フォックス氏は、英国がEUを去る予定である3月29日までに作業を完了することに自信を持って表明していました。 政府の文書はこう読みました: "これは契約のないシナリオのためのガイダンスに関係します。 「EUとの取引を終了することは、依然として政府の最優先事項です。これは変わっていません。 これらの継続契約の多くは終了日までに締結される可能性がありますが、企業や個人が万が一の事態に備えていることを確実にするために、適切でない可能性があるものの非常に慎重なリストを作成することは政府の義務です。 " 3月29日までに日本との取引を排除することによって - 年間1000億ポンド以上の物品の輸出が現在の貿易相手国の中で遥かに大きい - これは3月30日に到着する貨物を意味します。世界貿易機関の規則、したがって追加の関税。 巨大なコンテナ船Thalassa Manaが大阪に向けて出発した時、Sky Newsは月曜日にFelixstoweにいた -...

Read more

中国の輸入禁止後の日本のプラスチック廃棄物出荷量は30%減少した

中国の輸入禁止後の日本のプラスチック廃棄物出荷量は30%減少した

2018年の海外のプラスチック廃棄物の出荷量は30%減少した、と同研究所の数値は木曜日に示した。 地球環境戦略研究所によると、2018年のプラスチック廃棄物の輸出量は、2018年には前年の143万トンから約101万トンになり、昨年の102万トンから10万トンに減少した。 プラスチックその他の廃棄物の主要輸入国である中国は、汚染と健康問題への懸念が高まる中、2017年12月下旬に非工業用プラスチック廃棄物の輸入禁止と産業用プラスチック廃棄物の輸入制限を課した。 昨年、タイ、マレーシア、ベトナムなどの東南アジア諸国へのプラスチック廃棄物の出荷は、中国が規制を課したことにより増加しました。 しかし、東南アジアへの同国の出荷台数は、この地域の一部の国々も独自の制限を課し始めているため、それ以上成長する可能性は低い。 専門家達は日本にプラスチック廃棄物の発生を減らすための行動を起こすように促している。 IGESの客員研究員である森田義典氏は、政府はプラスチック製品の製造業者に日本でリサイクル材料を使用することを義務付けるべきだと述べた。 モリタはまた、アジアにおけるプラスチック廃棄物のリサイクルを改善するための国際的な規則を導入するよう求めた。 「日本は、プラスチック廃棄物を適切にリサイクルできるように、アジア地域全体で共通の規則を作成するというイニシアチブをとる必要があります」と述べました。 東京農工大学の高田秀重教授は、企業は食品容器やその他の製品に代替材料を使用すべきだと述べた。 いくつかの会社はすでにステップを踏んでいます。Skylark Holdings Co.は、昨年末からGustoレストランチェーンでのプラスチックストローの販売を中止しました。ロイヤルホストレストランチェーンを運営するスターバックスコーヒージャパン株式会社およびロイヤルホールディングス株式会社も、2020年までにプラスチックストローの提供を中止する予定です。 ハンバーガーチェーン事業者のMos Foods Services Inc.は、テイクアウト食品のためにプラスチックからカトラリーへと切り替える予定です。 しかし、個々の企業によるそのような行動には限界があります。 日本はアメリカに続いて一人当たりのプラスチック廃棄物の最大量を生み出し、環境汚染に対する懸念が高まっているにもかかわらず、プラスチックの使用を抑制することにおいて他国に遅れをとっています。 地球規模の動向に追いつくための努力として、環境省は2030年までに25%使い捨てのプラスチック廃棄物を削減し、ビニール袋の代金を課すことを店に義務付ける戦略を立案しました。...

Read more

Translate

Popular Post

パイロットがアルコールテストに不合格になった後、日本の飛行機が遅れた

新しい規則にもかかわらず、副操縦士がアルコール呼気検査に失敗した後、今週初めに日本全日本空輸の国内線が遅れた。 飛行乗組員の飲酒を含むいくつかの事件が見出しに当たった後、日本がパイロットによるアルコール消費を抑えるための新たな規制を導入した後にこの事件が起こりました。 火曜日に、ANA副操縦士は322人の乗客と一緒にボーイング777を日本の西部の神戸から東京の羽田空港に飛ばすことになっていました。 しかし彼は呼気検査に失敗し、飛行の約6時間前に彼のホテルの部屋でビール1杯とアルコール飲料の半分の缶を消費したと言った。 交換用のパイロットが発見された間、飛行は1時間以上遅れました。 航空会社は声明の中で、それは「厳密に」事件を扱うだろうと述べた。 それは飛行の24時間前までにアルコールを飲むことからパイロットと共同パイロットを禁止しました。 昨年末、イギリスで日本航空副操縦士が逮捕され、飛行直前に法定限度の10倍近くの血中アルコール濃度で発見された後、10ヶ月間刑務所に投獄された。 彼は伝えられるところによれば飛行前夜に6本以上のワイン2本と1.8リットル以上(米国の4パイント近く)のビールを消費していた。 1月の規則変更の前は、日本は飛行前の航空機乗務員による飲酒に法的制限はなく、呼気検査は必要ありませんでした。

Read more

More News

Page 1 of 406 1 2 406